おしらせ

健康体操サロンあんらく

週1回、安楽寺にて開催している、高齢者体操サロンです。
高齢になれば、誰でも体力、身体機能等が低下していきます。この低下を防止し、いつまでもお元気に生活するためには、日頃から自分の体力や体の状態に合わせた運動を継続することが大切です。
また、運動だけでなく、外へ出ていろいろな人との出会いや話合いを持つことも、介護予防には大切なことです。

対象
65歳~やる気のあるかたならどなたでもOK(1日体験も可能です、どなたでもご参加下さい)
定例日時
毎週金曜日 朝10:00~11:15
会場
安楽寺1階ホール(厚別中央3条3丁目5-5)
参加費
1回100円
服装
動きやすい服装で来てください
開催理由
介護予防センターによるあつべつご当地体操が終了後、再開を望む声が多数あり開催に至りました。
ご持参物
タオル、くつした(着脱しやすいもの)
連絡先
電話891-2903 安楽寺
おしらせ

報恩講のご案内

報恩講とは

私たち浄土真宗の門徒にとって一番大切な仏事が報恩講であります。宗祖親鸞聖人への報恩のために、毎年、その忌日の6日前から忌日当日までの七昼夜にわたって営まれる仏事で、御正忌ともいう。現在京都のご本山では新暦により1月9日から16日まで営まれております。

京都の本山、地方の別院(直属寺院)、そして一般寺院、近年、北海道では少なくなりましたが、ご門徒のお宅でもお勤めされるという、ひじょうに珍しい四層構造で営まれる仏事であります。

北海道は冬になると雪が降ってお詣りが大変ということもあり、夏から秋までの間に勤められるお寺が多く、また、年間の中で一番大きいお寺の仏事であり、参詣者の数も一番多い行事であります。当寺の日程は毎年9月5日~7日の3日間お勤め致しております。

宗祖親鸞聖人のお徳を偲び、報恩の姿勢をあらわす大切なお講(集まり)、今後も工夫を重ねて、初めてお寺を訪れた方々も気安くおまいりできるような空間作りを心がけていきたいと考えております。これからも多大なご尽力ご協力をお願いすると存じますが、年間で一番大切な行事です。安楽寺のご門徒ならば、お一人一座は必ずお詣りいたしましょう!

平成29年報恩講

布教師様
兵庫県神戸市高松寺住職 谷川弘顕師
本願寺派布教師
中央仏教学院講師
元住職課程専任講師
3年ぶりのご縁をいただきます
報恩講スタンプラリー
今年も、報恩講中に法要スタンプラリーを開催いたします。
全7座(1.初逮夜法要 2.今年度門徒物故者追悼法要 3.第一初夜法要 4.大逮夜法要 5.第二初夜法要 6.おあさじ(朝のおつとめ) 7.満日中法要)のご法要に参詣された方々に、完走プレゼントをご用意いたしております。是非ともチャレンジしてみてください! プレゼントは最終日、法要全てが終了してからお渡しします!


昨年のスタンプラリーを完走された皆様

今後の当山報恩講布教使様出向予定

2018(平成30年)
奈良県吉野町圓光寺住職 和氣秀剛師
本願寺派布教師
西山別院指導員
元本願寺式務部
カナダ生まれ 布教の他に特別法務員として僧侶養成の指導も行なっている 待望の御出向です
2019(平成31年)
鹿児島県鹿児島市善福寺住職 長倉伯博師
本願寺派布教師
日本緩和医療学会会員
国立滋賀医科大学非常勤講師
臨床僧として全国的にご活躍中です
2020(平成32年)
島根県大田市西臨寺 荒本由未師
本願寺派布教師
いわずと知れた布教師様です
次は4年後です 皆さん楽しみにお待ちくださいね

※今後も素晴らしい布教師様が御出向くださいます。
体調を整え、報恩講のご勝縁に遇わせていただきましょう。

法要・法座のページもあわせてごらんください。

おしらせ

やすらぎ健康講座のご案内

お寺の今年度の新たな企画として、厚別区介護予防センター厚別中央・青葉さんとタイアップして、「やすらぎ健康講座」を5月から開催して参りました。

介護予防センターさんの「なるべく介護されるのを予防する」という前向きな姿勢に感銘を受け、ここまで、第1回目が(5/25)、第2回目が、(7/6)、そして第3回目が、(10/19)に開催されご好評いただいております。

お寺の門信徒の皆様もご参加いただいておりますが、地域の方もたいへん多くご参加をいただいております。

開催前に事前アンケートを実施致しましたが、一番多かったご意見として、「どうすれば認知症の発症を遅らせることが出来ますか?」というご意見でした。最も多かったご意見を参考に、ここまで「認知症」を中心に講座が開催されております。毎回、「なるほど!」と頷ける内容となっております。

是非来年度も開催致したいと考えております。明年3月15日(水曜日 午後1時30分から)が今年度の最後の講座開催となります。ご興味のある方はご参加下さい。会場は安楽寺1階ホール、受講料は無料です。

皆さん楽しく受講されています。是非明年3月15日にいらしてください!

おしらせ

平成28年 年間行事

1月

1日 午前8時 元旦会
どうぞご家族おそろいでおまいり下さい。
※おまいり後、大千本引き大会を開催します!みんな来てね!
5日 午後1時 常例法座
ご講師 本願寺派布教使
16日 午後1時 命日講(御正忌) 正午よりおとき
ご講師 打本大志 師(平岸 大乗寺御住職)
25日 当寺総代世話人合同総会・仏教婦人会総会・合同新年会

2月

5日 午後1時 常例法座
ご講師  本願寺派布教使
16日 午後1時 命日講(涅槃会併修) 正午よりおとき

3月

5日 午後1時 常例法座
ご講師 本願寺派布教使
16日 午前中 おみがき
16日 午後1時 命日講 正午よりおとき
20日 午後1時 春季彼岸永代読経会
20~23日 午後1時 春季彼岸会
ご講師 藤 順生 師(増毛 西暁寺御住職)

4月

5日 午後1時 常例法座
ご講師 本願寺派布教使
16日 午後1時 命日講 正午よりおとき

4月8日はお釈迦様のお生まれになった日です。仏教ではどの宗派を問わず、この日は「はなまつり」として大切にしております。毎年この日に幼稚園の入園式に併せてお祝いさせていただいております。

5月

5日 午後1時 常例法座
ご講師 本願寺派布教使
16日 午前中 おみがき
午後1時 命日講 正午よりおとき
21日 宗祖親鸞聖人降誕会・初参式

6月

5日 午後1時 常例法座
ご講師 本願寺派布教使
10日 第二世坊守  横湯百合祥月命日
16日 午後1時 命日講 正午よりおとき

7月

5日 午後1時 常例法座
16日 午後1時 命日講 正午よりおとき
24日 第三世住職  横湯徹之祥月命日
下旬~ 全門信徒お盆参詣

8月

7月下旬~11日 全門信徒お盆参詣
5日 午前中 おみがき
午後1時 常例法座
ご講師 本願寺派布教使
12日 総代会・世話人会
13日~15日 お盆詣り(納骨堂へおまいり下さい)
16日 午後1時 盂蘭盆会 命日講 正午よりおとき
ご講師 打本 大志師(平岸 大乗寺御住職)
20日 午後1時  厚別区開拓功労者・戦没者追悼法要
29日 開基住職 横湯僧潮祥月命日
末日 おみがき

※8月の月忌参り・正信偈講座はお休みとなります。

9月

3日 第二世住職 横湯通之祥月命日
5日~7日 宗祖親鸞聖人報恩講(7日の御満座は役員総参拝)
15日 開基坊守 横湯イト祥月命日
16日 午後1時 命日講 正午よりおとき
23日 秋季彼岸会 
ご講師 松山教宗師(茶志内 法王寺副住職)

報恩講並びに諸準備のため、4日・5日・6日・7日の月参りはお休みとさせて頂きます。どうぞ報恩講にお詣り下さい。

10月

5日 午後1時 常例法座 (どなたでもおまいりください)
16日 午後1時 命日講 「あんらく講座」 正午よりおとき
19日 午後1時30分 やすらぎ健康講座 参加無料

11月

5日 午後1時 常例法座 (どなたでもおまいりください)
16日 午後1時 命日講 「あんらく講座」  正午よりおとき
28日~30日 午後1時 秋季永代読経会(永代経開闢法要)

12月

5日 午後1時 常例法座 (どなたでもおまいりください)
16日 午後1時 命日講・仏教婦人会報恩講 正午よりおとき
31日 午後5時 除夜会

※12月の正信偈講座はお休みとなります。28日~30日の月忌詣りは年末休みとさせて頂きます。尚、大晦日は本堂、納骨堂は常にお詣りできるようになっておりますので、御家族おそろいでお詣り下さい。
12月8日は、お釈迦様がお悟りになられた日で、「成道会」といいます。

おしらせ

命日講のご案内

命日講(親鸞聖人御命日)毎月16日
正午より おとき(食事)・午後1時よりおつとめ

毎月16日は親鸞聖人の御命日です。当寺では古くからこの日を「命日講」と名付けて、親鸞聖人の御命日に門信徒みんなで集まって、しんらん様のみ教えをお聞かせいただこうというお講(あつまり)であります。

この日は特に、古くからの当番の方々が集まって、おとき(食事)をお作りいただきます。なるべく毎月精進料理に近いものをご用意させていただいております。

平成27年の5月より「あんらく講座」と題して、住職が講師としてジャンルにとらわれない講座を開座し、プロジェクター、スクリーンを使用し、分かりやすく浄土真宗の大切なところやマナー的なお話しを解説いただいております。単発の受講でも安心してご参加できますので、是非とも一度、受講されますことをおすすめいたします。

皆様のお越しを心よりお待ちしております!

 
法要

除夜会・元旦会のご案内

除夜会のご案内

毎年12月31日の午後5時より除夜会のお勤めをさせていただいております。

当寺は年末の12月28~30日、年始の1月1日~5日までの月忌まいりをお休みさせていただいております。是非ともこの間お休みとなってしまう月忌まいりをされているご門徒の皆様には、御参詣いただきたいおまいりです。一年を振り返り、そして新たな気持ちで新年を迎えるためにどうぞお詣り下さい。

元旦会のご案内

元旦の午前8時より「元旦会(がんたんえ)」のお勤めをさせていただいております。輝かしい新年をご門徒の皆様とご一緒にお迎えさせていただく尊いご縁であります。

本堂でお勤めの後、納骨堂へ移動し、先達の方々へ新年のご挨拶をさせていただき、ホールにて楽しいひとときを過ごさせていただいております。

数年前より、「大千本引き大会」を開催させていただいております。過去の景品は、ホテルの宿泊券、お食事券、ホームベーカリーやお酒、お花やぬいぐるみ等、各種豪華景品をご用意させていただいております。新年ですから景気よくスタートを切りたいという思いで開催させていただいておりますので、たくさんのご参加をお待ちしております。朝が早いですが、頑張って新年のスタートを切りませんか?お待ちしております!!

本堂でおまいりの後、納骨堂でおまいりし、ホールで「大千本引き大会」を開催します(2015年の画像です)

おしらせ

新境内地への参拝と車の乗り入れについてのお願い

Aの門は、通常、車での進入は出来ません。以前よりいつもお寺の前に車が駐車しており、美観を損なうとのご指摘を多数いただいておりました。また、お寺(本堂)の入口は参門(山門)と言って、参詣者(人)のみが、その門をくぐりお寺(本堂)に参拝いたすのが本来の姿であります。景観を守ることと、本来的な意味をふまえ、通常こちらの入口は車止めといたします。徒歩での参詣者や自転車でお越しの参詣者以外は通ることが出来ません。但し、大きな法要やお葬儀の際はこの門を使用いたします。またお身体のご不自由な方が参詣されるときには身障者スペースを設けておりますので、そちらに駐車下さい。

Bの門は、出口専用となります。よってCの門は入口専用となります。これは幼稚園のバスが園児送迎に際し、この二つの門を回遊いたすことから、このように決めさせていただきました。以前はご自由に出入りしていただいておりましたが、バスや参詣された方の車が、正面衝突しそうになったり、どちらかが譲って、お寺の前の道路を行き交う車の通行を妨げたり、また幼稚園のこども達に気づかず、あやうくぶつかりそうになった事例があったからです。大変御面倒をお掛けいたしますが、最初にルールを決めなければ、また事故に繋がってしまう虞れがあります。どうぞご理解の上、ご協力いただきたいと願うことでございます。よろしくお願いいたします。

尚、駐車スペースですが、向かって左側の広いスペースの駐車場と向かって右側のスペースをご利用下さい。こちらのお寺に近い方に身障者スペースを設けますので、お身体のご不自由な方はそのスペースをご利用下さい。出来るだけ近い方にはお年寄りやお身体のご不自由な方優先という思いでいてくださると助かります。自転車置き場は銀杏の木の下辺りに専用スペースをご用意いたしますので、そちらをご利用下さい。