トピックス

本願寺 飛雲閣(国宝)が大雪像として登場

平成23年2月に開催されます第62回さっぽろ雪まつりで、なんと本願寺 飛雲閣(国宝)が大雪像として登場します。(大通り8丁目 雪のHTB広場)
これは、親鸞聖人750回大遠忌にかかるイベントの一つでありますが、長時間かけて調整をされた模様であります。

開会中、テレビ放送などで広く、本願寺や親鸞聖人のことを知って頂く大変良い機会であると思います。まだ予定の段階ですが、当寺住職もそのテレビ放送の中に出るかもしれません。要チェックでお願いします。
詳しくは下記におまとめ致しましたので、ご高覧下さい。

【会  期】
平成23年2月7日(月)から2月13日(日)の7日間
【会場・見学時間】
大通会場 大通公園西1丁目から西12丁目まで(22:00に照明が消灯)
つどーむ会場 札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」(9:00から17:00まで)
すすきの会場 南4条通りから南7条通りまでの駅前通り(午前0:00(最終日は22:00)に照明が消灯)
【雪氷像の基数】
248基
(大通:140基、つどーむ:28基、すすきの:80基) を予定
【雪輸送】
輸送期間 ・雪像雪輸送 1月7日(金)~1月15日(土)
市民の広場その他 1月16日(日)~1月23日(日)
採雪予定地 滝野霊園、里塚霊園、サッポロさとらんど、モエレ沼公園、石狩湾新港 その他
予定輸送量 5tトラックで約6,500台
【観客数】
61回(平成22年) : 243万3千人
60回(平成21年) : 208万人
59回(平成20年) : 215万9千人
58回(平成19年) : 210万1千人
【主  催】
札幌市、(社)札幌観光協会、札幌市教育委員会、札幌商工会議所
【主  管】
さっぽろ雪まつり実行委員会
【協  力】
陸上自衛隊北部方面総監部、陸上自衛隊第11旅団
【後  援】
北海道、北海道観光振興機構、北海道新聞社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞社、読売新聞北海道支社、日本経済新聞社、報知新聞社、北海道日刊スポーツ新聞社、道新スポーツ、スポーツニッポン新聞、NHK札幌放送局、北海道放送、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送、テレビ北海道、エフエム北海道、エフエムノースウエーブ、ジェイコム札幌(予定)

大雪像 国宝 本願寺 飛雲閣

本願寺 飛雲閣は、京都市西本願寺の境内にある三層こけら葺の国宝建造物です。
独特な形状が特徴で、唐破風や入母屋など変化に富んだ屋根を巧みに配し、左右非対称でありながら、美しい調和を見せています。
金閣・銀閣とともに京都三名閣と称され、豊臣秀吉が建てた聚楽第の移築と伝えられています。

昭和26年に国宝に指定されました。
一般には非公開とされており、直接拝観する機会は年に数回しかありません。
大雪像「国宝 本願寺 飛雲閣」は、現地取材を元に、その不思議な美しさを持つ国宝をほぼ実物大の大きさで再現いたしました。

浄土真宗本願寺派(西本願寺)のご協力を得て、北海道テレビ放送と陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊、及び第11戦車大隊、第11施設中隊、第11通信中隊が制作いたしました。

完成予想図

写真

おもしろフォト vol.2

お盆で疲れて壊れてしまった暉峻法務員
(本当は住職にどれくらいバランスをとれるか試されている)

人って立ったまま眠れるんですね。。。

 

 

 

住職の結婚式後、オファーが来たのは、このふるさと祭りでした。当日は大変暑く先生たちもクタクタになったみたいです。

増築された庫裡の新しい会議室にて

 

火事ではありません! 焼き芋です

安楽寺のアンです。来年で12歳になります。今年もお疲れ様でした。また来年もヨロシクです。。。

甥っ子の優人も野球をやるようになりました

トピックス

女声コーラス「シャンティ」の誕生!!

安楽寺合唱団
シャンティ指揮者
佐藤 卓見

今年4月から安楽寺仏教婦人会の会員が母体となって女声コーラス「シャンティ」が誕生しました。「シャンティ」の名付け親は住職さんで、これはサンスクリット語で「やすらぎ・寂静・平和」を意味するものであります。
団員には、会員の皆さんの他に安楽寺にご縁を持つ方々にも参加してもらおうと粟井会長を始め役員の方々の働きかけで、門徒の若奥様などにもお誘いをして来ました。

4月6日の初練習日には26名の方々が集まってくださり、さらには幼稚園の先生方にも応援メンバーとして加わっていただきました。その後、徐々に新しい団員が増え、現在では幼稚園の先生方も加えると60名近くになってきました。

スタートにあたって団員の目標は「7月の住職さんの結婚祝賀会」「12月の婦人会再結成50周年祝賀会」にご披露させていただく事でありました。
住職さん、坊守さん、粟井会長さんから「指揮をするように。。。」と私にご下命がありましたが、何分にも「素人」と、戸惑いがありましたが、龍谷大での男性コーラス、社会人になってからの混声コーラスの経験を生かして「皆さんと一緒に仏教讃歌を歌わせていただこう」とお引受けすることになりました。

前住職「横湯徹之」さんは大学のコーラスの大先輩でありますが、晩年、車椅子生活になってから「このお御堂に仏教讃歌があふれるようになったらなあ。。。」と言っておられたのがつい昨日のようであります。

ある練習日の休憩時間に幼稚園の先生の1人が「仏教讃歌『念仏』は本当に感動します!」と云ってくれました。
私は「仏婦再結成50周年祝賀会」でのアンコール曲には『念仏』を歌わせていただこうと決めておりました。

前住職さんも、きっと「シャンティ」の歌声をお浄土からにこやかに拍手を送って聞いて下さっておられた事と思うことであります。これからも微力ではありますが、精進して参りたいと思います。有り難うございました。

合 掌

トピックス

婦人会あねごクッキング vol.1

第1回 小幡牧場の生キャラメルの作り方

当寺婦人会にはお料理上手の達人がたくさんいらっしゃいます。そこで今号より、おいしい食べ物の秘密のレシピを読者の皆様にお伝えする、「婦人会あねごクッキング」のコーナーを新たに作りました。

記念すべき第1回目は、婦人会の皆様にはもう何度もお口にされた方がいらっしゃることかと思いますが、婦人会の小幡啓子さん考案の、生キャラメルの作り方を伝授します。某なんとか牧場の生キャラメルも有名ですが、私は個人的に小幡牧場の生キャラメルがおいしいと思います。それではどうぞ~

【材料】
牛乳 600cc
生クリーム 200cc
砂糖(グラニュー糖) 80~120g
蜂蜜 50g
シュガーレス甘味料(液体) 150cc~180cc(お勧めはマービー)
バニラビーンズ 1本の半分(割って中の黒いツブツブを使用)

  【用意する道具】
  平らなフライパン
  ゴムベラ
  オブラート
  セロハン
  バット
※バニラビーンズは写真のように半分にしたものを縦に割き、スプーンで中身をこそげ取る
①全ての【材料】をフライパンに入れ、火にかける
②沸騰するまで強火
③沸騰したら中火にし、万遍なくゴムベラで混ぜる
④約10~15分の間、何度か吹き上がるが繰り返しゴムベラでかき混ぜる
⑤鍋の中が飴色になってきます
⑥ゴムベラが重く感じるようになったら、弱火にする
⑦鍋底が焦げるようになってきたら、火を止める
※早めに火を止め、柔らかい状態のものは、パンなどにつけるキャラメルクリームとしていただけます
⑧左の写真のような硬さになったら、熱いうちにラップをひいたバットに流し込む
※バットはアルミニウム製のお弁当箱などでも代用可能
※ラップは耐熱温度140℃ 耐冷温度 -60℃のものを使用
⑨ゴムベラ又はしゃもじなどを使用し、キャラメルを平らにします(この時点で模様をつけても良いでしょう)
⑩粗熱が取れたら、バットごと冷蔵庫で冷やし固める
⑪冷たくなりましたら、冷蔵庫から取り出し、ラップをはずす
⑫一口サイズに切り分ける
⑬半分に切ったオブラートに包む(オブラートに包むと、キャラメルと⑭のセロハンがくっつかない)
⑭綺麗な包み紙(セロハンなど)でオブラートに包んだキャラメルをもう一度包む
⑮出来上がり!!!
小幡さんとお手伝い頂いた宮本さんと小桧山さん(右から)
おしらせ

ヨーガ教室案内 毎週木曜日

お寺では6月3日の午後7時より健康ヨガ教室を開催しております。現在受講者は20名で、ご門徒さん、幼稚園の先生が中心です。約90分の開催で、ヨガをやった次の日は足がスッキリしたような気がします。ある受講者はゴルフの成績が良くなった、ボウリング大会で優勝したなど、それぞれ効果があるようです。
下記に詳細をおまとめ致しましたので、もしも受講希望があればお寺に御一報下さい。それでは宜しくお願いします。

渡辺尉三子 先生

 

 

ゴキブリのポーズっていうんです マジで

【開催日時】 毎週木曜日 19:00~20:30まで
【 会 場 】 安楽寺1Fホール
【 料 金 】 入会金1,000円・月謝3,000円・傷害保険100円・体験1回1,000円
【 持ち物 】 ヨガマット(あれば)・バスタオル ジャージなど動きやすい服装
【 ご注意 】 お食事は開講の1時間前までにお済ませ下さい
【 講 師 】 渡辺尉子先生・田中晃枝先生(翠ヨーガ・アジアの会)

※明年よりマタニティヨガを日中の時間帯で計画しております。ご希望の方はお寺まで御一報下さい。電話011-891-2903

読みもの

教え tell me – vol.3 年末を迎えて

本年も無事に師走を迎えることができました。みなさんはこの年をどのように過ごされましたか?
私はとういうと北海道での暮らしが1年半を過ぎたこともあり、昨年に比べると少しずつではありますが様々な事が見えてくるようになってきました。

特に本年は「7月の当山安楽寺ご住職の結婚祝賀会」や「9月の親鸞聖人750回大遠忌お待ち受け法要」そして「12月の婦人会再結成50周年記念法要」と例年に類をみない行事に恵まれ、幸いにもご住職の御友人や門信徒の皆様とふれあうご縁をたくさんいただけたことが心の糧となったなあと思う次第であります。

さて、そういった中で日々を重ねていく間についに私にも親友ができました!それは安楽寺の名犬「アン」(♀11歳)です。アンの家、犬小屋も以前とは場所が変わったこともあり、あまり人とふれあうチャンスが少なくなったためか、私が面倒をみてあげる機会が増えたことで、いまではご住職がアンの前に現れる以上の反応を私にしめすようになった気がします。( 少しだけ住職に勝った気がする(笑) )

また、お詣りで運転をしておりますと、夏はともかく冬になると 「アイスバーン」「ブラック・アイスバーン」「圧雪」等の言葉が鹿児島出身の私にも認識できるようになってきました。普段なら普通に運転できる曲がり角も冬となると夏以上に神経を働かせて路面ばかりを見て運転してしまいます。時々、曲がり角を間違えたりして違う家などにたどりついてしまうこともありますが・・・

今年1年は本当にご住職を始めとしてお寺の皆様方や門信徒のみなさんに育てられたように感じており、そのご恩返しとしてより一層、精進し・勤めていきたいと思います。

合 掌