法要

除夜会・元旦会

静かに大晦日(2011.12.31)を迎え、輝かしい新年を門信徒の皆様と共にお迎えする元旦会のお勤めを午前8時より勤修致しました。

本堂でお勤めの後、納骨堂に移動し、先達の皆様へ新年のご挨拶をさせて頂きました。昨年より、毎年新年早々朝早くからお集まりいただく皆さんに楽しんで頂ける催しとして、「大福引き大会」を行うことと致しました。今年から“新兵器”を導入し、千本つり大会と題し、新年早々から景気よく楽しく盛り上がりました!!

是非、来年もやろうとお願いされましたので、景品をたくさんご用意して、来年も行います。朝早いですが、たくさんご参加してください!!どなたでもけっこうです!!

 

千本つりで景品が当たった皆さん

 
写真

本願寺の美


虎の間(重要文化財)

想像で描いた虎

虎渓の庭(特別名勝)

南能舞台(重要文化財)

北能舞台(国宝)

大銀杏(御影堂前)

飛雲閣(国宝)

唐門(国宝)

鴻の間(国宝)
 
写真

おもしろフォト vol.3


カメラを向けると期待に応えてくれます(常照寺三男坊)

いつ以来ですか授乳は?(真光寺住職さん)

ん~ん 読めない・・・

どこに立ってるんですか???

ブッダマスク イイデスネ~(誰でしょう?)

能呂さん(あみだ堂)団参に何度も行ってくれてアリガトネ~!!

ヨイショ! ヨイショ!

佐藤さんの鐘の音の音に驚く寧々(佐藤さん今度はやさしく叩いてね)

ワーッ!! 大きい口でちゅね!

アン 12歳 足もおぼつかなくなってきましたが、元気に吠えています。
トピックス

札幌組門信徒・僧侶合同研修会

去る11月25日に、今年2度目の開催となる「札幌組門信徒・僧侶合同研修会」が札幌別院にて開催されました。

今年の2月26日に第1回目が開催されましたが、100有余名のご参加をいただき、賑やかな中に開催されました。その時のテーマは「あなたにとってお寺とは・・・」であり、ご自分のお寺のことや、ご自分がどうしてお寺とご縁が出来たかなど、ご自分の経験を通して、皆さん語り合い、ひじょうに盛り上がりました。この度の2回目のテーマも「あなたにとってお寺とは・・・Part2」ということで、参加者の皆さん、時間が足りなくなるくらい、語り合われておりました。

この度のご講師には、第1回目に引き続き、神戸の谷川弘顕先生にご出向いただきました。軽快な切り口で、大切なことをやさしく、そして身近なお話しを通して気づかせていただいたと、参加者の皆様が口を揃えて仰っていたのが、印象的でありました。

今後も是非ともお願いしたいと思うことでございます。

当寺からの参加者は第1回目が24名、第2回目が6名参加をさせていただきました。

(住職記)


御講師 谷川 弘顕 師
トピックス

アッチカLIVE情報

今年の後半もアッチカ、活動させていただきました。

10月11日に母親の生家である赤平常照寺様報恩講にてコンサートを行い、オリジナル曲の他に童謡や唱歌など、ご参加いただいた皆さんと共に歌い、大切な時間を過ごさせていただきました。12月11日には札幌市平岸大乗寺様にて「3.11東日本大震災追悼の集い」と題し、東日本大震災からちょうど9ヶ月経過した日に、この集いを催し、門信徒の皆様と共に追悼の意を表し、そしてまた犠牲者や被害に遭われた方々のお心に寄り添う大切な時間を頂戴しました。

この度は開教服と呼ばれる、北海道開拓時に開教使の方々が身につけられていた法衣を着て、仏教讃歌とアッチカオリジナルの「元気でまた逢えたね」という復興を願った歌を唄わせていただきました。また今回は「アッチカ with F」という新しいユニットで後輩のボーカリストにお手伝いをいただき、盛り上げていただきました。

いつか安楽寺でも開催したいですね・・・。その時はどうぞ宜しくお願いします。

(住職記)


常照寺報恩講コンサート

大きな声で歌ってくれましたね
トピックス

カナダの伯母さよならパーティー

約2ヶ月間、故郷に戻られていたカナダの伯母が9月28日に帰国されました。本人も申しておりましたが、再び、日本の地を踏めるとは思ってもいなかった。本当に私は幸せ者だと涙ながらに語っておりました。

この度は孫にあたるブラッドリー(英語教師)が一緒について来てくれ、非常に助かりました。ただ日本語がまったく話せないので、法務員の暉峻君には、得意の英語で通訳をしてもらいこれも非常に助かりました。

平成25年に前住職(おばの弟)の十三回忌法要をお勤めすることから、何としてでも、再び、日本に来れるように、足を鍛えておくわと申しておりました。何とか実現したいですね。門信徒の皆様には、何かにつけ、お世話になり誠に有難うございました。

(住職記)


派手な着物をプレゼント

最後に境内で記念撮影
法要

福住寺様開教120年記念慶讃法要 平成23年9月1~3日

去る9月1日~3日の日程で、相焼香である福住の福住寺様、開教120年慶讃法要、親鸞聖人750回大遠忌法要・庫裡・永代廟落成法要、歴代住職・坊守・門信徒総追悼法要が賑々しく勤修されました。

残念ながら台風の接近により天候には恵まれませんでしたが、多くのご法中、門信徒の皆様と共に、この大きな節目を頂戴することが出来ました。

途中、一瞬だけ天候が回復し、ご法中の皆さん、役員さん、お稚児さんとなった多くのこども達と記念撮影することが出来ました。

最終日、法要終了後、記念式典、祝賀会が催され、楽しいひとときを過ごさせていただきました。平成18年から続いたこの記念事業、門信徒の皆様が一丸となってお勤めできたこと、本当に嬉しく思うことでございます。

寺内の皆様、役員の皆様、本当におめでとうございました!!

(住職記)


若院さんの登礼盤

祝賀会にてご挨拶させていただきました

記念撮影の様子