月別アーカイブ: 2008年8月

光心寺寺号公称100年慶讃法要・第4世住職継職奉告法要

前住職(第3世住職 横湯徹之)の末妹である三千世さんの嫁ぎ先である十勝は大正町の光心寺様は、本年寺号公称百年をお迎えになりました。この記念の年に、寺号公称百年慶讃法要、並びに鐘楼堂落慶法要、親鸞聖人750回忌大遠忌おまちうけ法要、そして、長きにわたりお寺を支えてこられた、門徒物故者追悼法要、そしてこの度、第三世住職から第四世住職へ長い間、護られてきた法灯を継承する、第四世住職継職奉告法要が、多くの僧侶、多くのご門徒参集の中、賑々しく去る7月6日に勤修されました。なかでも、昭和18年、第二次世界大戦のおり、国に梵鐘(吊り鐘)を供出されてから60数年が経過し、この度、篤信のご門徒より、梵鐘の寄進を受け、その鐘楼堂の再建に至りました。鐘の音をたよりに、今日1日の感謝を忘れない生活を送られていた先達のご苦労を思うと、心から「おめでとうございます。」と申し上げるしかありませんでした。

当安楽寺からも30名の方々がこのご勝縁に遇うことが出来ました。遠路駆けつけていただき本当に有り難うございました。この場を借りてお礼申し上げます。

祝賀会にて寸劇と合唱をご披露させて頂きました

光心寺本堂にて皆さんと記念撮影