永代経とは

本来は永代読経の意味で、寺院において故人の命日などに永代にまで読経することである。
一般の寺院では春秋に期日を定めて永代経法要を行う。他宗では追善供養の為とされるが、浄土真宗では追慕とともに、自分自身が法を聞く機会として意味づけられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です