浄土真宗

報恩講とは

宗祖親鸞聖人への報恩のために、毎年、その忌日の6日前から忌日当日までの7昼夜にわたって営まれる仏事で、御正忌ともいう。現在京都のご本山では新暦により1月9日から16日まで営まれる。北海道は冬になると雪が降ってお詣りが大変ということもあり、夏から秋までの間に勤められるお寺が多い。また、年間の中で一番大きいお寺の行事で、参詣者の数も一番多い行事であります。
当寺の日程は毎年9月5日~7日の3日間お勤め致しております。

浄土真宗

生前院号を頂きませんか?

生前に院号を頂く。そんな意義深いことしてみませんか?
いま、生前に院号を頂きたいとご希望される方々が大変増えております。それは残されたものに負担をかけたくない、死ぬ前に自分の院号法名を知っておきたいなど理由は様々ですが、本来門徒としての営みの中で、京都のご本山に参るのは大変大切なことでありました。しかしながら北海道という遠方に居住する私たちには、なかなか京都までお詣りに行くということは容易ではありません。そんな生活の中で、自分が命終わった時、あるいはそういう心持ちになった時に、ご本山へ志を運び、そのお礼としてご本山から頂戴するのが「院号」であります。

当寺では毎年、報恩講の最終日(9月7日)のご満座法要に引き続き、「院号伝達式」を開催致しております。当寺住職より直接、ご本山よりご下附頂きました院号を伝達させて頂きます。以前にご希望され院号を頂戴した皆様からは、大変意義深く、身の引き締まる思いでしたとお聞かせ頂いております。今年も既にご希望なされている方がおります。もしご希望の方があれば、お寺にご一報下さい。

尚、「院号」は、亡くなった後に、遺族が申請をするか、地方で執行される帰敬式、もしくはご本山で帰敬式を授式して「法名」を頂いていなければ頂戴できませんのでご確認をお願い致します。

流れ

  1. 京都の本願寺、あるいは地方で執行される帰敬式を授式して「法名」を頂く
  2. お寺に「生前院号」の申請を願い出る
  3. 本山から「院号」及び記念品がお寺に届く
  4. お寺の「生前院号伝達式」に参加し「院号」を頂戴する
おしらせ

追悼法要のお知らせ

当寺では、年間最大行事である宗祖親鸞聖人報恩講の日程の中で、平成20年9月5日(金)の午後1時半からの初逮夜法要に引き続き、昨年来、ご遷化なされた(亡くなった)方々のご遺徳をお偲びし、ご遺族の方々と共にお勤めさせて頂いております。

毎年、沢山の方々がお出でになります。雅楽の音色の荘厳な雰囲気の中でお勤め致します。又、6日(土)の夜の「灯火の集い」も同様に追悼の意を込めてお勤め致しますが、これはお仕事をしている息子さんや娘さん、ご親戚の方々の為に、数年前から時間を設けてお勤め致しておりますが、毎年沢山のご参詣を頂いております。 詳しくは、あらためて、物故者のご遺族様にご案内を郵送させて頂きますので、ご予定だけ入れて頂ければ幸いです。特に新門徒の皆様の中で、まだ一度もお寺にお詣りにみえたことがない方々はどうぞこのご縁にお詣り頂きますようお知らせ致します。それではよろしくお願い致します。

合 掌

読みもの

お仏壇は清潔にスッキリと! 整理と修理

お仏壇はご本尊を安置し、家族一人ひとりの心の依り所となる所ですから、つねに清潔で気持ちよく整えておかなければなりません。
ところが、月忌参りをしていますと、お仏壇の中に不要なものも交じって仏具が煩雑に置かれていたり、ほこりがたまっていたりするお宅があります。
こうした光景に出会うと、改めて「お仏壇は心の鏡だな」と思います。つまり、お仏壇を見れば、その家庭の日ごろの心の状態が想像できるというものです。

お仏壇の中を整える第一歩は、それぞれの仏具を定められた所にきちんと置くということでしょう。よく経卓の上にローソク立てや香炉を置いている方がいますが、経卓には経本(聖典)のみを置き、ローソクや線香の箱、マッチなどは置かないようにします。また、ローソク立てと香炉は三本足になっているのが多く、この場合は一本を正面にくるように置きます。
次に、不要なものを置かないというのも大切です。例えば、①他宗の仏像や祖師像②お守りの札③茶湯器やコップ④故人の写真⑤位牌――などです。これらは浄土真宗のお仏壇にはふさわしくありませんので、お手次のお寺に相談され、取り除いて下さい。

最後に掃除ですが、漆塗りの部分はやわらかい布で空ぶきし、金箔の部分は毛ぼうきや乾いた筆で軽く払います。ともに塩分や水分を嫌いますので、手で直接ふれないことです。真鍮製の仏具は金属磨きで磨きます。
また、マッチの燃えかすを香炉やおリンの中に入れる方がいますが、マッチ消しや灰皿へ入れるようにして下さい。
お仏壇自体が痛んでくれば、”お洗濯”(修理)すると新品同様になります。

ポイント
◎仏具は定められた位置に―。
◎三本足の仏具は正面に一本。
◎お札、写真はお仏壇に入れず。
◎お仏壇が痛めば”お洗濯”。

読みもの

お盆のいわれとは?

お盆―正しくは、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。盂蘭盆会という経典に説かれた物語に基づいて営まれる仏事です。

お釈迦様の弟子に目連と言う方がいました。目連尊者と呼んでいます。目連は、心やさしい人でした。とりわけ、亡くなった母親のことが忘れられず、いつも養育の恩を感謝していました。ある日目連は、その母が今何処へ行っているのかと、神通力をもって尋ねてみました。最初は極楽浄土でした。隅から隅まで探しましたが、ついに見当たりませんでした。天上界に移って探しても見つかりません。仕方なく、餓鬼道の方をおそるおそる尋ねると、たしかに母が浅ましい餓鬼の姿になって苦しんでいるのを発見したのです。

目連はさらに神通力をもって、その母親の餓鬼道に落ちなければならない理由を知ろうとしました。そこには、生前、目連の知らなかった一面がありました。
なるほど母は、目連にこそこのうえもなくやさしい人でしたが、他人に対しては物取り込む一方で、施し恵むと言うことを一切しない人でした。

すべて自分(目連)を育てるために、息子に食べさせたいがための母性愛によって、母は餓鬼道に落ちたのだと目連は泣きました。泣きながら目連はお釈迦様に、その母親を何とか救えないかとすがりました。
するとお釈迦様は、7月15日の自恣(出家僧が修行する夏安居の最終日)の日に、すべての仏弟子たちに供養する事をすすめられました。目連は、その通りにしました。供養の食物をお盆に盛って、お釈迦様のおられる塔にささげ、ついて大勢の仏弟子たちにご馳走したのです。その喜びの声のなかで、目連の目に鮮やかな母の姿が浮かびました。母はその功徳によって「餓鬼の苦を脱することを得」微笑を浮かべて天上界へのぼっていったのでした。

このことに、仏弟子たちのよろこびは二重になりました。人々は思わず歓喜の踊りを踊っていました。是が盆踊りのおこりだと言われています。以来、仏教徒のあいだでこの「旧暦7月15日」は、仏教徒として父母に孝養の誠をささげる日として、重視されてきました。

『子供を育てることで餓鬼道におちた母。お盆は両親の恩を知らされる日であります。お盆には、ご先祖を偲び、そのご先祖がよろこばれたお念仏のいわれをたずね、聞法させていただきます。』
(他宗では、お盆の意味を追善供養と捉えますが、浄土真宗は追慕とともに自分自身が法を聞かせて頂くのだという意味がこめられている。)

※お寺(納骨堂)へのお詣りは、13日~15日、朝8時頃から夕方6時頃までにお済ませください。毎日、納骨堂を掃除、お供物を下げておりますので、この時間くらいまでに終わらせるようご協力ください。

トピックス

ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて(団体参拝旅行5/19~22)

当寺では2年に一度、ご本山西本願寺へ参拝すると共に、門徒一同の親睦を深める為に、団体参拝旅行を開催しております。もう何度もご参加下さった方もあれば初めてのご縁の方も沢山いらっしゃいます。寝食を共にするということは、何事にも代え難い深き出遇いの場でもあります。

この度は、以前よりご希望の多かった、親鸞聖人のご生誕をお祝いする降誕会の法要に合わせて、旅行を計画させて頂きました。まず、ご門徒の皆様の先達のご遺骨を親鸞聖人のお膝元に分骨をさせて頂くために大谷本廟(本願寺の墓所)に立ち寄り、その後、これも以前よりご希望のあった香道体験、そして二日間に渡り勤められる降誕会法要に参拝致しました。このご縁のみ開放をされる国宝飛雲閣での呈茶、そして、京都観世流のお能を見学し、その後、神戸へ移動し、野球観戦をするグループと船上ディナーを楽しむグループと別れ、それぞれ楽しませて頂いたことでありました。最終日にはモダン寺と呼ばれ、地域に親しまれている神戸別院を参拝し、阪神淡路大震災のありさまと復旧までのお話しを別院の副輪番から丁寧にご説明頂きました。

写真と参加者の感想文、参加者名簿を掲載致しましたのでご覧下さい。

(住職記)

さあいよいよ出発です(バスでお寺を出発)

飛行機に乗る前

大谷本廟で分骨

香道体験1(香木の香りをきいています)

香道体験2(お作法通りできるかな?)

夕 食(舞妓さんが来てくれました)

夕 食(鼻の下のびてますか?)

二日目の朝(眠い目をこすりおあさじ)

おかみそりを受け法名を頂きました

国宝唐門

国宝飛雲閣(呈茶接待)

完成間近の御影堂

嵐山でしばしの休息

ひばり館のまえで

夕食は湯豆腐でした

降誕会法要(御真影様)

観世流 お能

野球観戦チームです

盛り上がりましたよ!!

ジェット風船!!(応援の甲斐あって阪神の勝利でした!!)

出航前の神戸港

おいしい料理でした

モダン寺(神戸別院内陣)

最後に中華街で食事し帰路につきました

岩田恭子

ご本山降誕会参拝に参加して 今回の旅行で三回目になりますが、その時々で旅行の内容も違い、参加する人も違い、人と人のふれ合いの中、今回は娘と一緒の参加なので、親子二人の時間がとれ、親子の絆も深まりとても有意義な旅行になりました。

今回は降誕会に合わせての参拝旅行でしたので、参拝の時間も多く、娘も初体験で、朝早く起き、おあさじ、逮夜法要、日中法要など、本当に心が洗われたと、皆様によろしくお伝えて下さいとのことでした。

私も初めての行動体験、不運角の体茶接待、能舞台では私ひとりが夢中になってしまい、時間切れで呼ばれびっくり! そして最後の夜は野球観戦で、阪神の応援のすごさに驚き、ついつい私もその気になり、応援のせいか風邪のせいか、次の日は声が出なくなるハプニングもありましたが、多彩な旅行でした。人と人との出会いを大切に、次回の旅行を楽しみにしたいと思います。

最後に住職さん、九朗津さん、お寺のお留守番にあたられた皆様にお礼を申し上げ、ペンを置きたいと思います。ありがとうございました。

高山静江

この度、御住職様より御本山降誕会参拝を兼ね、主人の納骨をしては…と誘われ、参拝させていただきました。住職様を始め、御同行の皆様には大変お世話になりあつく御礼申し上げます。有り難う御座いました。

本山に到着しました時、初めてなのであまりにも広い偉大さと、御立派さで、唯々心の中で念佛を申しておりました。今日から主人も父と弟と三人で親鸞様のお膝元で佛道に入り、御念佛する事と自分ながらに思っておりました。結婚して60年、私と共に苦労したことなど、感謝しながら、納骨堂に別れを告げ後にしました。

見物も京都・神戸別院、方々を楽しませて頂き有り難う御座いました。もう本山参拝は無理だと思いますが、良い一生の思い出になりました。

本当に、御同行の皆様、有り難う御座いました。  合 掌

小幡啓子

この度、親鸞聖人の降誕会に、私は主人と二人で参加させていただきました。大谷本病で参拝を済ませ、行動体験は乞うの深い歴史があることを始めて知って感動しました。

次の日の朝、本山おあさじに全員で参拝。御堂では念仏お婆さんに出逢い、声高々に響く南無阿弥陀仏-、何回も声高く響き渡っていました。私は本山に行くたびに、朝の御堂法話が楽しみで、今回は4月5日に安楽寺常例布教にこられた服部乗慧師の法話で、念仏の御縁って素晴らしいとあらためて感じたことでした。また他にも素晴らしい出逢いがありました。平成11年6月28日安楽寺降誕会ご講師として来られた、青少年カウンセリング講師の外松太恵子先生にお会いできた事、10年振りの再会で懐かしく思う事でした。

2日目の朝は自由でしたので主人と二人で外を見物しながらおあさじに向かいました。御堂は満堂でした。御堂法話で服部乗慧先生は、中村富子さん(84歳)の母、久子様のお話をして下さいました。母の久子様は突発性脱疽という(霜焼)病気でした。3歳の時、両手両足を失い、大変な日暮らしだったと思います。ある日、お母様に針と糸を渡され、針に糸を通すことができないと母に言うと、母にお前の努力が足りないからだと言われた事、着せ替え人形を作り近所の子どもに差し上げた時、汚いと言われ外に捨てられた事など、どんな悔しい思いをしたのではないだろうか。久子さんはどんな困難にも負けずに生きた人、あらゆる困難を乗り越えて生きた感動の生涯を送った人のお話でした。

お昼に門法会館で食事をしていたら服部先生が安楽寺の団体が来ているとの話を聞いてご挨拶にきてくれました。

最終日の神戸別院では、副輪番の尾井様から神戸大震災の思いを約30分に渡りお話ししていだきました。

富山県滑川市の御門徒さんと一緒とのことでしたが、少し遅れてきましたので、先に説明して来れました。別院では葬儀が入っていた為、納骨堂等、施設を見ることができず残念でした。帰りは神戸空港より無事に帰ってきました。

3年後の親鸞聖人の750回忌に元気であれば2人で参拝したいです。昭和36年にも父親が700回忌法要参拝記念に阿弥陀様の絵像を買ってきてくれた事、いつまでも父に感謝しています。南無阿弥陀仏

宮川一昭

南無阿弥陀仏の気持ちをたずさえて… このたび、心待ちにしておりました、ご本山参拝に参加させていただきました。

旅の表題にふさわしく、京都の文化、歴史を尋ねる感慨深い旅となり、また、同行の皆様と和やかに過ごした時間は、楽しい旅の想い出となりました。

私事ではありますが昨年、突然の病に伏しておりました。

それ故、今回の機会、一度は遠慮させていただいたお誘いであります。
ですが、安楽寺様から直々の御丁寧なお誘いと、家族等の励ましに後押しされて、実現することができました。
早速、ご本山参拝のおかげでしょうか? 以前の体調、不安は何処へやら?? …日々、陽気に誘われるまま、あちらこちらへ出歩いております。
おかげさまで、今回の旅行に参加できましたこと、本当に感謝致します。もう今から、次の旅行が楽しみでなりません。

話には聞きます壮大な奈良の大仏様…一度、見上げてみたい気が致します。

合 掌

山下知恵子

ご本山降誕会参拝に参加させて頂き有り難うございました。

本山での帰敬式に臨み、ご門主様から直接おかみそりを頂き、法名も頂きました。そして納骨堂でつぶやいた一言で実家の父のお参りもさせて頂きました(久朗津様にも感謝です)

この度は、私にとって、いろいろな事で大きな意味ある旅となりました。有り難うございました。

合 掌

井田八重子

はじめてのご本山参拝をさせていただきありがとうございました。

私ごと出発前の慌ただしい中ではありましたが、無事何事もなく参加出来、いまだに夢の様に思っております。

毎週の兄のお参り(中陰)に少しずつ旅の話を語っております。

本当に皆様のお陰でありがとうございました。出来ればもう一度…と思ってます。

山下君子

この度の旅行には大変お世話になりました。始めてご本山参拝に参加させて戴き、ご門主様のお姿も拝見出来て、貴重な体験も沢山させてもらい、有り難う御座居ました。

本願寺の広さにもびっくり、私は足腰が悪く皆さんに暖かい心遣いを井Tだき有り難う御座居ました。とても楽しい旅行でした。

食事も肉嫌いの私にはとっても嬉しい食事で特に京料理とあって、大変おいしく戴きました。また船のお食事も夜景を見ながらすてきでした。

また連れて行って下さい。

粟井一子

初めてのご本山参拝にいかせてもらいありがとうございました。大谷本廟で納骨していただき、きっと本家(粟井家)と一緒でよろこんでいると信じてます。香道体験も考えても見なかった事で勉強になりました。

おあさじ、帰敬式、法要、たくさんのお寺さんでびっくり、神戸には何度か息ましたけど、夜の船での夕食の夜景はとてもきれいでした。

4日間で、添乗員、お寺さん(安楽寺)、門徒さんとの暖かさを感じ、楽しく無事に帰ることが出来ました。ありがとうございました。

三河敏勝・道子

このたび、縁があり初めて「ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて」の旅に参加させて戴きました。

そして、今回母親が糖尿病、認知症、パーキンソン病等を患い病院に入っており、容体を案じながらもおもいきって夫婦で参加させていただきました。

1日目の夜の雨以外は、お天気にも恵まれ大変楽しく心に残った旅行になりましたが、私達夫婦の第1の目的であります大谷本廟の参拝、また2日目の帰敬式でのご門主様からの「おかみそり」を頂き、感無量とともに、久しぶりに緊張した一瞬でありました。

また、帰敬式を受けるに当たり、宗祖降誕会の日に「おかみそり」を頂いたことは、一生の思い出であり、これを何かの結びつきと感じるところでございます。

それとともに、私達夫婦にとっても格別意義のあるものとなりました。
このたびの旅行参加にあたり、なつかしい人とお会いできたこと、昔のことを想い出したり、初めての方との交流、とても和気あいあいの旅でした。ありがとうございます。
今回の旅行でお世話いただいた住職様、坊守様、総代であります立山様、本当にご苦労様でした。
そして、その他の参加者の方もご苦労様でした。共におつかれ様でした。

心から感謝申し上げますとともに、これからもお体を大切に、ご活躍のほどを!

合 掌

野坂誠光

ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて 5月19日朝8時30分にお寺を出発し3泊4日の旅のスタートを切りました。今回の旅は本山に2日間程泊まりお寺参りを充分にさせて頂きました。

その間合いを利用、飛雲閣にてお茶の接待を受け、私の人生で初めての経験をしました。その後、嵯峨野で夕食(豆腐料理)と楽しい1日を過ごしました。

翌日は能を鑑賞し、夕食はコンチェルト(船)でのバイキング料理に舌づつみを打ちました。

最終日は、神戸別院参拝と中華街散策をして帰路につきました。5月22日18時30分到着で、今回の旅行の締めくくりと成りました。

今回全員26名の旅でしたが、非常に楽しく和やかな旅行でした。また全員が何ごともなく元気で無事に帰省できてよかったです。住職さんや坊守さんは種々(いろいろ)と気を付かわれ有り難うございました。

またの機会にご一緒させて頂きます。有り難うございました。

西尾忠博・芳子

此の度「ご本山降誕会参拝と京の文化を訪ねて」に2人で参加させて頂き、大変お世話になり有り難うございました。前々から気になっておりました大谷本廟へ両親の納骨を済ませる事が出来、安堵いたしました。

一般的なツアー旅行は何度かありましたが、本願寺参拝・香道体験・飛雲閣のお茶接待・能鑑賞等この度は私達にとりましても意義のある旅でした。9名で観戦に行った神戸スカイマーク球場の「オリックス対阪神」の交流戦は大変盛り上がり、ビールも美味しく、虎キチとしては最高の試合展開になり、全員酔いしれて球場を後にしました。神戸中心街のシャトルバスも久朗津添乗員さんのお勧めで、のんびりと観光できました。そして一緒に行った皆様方との出合い、楽しいひとときを過ごす事ができた事、みんな忘れられない想い出となるでしょう。

最後になりましたが、日頃お忙しい住職・坊守さんの細やかな心配りの中で本山参拝を出来ました事、心より感謝申し上げます。

西本願寺 国宝唐門の前にて

モダン寺(神戸別院)正面にて

参加者名簿(順不同)

立山一雄さん・粟井幸子さん・佐藤祐子さん・藤原洋一さん・藤原たえ子さん・藤原順子さん・岩田恭子さん・岩田眞由美さん・三河敏勝さん・三河道子さん・西尾忠博さん・西尾芳子さん・山下君子さん・山下知恵子さん・羽田嘉子さん・高山シズエさん・粟井一子さん・井田八重子さん・小幡三男さん・小幡啓子さん・野坂誠光さん・宮川一昭さん・能呂修一さん・伊藤阿沙美さん

法要

春季彼岸永代読経会 3月20日~23日

この近年、当寺の諸行事で一番参詣者数が多いのが春のお彼岸であります。今年も沢山のご参詣を頂き、4日間お勤めさせて頂きました。今年もこの春のお彼岸にだけご出向頂ける布教使さん、藤順正先生にお越し頂き、ユーモアを交えながら、身近なことから大切なことを気づかせ頂いたことでありました。

また、最近では珍しいことですが、お孫さんがおばあちゃんを連れておまいりするという光景に出遇うことが出来ました。坂下春子さん(現在91歳)のお孫さんで、坂下礼華ちゃんです。今年の4月から高校生で、バスケット部に所属しているそうです。「またおばあちゃんを連れておまいりしてね。」と言うと、「はい。」と答えてくれました。どうぞ仲良く大切な時間を過ごしてください。

またさらに、21日には、旧納骨壇使用者の皆様、納骨堂管理委員会の皆様、関係業者一同と共に、「納骨壇新設開闢奉告法要」をお勤めさせて頂きました。後にも記しておきますが、この度急な工事となりましたが、関係各位のご尽力を頂き、きれいな納骨堂として生まれ変わりました。本当に有り難うございました。

(住職記)

布教師 藤 順正 師

熱心におまいりされる参詣者

坂下春子さんと礼華さん(孫)

納骨壇新設開闢奉告法要

お焼香される関係各位

ご参詣頂いた皆さん

ご協力いただきました関係者の皆様