読みもの

「やすらぎ」28号発刊にあたり

安楽寺住職 横湯 誓之

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いていること、重ねて御礼申し上げます。

さて、昨年の8月以来になりますが、寺報「やすらぎ」第28号、門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。

早いもので、春のお彼岸をお迎え致します。お彼岸とは、此の岸(このきし)と書いて私達が生かされているこの迷いの世界を此岸(しがん)と言います。その此岸から、先だって逝かれた大切な方々がいらっしゃる世界、彼の岸(かのきし)と書いて彼岸(ひがん)といいますが、此岸から彼岸を見つめる、その彼岸とは、「到彼岸(とうひがん)」の略で、「迷いの世界から悟りの世界へ到る」という意味になります。

春秋のお彼岸は年間の中でも一番過ごしやすい季節でありますが、これは本来、仏道修行の為に設けられた期間であります。何かに付け、自分に甘えてしまう私達です。夏には暑い暑いとつい怠け、冬は寒い寒いと怠けてしまう私達・・・。せめて季節の良い過ごしやすい時期にしっかりと修行をしようではないかという昔の方々の知恵であるといえましょう。

私達浄土真宗の門徒には、自分の力によって悟りを得る修行はありませんが、古来からのこの期間に、この私を悟りの世界へ到らしめてくださる仏様のお徳を讃嘆し、先逝かれた方々のご縁によって気づかされた大切なことを一つひとつ確認をしていく、その為にしっかりと御聴聞(お寺でご法話を聞かせて頂くこと)させて頂くという大事なご縁として頂戴してきたのであります。

お墓詣りも大切な仏縁ですが、決してあの世に行った先祖を供養する為だけではありません。浄土真宗ではそれは大きな間違いです。あの世という迷いの世界ではなく、真実の悟りの世界へ到る道しるべをお残し下さったことと知って頂きたいと思うことでございます。たくさんのご参詣をお待ちしております。

さて、私事、門信徒の皆様には大変お待たせ致しましたが、やっと結婚することとなりました。後輩や有縁の僧侶の結婚に関わるお手伝いはたくさんお勤めさせて頂いておりましたが、自分のこととなったら、何から手を付けたら良いのか分からず、戸惑いの日々を送っております。1月25日に総代さんを中心に後輩の僧侶仲間、婦人会から若干名の選抜をさせて頂き、「安楽寺慶事委員会」を組織させて頂き、準備を進めさせて頂いております。

門信徒の皆様には、おそらく、本年、7月25日(日)の披露宴のご案内になろうことと思います。詳細が決まり次第、小宴のご案内をさせて頂きますので、ご出席の程、よろしくお願い致します。

合 掌

写真

おもしろフォト vol.1

住職と同い年のご門徒の岩田淳一さんと長男のこうへいくん
一緒にお盆詣りに来てくれました。

お盆の疲れか、眠ってしまった佐々木法務員をパチリ

横から見るとこんな感じです。器用に眠るなあ・・・。

同じく暉峻くんの居眠りもパチリ

お盆は休みなく、ブッ通しで、お詣りの日々が続きますので、本当に疲れます。が、隙を見せると、住職に写真を撮られますからご用心してください。

トピックス

総代 安川外造氏 扇原光男氏 ご逝去

 

平成21年12月17日、安川外造氏、平成22年1月6日、扇原光雄氏が往生の素懐を遂げられました。お二人は地域はもちろんのことお寺にとりましても、多大なご尽力を賜ったことでありました。

 

残念なことではありますが、無常の道理の中で、日暮らしをさせて頂いている私達であります。ご遺族におかれましては、この度の悲しみのご縁を通して、より一層、お念仏を中心とした日暮らしをされますよう念じ上げます。(扇原さんにおかれましては、葬儀終了後、瑞宝単光章を受けられました。) 

合 掌

トピックス

第21回温泉説法の集い

去る2月26・27日の両日で、第21回温泉説法の集いが、十勝川温泉笹井ホテルで600人の北海道内の門信徒の皆様が集い開催されました。

温泉説法は、北海道内の若い僧侶が中心となって、普段のお寺で頂く御法話のスタイルに少し工夫を加えて、温泉でリラックスしながら大切なことに気づいて頂こうという趣旨のもと、企画し開催をしております。

この度数えて21回目をお迎えさせて頂きました。少し雰囲気が分かるように写真を多めにしましたので、ご覧下さい。来年は、まだ一度も参加したことのない門信徒の皆さん、是非行きましょう。難しいことはありません。浄土真宗の入門編として最適な大会だと思います。よろしくお願いします。

合 掌

この度のお荘厳

2000枚の華芭が舞った開会式

600人の正信偈がお勤まりになりました

懇親会のバイキング料理(一部)

ご参加頂いた皆さん 楽しんで頂けましたか?

 

 

朗読説法

演劇説法(光心寺若坊守さん出演しました)

御法話(西英寺住職 宮川秀憲師)

締めのご挨拶をする久保田真剛会長

トピックス

立山一雄さん 総務省 団体功労賞受賞 本山褒賞拝受

行事報告の元旦会でもお伝えしましたが、総代長の立山一雄さんが、総務大臣賞「団体功労賞」を受賞されました。そのご貢献に対し、ご本山本願寺から、本山褒賞を拝受致しました。

立山さんは地域はもとより、様々なご貢献を頂いております。お寺にとりましても、総代長として、体調が悪い中、門信徒一同をおまとめ頂いております。これからも体調に留意され、ご活躍されますことを念願致します。この度は本当におめでとうございました。

合 掌

法要

日高組親鸞聖人750回大遠忌法要・北見西組親鸞聖人750回大遠忌法要

昨年、10月7日に日高組の親鸞聖人750回大遠忌法要が、日高組の乗誓寺様で厳修されました。日高組はわずか8ヶ寺で形成されている北海道教区でも一番寺院数の少ない組でありますことから、組内の住職さんはもちろんのこと、前住職さん、坊守さんがご出勤をされ、若い方々が裏のお手伝いをしなければばらなく、ひじょうに大変な中にお勤まりになった、この度のご法要でありました。

安楽寺住職が会長を務める札幌雅友会(雅楽会)がそのご法要に花を添えるお手伝いをさせて頂いたのですが、お寺のある浦河までの道中、いろんな事を考えながら移動致しました。私達の先達は、自分の足以外何も頼るものがなくても、しっかりと地に足をつけて大地を歩み、浄土真宗のみ教えをお伝え下さったのだなと思うと感慨深い思いでありました。

又、11月4日には、北見西組の親鸞聖人750回大遠忌法要が、光源寺様で厳修されました。この度も法要に花を添えるお手伝いとして、讃嘆衆(さんだんしゅう)として、(雅楽奏楽とお勤めの一助)ご出勤させて頂きました。紋別までの道のりも、北海道の雄大さと、先達のご苦労を感じさせて頂きながらの運転となりました。

札幌組もいよいよ今年7月に組内4ヶ寺の寺院を会場として、親鸞聖人750回大遠忌法要がお勤まりになります。なかなか遇えないご勝縁でございます。ご門徒の皆様におかれましても、大切なご縁と感じられるようなご法要にしたいと考えております。その節には、特段のご協力、ご参詣をどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌

同行した眞願寺さん 太平洋を眺め何思う・・・

浦河から帰りの空 幻想的でした

会場寺院 紋別 光源寺様

一緒に出勤した讃嘆衆

オホーツク海