トピックス

「つながりフェスタin気仙沼2011」に参加して

計良通子

去る7月18日に「つながりフェスタin気仙沼2011」が開催され、私はステージのイベント要員として参加させていただきました。

北海道の遠近各地より、たくさんの方々が苫小牧港に集合し、機材や支援物資をたくさん積み込みフェリーで八戸港へ向かいました。

港へ上がり岩手県の大槌町の避難所に立ち寄り、あらたに西本願寺のボランティアセンターとなった花巻市東和町の成島小学校へ到着し準備を行いました。

翌日、イベント会場である気仙沼市の鹿折小学校で午前11時より大阪から来てくれた、「るんびにー太鼓」の威勢の良い太鼓の音が会場に鳴り響き、イベントが始まりました。たくさんの出店が立ち並び、ジンギスカンやちゃんちゃん焼き、じゃがバターなど、まさに北海道を代表する食べ物には、地元の方々がたくさん集まってくださり、忘れかけていた笑顔があふれていたように見えました。

ステージでのイベントでは、北海道クイズに始まり、ゲーム大会などたくさんの方々とふれあうことができました。イベントの後半では、シンガーソングライターの「ふくい舞」さんが登場し、会場の若者は大喜びでした。挨拶の中で、「被災された方々に歌を通して、たくさんの元気を与えて、こうしたイベントに参加することにより、私もたくさんの元気をいただけます。」とお話しされていました。

私自身、テレビの映像で見るのと、実際に自分の目で見るのとこんなに感じ方が違うのかと思いました。そして地元の方々は復興に向けて力強く一歩一歩前に進んでいました。そして何よりも、こども達の顔にはたくさんの笑顔が輝いていました。

イベントの最後に、これからも頑張って行こうという願いを込めて1000個の風船を空に飛ばしました。大空高く舞い上がる風船を見たときに、私の目から涙がこぼれました。地震、津波という大きな自然の力によってたくさんの大切なものが失われました。しかし、被災された方々は、大きな支えによって、力強く輝き始めている。私にとって初めて感じられた大きな出遇いでした。今回、参加させていただき、今まで経験したことのない大きなものに出遇うことが出来たのです。

これからも、ご縁がありましたらこのようなボランティア活動に参加して、「ふれあう」ことを大切にしたいと心から思いました。

トピックス

東日本大震災にかかる活動報告・義援金報告

去る3月11日、東北を中心とした未曾有の大震災が起こり、壊滅的な被害があったことは皆さんもご存じの通りであると思います。

宗派ではいち早く仙台別院内にボランティアセンターを設置し、支援活動に取り組んでおります。なかでも北海道教区では有志を中心とした「北海道教区震災支援ネット・オンコの架け橋」が立ち上がり、ボランティア活動に取り組み、炊き出しや支援物資を被災された方々にお送りする支援を早くから行っております。

当寺でも、先にご報告したように、チャリティーコンサートを開催したり、行事の度に、皆様のお心を義援募金箱に寄せていただいたりと、微力ではありますがお手伝いをさせていただいております。下記にお寄せいただいたお心を分配してお送りするよう、おまとめ致しましたので、ご確認下さい。また、住職の2番目の姉である計良通子(第2あつべつ幼稚園主任教諭)が去る7月18日に開催されました、「つながりフェスタin気仙沼2011」に参加しボランティアのお手伝いをさせていただきましたご報告も併せて掲載させていただきますのでご覧下さい。

いずれにしても、復興には長期間かかると思います。小さい力も集まれば大きな力になって行きます。被災された方々のお心に寄り添い、支え合い、つながって行きたいと心から思うことでございます。お寺でこのような趣旨でお勤めする行事やイベントには是非ともご門徒の皆様方のご協力が不可欠です。どうぞ今後もご案内等お送りすると思いますが、その時には快くご協力いただきますようお願い申し上げます。

安楽寺行事
義援金
3月 春季彼岸永代読経会   3月21日
91,007円
3月 春季彼岸永代読経会   3月22日
31,189円
3月 春季彼岸永代読経会   3月23日
33,302円
3月 春季彼岸永代読経会   3月24日
21,860円
4月 常例・命日講
27,873円
5月 常例・命日講
22,790円
6月 常例・命日講
21,212円
7月 常例・命日講
25,496円
合唱団シャンティよりの義援金
61,282円
5月28日 チャリティーコンサート
200,000円
ご門徒 一久保静恵様よりの義援金
100,000円
合 計
636,011円

※上記の合計額を、1.本願寺たすけあい募金、2.震災支援ネットオンコの架け橋、 3.日本赤十字へ分配して送金させていただきます。

読みもの

「やすらぎ」30号発刊にあたり

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いていること、重ねて御礼申し上げます。

さて、昨年の12月以来の発刊になりましたが、寺報「やすらぎ」第30号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。大きな節目となりましたが、平成11年の発刊以来12年という時間を経ました。亡き父と試行錯誤しながら、編集した時間が大変懐かしく思い出されます。後に過去のバックナンバーを掲載しておりますので、振り返りながらご覧下さい。

さて、誠に恐縮ですが、この紙面をお借りしご報告をさせていただきます。先般、6月24日に長女が誕生致しました。

昨年7月に結婚させていただき、直ぐに子を授かり、有縁の方々のご協力をいただきながらここまで大切に時間を過ごして参りました。親鸞聖人750回大遠忌の年に、待望の娘の誕生でありました。7月1日に母子共に退院しお寺に戻りましたが、今は毎日大変な日々を過ごさせていただいておりますが、親にならせていただいた喜びを感じながら、楽しく子育てをさせていただいております。

寧々(ねね)と名付けさせていただきました。「寧(ねい)」という字には、「安らか、やすらぎ」という意味があり、寺号の安楽寺の「安楽(やすらぎ)」、幼稚園の学園名「やすらぎ」から娘の名前をいただきました。多くの人にやすらぎを与えてくれるような人になって欲しいという願いを込めて命名させていただきました。門信徒の皆様には、今後とも、親子共々、様々な形でお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。
 時節はお盆という大切な仏教週間を迎えます。8月1日より全門信徒のお宅へ叔父や法務員さんのご協力をいただきお盆まいりに歩かせていただきます。

家族みんなで仏前に手を合わせるということは難しいかもしれませんが、年に一度のお盆まいりです。一度で良いですから、お仏壇、納骨堂、あるいはお墓で手を合わせるようお願い申し上げます。

私達は亡き人を通して、普段の生活の中で、なかなか気づかない、気づけないでいた命の尊さ、はかなさを教えていただきました。その中でも命のつながりに気づかせていただけたことは、本当に有り難いことといただいております。今まさに私自身も一人の子の親とならせていただいて、その命のつながりの大切さに気づかされ、新たな人生の歩みをさせていただいております。有ることが難しいと書いて、「有り難う」と読みます。心から生まれてきてくれて有り難うと心の中で申させていただき、共に一度きりの人生を悔いの無いように歩ませていただきたいと思っております。

「生死一如(しょうじいちにょ)」というお言葉がございます。生も死も一つの如く、生まれてきてくれた慶び、命を終わって行く様を通して、私達は本当に大切なことに気づかされるのです。どうぞ門信徒の皆さん、あらためてこのお盆という大切な仏教週間を大事にいただいてください。きっと大切なことに気づけるはずです。

合 掌

トピックス

お楽しみ会

毎月、第2、第4火曜日を基本にお楽しみ会を開催しております。話題の映画をご紹介したり、お友達作りのご縁として開催しております。
毎回500円をいただきお菓子とお茶をご用意させていただいております。是非ご参加してみてください!お友達ができますよ~!

トピックス

十勝組光心寺仏教婦人会結成100周年記念法要

帯広で「佛教讃歌」(報告者 シャンティ指揮者 佐藤 卓見)

去る7月9日、安楽寺女声合唱団「シャンティ」のメンバーが、安楽寺とは親戚寺院にあたる帯広市「光心寺」に赴き、佛教婦人会創立百周年記念法要ならびに祝賀会に出席しました。

記念法要の音楽法要では「重誓偈作法」を。祝賀会では佛教讃歌「念仏」、「しんらんさま」を。一般曲として「見上げてごらん夜の星を」を歌わせていただきました。

音楽法要は、光心寺聖歌隊の方々先導により、お御堂いっぱいのご門徒の皆さんと厳かな中にも盛大に執り行なわれました。
さらに祝賀会では、光心寺壮年会、婦人会の男性・女声のメンバー約30名の方々が、私ども「シャンティ」と一緒にステージに上がっていただき熱唱しました。最後に会場の皆さんと「ふるさと」を歌いフィナーレとなりました。

終了後、十勝川温泉「観月苑」に宿泊、ゆっくりお風呂に入り旅の疲れを癒しました。

翌日は帯広郊外にある広大な敷地に約2500種以上の花々が咲き続ける「紫竹ガーデン」に立ち寄り、一時のリフレッシュをし帰宅しました。

光心寺本堂正面で記念撮影 光心寺前住職と粟井さん(何と同級生ですって!)
読みもの

坊守ご挨拶

平素より門信徒の皆様におかれましては当寺護寺発展の為にご尽力を賜り誠に有り難うございます。

寺報「やすらぎ」30号という大きな節目に際し、一言だけ思うことを書かせていただきます。

前住職が亡くなる前、平成10年に本願寺第八代蓮如上人の五百回遠忌法要が御本山でお勤まりになりました。その法要に安楽寺から団体参拝でおまいりさせていただきましたが、御門主様より「遠く離れているご門徒さんにお寺の様子を伝えることが大切」とのご教示をいただきました。早速、我がお寺でも寺報作りが始まりました。現住職を中心に今は亡き世話人の中川外喜男さんや寺報編集委員会の皆様のご協力をいただきながら、この度配布させていただきましたもので30号目になります。

この記念の30号に、現住職夫妻の長女が去る6月24日(前住職の命日)に誕生致したことをお伝えすることが出来て、本当に嬉しく思います。二人は女の子の誕生を希望しておりましたので、その願いの通りに生まれてきてくれました。大変嬉しく、大切に育てて参りたいと申しておりました。

私もこれで孫が二人となり本当に幸せです。二人の孫に生まれてきてくれて有り難う、そして、幸せなおばあちゃんであることに感謝し、残された人生をしっかりと歩ませていただきます。一言だけ御礼を申させていただきました。有り難うございました。

合 掌
~安楽寺寺報「やすらぎ」30号より~

読みもの

若坊守ご挨拶

昨年7月に結婚してからこの1年、皆様にはいつも「あまり頑張らないように」「大丈夫かい」「お寺での生活は慣れたかい」などたくさんお声かけいただきました。お寺の事を勉強する間もなく赤ちゃんを授かり、行事の時など何も出来ないにも拘わらず、妊娠中も皆様に暖かく見守っていただいたお陰で、1度のつわりもなく、風邪をひくこともなく、母子共に元気に過ごさせていただきましたこと感謝しております。

6月24日、当日予定されていた検診のため、朝病院へ行ったところ、破水のためそのまま入院となりました。普通分娩の予定でしたが、午後6時頃、急遽「緊急帝王切開」となり手術室へ運ばれました。想定していなかった出来事で不安になりましたが、6時40分長女「寧々」が誕生しました。

手術台の上にいる私に、医師が「お母さん、赤ちゃん取り上げましたよ」と言って下さいましたが、泣き声も姿もなく、薄れていく意識の中で何か良くないことがあったのでは・・・とそればかりが頭から離れませんでした。その後、助産師さんが「お母さん、分かりますか?元気な女の子ですよ」と生まれたばかりの元気に泣く赤ちゃんを抱いて見せて下さいました。あれほど安心し嬉しく思えたことはなかったように思います。(赤ちゃんの姿を見た途端、意識はなくなりました・・・)

翌日、ガラス越しでしたが、ようやく赤ちゃんと対面することが出来ました。何とも言いようのない感動でした。生まれてきてくれたこと、親にしてもらえたことに感謝するばかりでした。しかし、いざ子育て(母親1年生のため子育てといえるかどうか・・・)してみると、本当に大変な毎日で驚いています。

それでも、私は、住職をはじめお母さんやお姉さん、お寺の方々、ご門徒の皆様に助けていただき、随分と楽な母親をしていると実家の家族に言われました。

まさにその通りだと思います。いつも誰かに助けていただいてなんとか1ヶ月過ごすことができました。これからも皆様に助けていただきながらの子育てとなるかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

寧々には、皆様に色々なことをお教えいただきながら、多くの人達と関わりを大切にするような子、お父さん(住職)からの初めての贈り物となった名前に負けないよう彼女がこれから関わる人を大切するような子に育って欲しいと思います。

最後に、「全てにおいて1年生(妻・嫁・母)」の私で、皆様には今後もご迷惑をおかけすることと思いますが、親子共々よろしくお願いいたします。