春季彼岸永代読経会 3月20日~23日

今年も春のお彼岸、「春季彼岸永代読経会法要」を20日のお中日(今年はうるう年)から4日間お勤めさせていただきました。

布教使には、当寺のご門徒で知らない人のほうが少ないくらいだと思います、もうおなじみの藤 順生 師(増毛 西暁寺)に御出向いただきました。先生におかれましては、毎年、大変お忙しいところ4日間も日程をあけて頂いてお越しいただき、浄土真宗のみ教えからいただく大切なことをユーモアを交え、分かりやすくおとりつぎいただき、毎座楽しく心に残るご法話を頂戴しております。

当寺の年間のご法要で一番参詣者の多いのがこの春のお彼岸のご法要でございます。毎年、思考を懲らし、4日間楽しく皆様に足を運んで頂くよう工夫をしておりますが、今年はお中日だけとなりましたが、ガタタン汁、おにぎりに加え、新メニューとしてガタタンラーメンを婦人会の皆様を中心に有志の皆様方のお手伝いをいただきながら販売し、その売上を東日本大震災の義援金とさせていただきました。同じくこれもお中日だけの開催となりましたが、「あみだ堂仏具店」による「展示即売会」、と能呂慎太郎(副社長)氏による「仏壇のおかざり勉強会」を開催させていただきました。毎年大変ご好評いただいております。また最終日の23日には、親鸞聖人750階大遠忌記念として制作された、アニメーション映画「念仏物語 親鸞さま」を上映し、門信との皆様、大変喜んで鑑賞下さいました。昼食に、「麻布十番モンタボー」さんにご協力いただきパンの販売を致しました。これもたいへんおいしいと皆さん仰ってました。写真で詳しく当日の模様を掲載致しましたのでどうぞご覧下さい。

(住職記)

春季彼岸永代読経会 ご本尊お荘厳

右余間に永代経額を奉献させていただきました

お供えお菓子ですが右の分かりますか?懐かしいでしょ

普段襖の裏ですので見られませんが、久しぶりにお飾りさせていただきました夫婦孔雀です

今年も総代の粟井さんが春らしくお華をたてて下さいました。

今年の春季彼岸永代読経会のお華はお浄土を表しているそうです。
極楽鳥がなんとも言えませんね~

今年も婦人会の皆様を中心に有志の皆様方のお手伝いをいただきながらおにぎり、ガタタン汁の販売を行い、その売上を東日本大震災の義援金とさせていただきました。

今年も震災義援金を作るために婦人会の皆様にご協力を頂きました

ガタタン汁とおにぎり

娘も手伝ってくれました

おまいりに来てくれた子供達 何でも遊びにしてしまいす!子供はやっぱり遊びの天才です!

これも恒例となりましたあみだ堂仏具店 能呂慎太郎氏による即売会と「仏壇のおかざり説明会」

みなさん真剣に聞き入っている姿が印象的でしたよ

最近、大きい法要になると下駄箱の収納スペースが足りなくてこの始末です
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません

靴番をかってでてくれた寺林さん

ご法要のページへ続きます→