図書案内

門徒のたしなみ

平成23年4月より始まります親鸞聖人750回大遠忌法要の記念事業であります、宗祖聖人のご真影様を安置する本願寺御影堂は1636年に創建され170年ほど後に大修復されましたが、その後200年近くとなり今回平成の大修復が10年ぶりに完成致しまして、5月22日より26日まで慶讃法要・祝賀記念行事の一環として「第5回全国門徒推進員のつどい」に参加する機会を得ました。

大修復の様子につきましてNHKテレビがきめ細かく収録し10時間もの放送をしましたのでご覧頂いた方も多くおられたと思いますが、7年ぶりに訪問し大きく変わりましたし、さらにいろいろ工事もまだやっており仮説のブックセンターを訪れ2時間程立ち読みしてこの一冊に出合い帰札後坊守様にお見せした処著者は前住職と龍谷大学同期であることが判り何かの縁を感じました。推薦者に当時報恩講布教使を勤められたやはり動機であります勧学山田行雄師が「真宗門徒待望の書 人生の節目を念仏者としての正しい受け止めと、その行事についての処し方を真宗の教えから正しく指導された門徒必見の著書である」と述べられております。

浄土真宗教団に限らず仏教教団が発刊した冠婚葬祭に関する解説書を見かけません。あっても大方「通夜から年忌供養まで」に止まっています。仏教にとって法要儀式は重要でその内容によって宗派が分かれていると云えるものです。従って各教団において独自の指導書や解説書が発刊されています。それに対し世俗的な習俗については世間任せというか、具体的なものがないのが現状です。この理由として日本で大衆化している習俗は、古代の原始民俗宗教を基盤としているものが多く、その後の展開を通して神の教え神道を形成しています、西暦538年に仏教が入る前に中国の儒教や道教が混淆していたことと仏教もすでに儒教や道教の影響を受けていて、神道が定着している土壌に分け入らねばならなく神仏混淆となり複雑になっています。聖人はこのことを嘆かれた正象未和讃悲歎述懐讃に

  • かなしきかや道俗の 良時・吉日えらばしめ 天神・地祇をあがめつつ 卜占祭祀つとめとす
  • かなしきかなやこのごろの 和国の道俗みなともに 仏教の威儀をもととして 天地の鬼神を尊敬す

とあり、本書を学んで実践するには聖人の真摯な求道による教示を素直に拝受する心構えが必要であるとなっています。

この本の特徴は各家庭に冠婚葬祭の参考書は2~3冊はお持ちされていると思いますが著者は次の4冊を選んで記述に門徒としてふさわしくない一般の習俗を正しく取り上げております。冠婚葬祭入門 塩月弥栄子著 光文社/冠婚葬祭実用大辞典 主婦の友社/冠婚葬祭詩しきたり百科 佐久間進著 永岡書店/婚礼の礼式と心得 吉沢久子監修 三和由生子著 永岡書店

本書は4章211ページからなり、

  • 冠・門徒の自覚
  • 婚・出産から結婚、そして老後まで
  • 葬・臨終から年忌法要まで
  • 祭・元旦から大晦日まで

付記として15頁の解説からなっていまして読後新しい発見がありますのと、納得する事項が多くあります。たとえば他宗教・宗派の儀式に出席した場合、ペットの葬儀、水子供養等に多くの浄土真宗本願寺派(お西)の皆様に理解いただければと思います。書籍の購入は紀伊國屋書店・コーチャンフォー等店頭に在庫がなくても取り寄せていただけます。

図書案内

御文章 ひらがな版 ―拝読のために―

法話の際必ず「御文章」の拝読を行います。別名「お文」と呼ぶように、本願寺第8代の蓮如上人が折にふれ門信徒に与えた手紙であります。
蓮如上人のお手紙のうちで後世に伝わったものは、250余通とも500余通ともいわれます。
その中から、上人の孫にあたる円如上人が80通を選んで、5冊に編集されたものを「五帖の御文章」と呼ばれています。

もともと、蓮如上人が、浄土真宗の正しい教えが広く伝わり、誤った解釈をただすようにと願って、真宗の教えの肝要を簡潔・平易な言葉で綴って、これを手紙のかたちで門信徒に示され、のちに蓮如上人ご自身の発案で、門信徒の集会の場で朗読するようにと決められことで今日迄続いているものです。

本書は、蓮如上人500回遠忌法要を記念して、35通選定して有縁の方々が正しく拝読し、お説きくださった趣旨をよく理解いただくよう配慮して制作した解説書です。
拝読の方法を考慮して本文にわかりやすい読み仮名と拝読符号を付し、脚註は特に説明が必要と考えられる262語に本文下部に初出の言葉のみ示されているのと、巻末註は難解で留意すべき重要な言葉や頻出する言葉について、まとめて五十音順に59語掲載し、辞書的役割を果たすようになっています。

本文の次には現代語に訳した大意が書かれてありまして良く理解できるように構成されております。
一例を掲載しますと、布教使様が法話の最後に拝読します「聖人一流章」の大意

親鸞聖人のひらかれた浄土真宗のみ教えでは、信心が根本です。そのわけは、自力のはからいを捨て、一心に阿弥陀如来に帰命すれば、思いも及ばないすぐれた本願のはたらきによって、如来が私たちの往生を定めてくださるからです。
往生が定まったその位を、「一念発起入正宗之聚」と(本文下部に説明あり)示されています。そして信心を得た後に称える念仏は、如来が私の往生を定めてくださったご思いを報じる念仏であると心得るべきです。

以上各家庭にあります「日常勤行聖典」と比較して見てください。
発行 本願寺出版社 定価700円(税別)

図書案内

世のなか安穏なれ

当寺の道路に面した所に大きな看板が掲げられているのをご覧いただけたと思いますが、宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要(当寺では平成22年9月お待受法要、本山では平成23年4月より24年1月に実施)のスローガンが表題となっております。

この出処は親鸞聖人が門弟に送った手紙(親鸞聖人御消息第25通)に”世のなか安穏なれ、仏法ひろまれ”と書かれているおこころをいただいたとのことです。宗祖が不安と争いの時代にあって念仏者の目指す道を示されるなかで述べられた言葉であるが、まさに戦争への危機感や命の軽視、倫理観の欠如などに伴う出来事が相次ぐ現代社会にあって私たち一人一人が自己中心の心を反省して、同じいのちを生きている相手の存在に気付くことが求められている。自分一人を善として、相手を排除する考え方に真の安らぎはなく、善と悪に固執する偏見を破り、対立の構図を解消できるのは仏の智慧だけである。親鸞聖人が仏法が弘まり世の中が安穏であることを願われていた訳です。

本の内容は、

  • 第一章現代社会と宗教
  • 第二章宗教とは何か
  • 第三章仏教とは何か
  • 第四章戦争と平和、政治
  • 第五章現代社会の問題にどう応えるか

以上が読売新聞社の後援で立命館大学で開催した特別リレー講義「現代社会と宗教」の聴衆者よりの質問を約150問に分類整理して回答したものを掲載されております。

第六章現代日本における宗教の役割については月刊誌「中央公論」2006年4月号”人間が壊れてしまった時代に伝えたい親鸞聖人の教え”をテーマに対談の記録。
第七章日本人の心のありようを考えるについては月刊誌「文藝春秋」2004年3月号”1日五分五感を研ぎ澄ませよ人生の厳しい現実をじょうずに受け止める為に”をテーマに述べられたことを掲載しています。
大名七章宗教は戦争をとめられるかは龍谷大学アフラシア平和開発研究センター主催国際シンポジユウム「中東紛争をめぐる国際環境とアジアにおける平和への取り組み」特別講演「平和・諸宗教の相互理解と仏教の貢献」の原稿でさまざまの宗教をできる限り冷静に理解することと、仏教の持っている特色や対立を和らげる考え方を提示しています。
最後に私たちは親鸞聖人の願いを受け継ぎ、心豊かに生きることのできる世の中、平和な世界を築くために貢献したいと提言しています。

本書は2007年3月に刊行されましたが関西地区では月間ベスト10に入る人気でして著作の中でご門主が若者の質問に一つ一つやさしく丁寧に答えられていることに”ご門主の人柄の素晴らしさ、教養の高さ、そして指導者としての優しさを痛感しました”との感想があり「ご門主の心するところをどう実現していくか、行動していくかということを問いかけられている。浄土真宗と共に生きている私達門徒にとっては、かけがえのない問題提起の本」と評されています。市内の書店で購入または取寄せできますのでおすすめいたします。

世のなか安穏なれ-現代社会と仏教-
浄土真宗本願寺派第24代門主 大谷光真師
中央公論新社 定価1,260円