春季彼岸永代読経会

今年も春のお彼岸、多くのご参詣のもとに4日間お勤めさせていただきました。このご縁の布教使様 藤 順生先生(増毛 西暁寺)におかれましては、大変お忙しい中、毎年ご出向いただき、浄土真宗の根本をやさしくおとりつぎいただいていることであります。今年は会中、3月11日におこった未曾有の大震災に対して、婦人会の方々が手作りで式章入れや小物、アクセサリーをご用意して下さり、それを販売しその売上の全て被災地へ送ることとし、また義援募金箱を用意し、ご参詣いただいた皆様のお心をお分けいただきました。後日まとめて被災地へお送りさせていただきます。有り難うございました。(右写真:藤 順生先生)

4日間たくさんのご参詣をいただきました

婦人会の手作り式章入れ、小物、アクセサリー販売

熱心に聞き入る参詣者

義援募金箱

お手伝い頂いた世話人さん達

合掌する参詣者

集まった御仏供米(おぶくまい)