読みもの

教え tell me – vol.9 年末を迎えて

2013年もまもなく終わりを迎えます。ちょうど今頃、今年はどんな1年だったのかなぁと、ゆっくりと大晦日の紅白や特番を見ながら振り返る人も少なくないのではないかと思います。

さて、年末と言えば私の興味をひくものに「流行語大賞」があります。この1年の間に発生したさまざまな「ことば」のなかで、軽妙に世相を賑わせた表現・・・なのですが、今年は「じぇじぇじぇ」「倍返し」「今でしょ」「お・も・て・な・し」と大賞候補がたくさんあり、どれが選ばれても不思議ではないなぁと思っていたところ!

なんと、大賞を取ると予想されてたすべての言葉が選ばれてしまいました。4つも選ばれたのでは・・・それこそ「じぇじぇじぇ!」と言わざるを得ないですね。

冗談はさておき、実はこの4つの中に選ばれて欲しいと思っていたことばがあります。それは予備校の講師、林修さんの「今でしょ!」です。「この問題いつやるの?今でしょ」というフレーズを初めて聞いたとき私はドキッとしました。
 考えてみると、それはいつも面倒なことを先延ばしにしてしまう自分に「あなたそれどうするの?今やりなさいよ!」と問いかけられたような感じがしたのです。

私たちは、今を生きていても、昨日のことを色々と悔やんだり、明日のことを心配したりしながら生きています。昨日には二度と戻れず、明日が本当にやってくるのか分からない中で、昨日も明日もあって当然のことのように考えて行動して生きています。

しかし、「今」という言葉、これは自分の人生をどこか他人事のように感じている時に、その夢、まぼろしの状態からから目覚めさせてくれる大切な言葉であると感じます。

実を言うと「今でしょ!」という言葉から、私が連想したのが「今現在説法」という言葉で、まさしく阿弥陀如来の今現に在(ましま)して法を説いてくださっているお相です。

「今現在説法」という意味。それは難しいことではなく、ただ「ナンマンダブ」と称えた時、私たちがそれをどう感じるか?ということではないだろうかと思います。それは、 ご本尊の前に座ってナンマンダブと声に出したら、阿弥陀さまから、「お前それでいいのか?」という喚び声だと思うんです。「お前それでいいのか?」と阿弥陀さまに問われ、それに応えたとき、気持ちが楽になり、そうなのかあと感じる瞬間があるんです。

「今現在説法」とお釈迦さまがおっしゃられたとき、まさしくその場にいたお弟子さんたちも同じ感動を受けていたことを想像すると、本当に今にお念仏のはたらきが残っているのだなあと感嘆するばかりです。お念仏をいつ称えるの?今でしょ!

トピックス

仏教婦人会報恩講

この一年の最後の大きな行事となります「安楽寺仏教婦人会報恩講」が去る12月16日に厳修されました。

毎年、婦人会の活動の一環として、この報恩講に際し、小規模製作所の皆さんにお越しいただき展示即売会を開催させていただき、身体のご不自由な方々の支援をさせていただいております。

この度、その婦人会の活動をご覧いただこうと、総代さん、世話人さんにお声掛けさせていただき、この度のご法要をお勤めさせていただきました。

作品とその作品を求める門徒さん

おとき会場の準備も整いました

今年のおとき 美味しかったです!

多くの皆様とおいしくいただきました!

婦人会報恩講お荘厳

今年は布教使様からいただいた
長崎県のみかんをお供えいたしました

婦人会の皆さんがお作りいただいたおときを頂戴し、午後1時から、本堂にて、練習を重ねてきた宗祖讃仰作法 音楽法要をお勤めいたしました。ひさしぶりに勤めるとなかなか難しいものですね。

宗祖讃仰作法 音楽法要

佐藤さんの指揮に従ってお勤めする門徒の皆さん

法要終了後、住職、婦人会会長(竹内幸子さん)からご挨拶をさせていただき、休憩の後、ご法話を頂戴いたしました。

布教使には、3年ぶりになります遠く長崎県より 静雲寺住職 平 祐真 師に御出向いただきました。師は住職の学友で、龍谷大学、伝道院と同じ道を歩んだ方であります。

身近なお話しを通して、大切なことに気づかせていただいたことでありました。ご多用の中御出向いただき、本当に有難うございました。

布教使 長崎教区 静雲寺住職 平 祐真 師

和やかな雰囲気の中でおとりつぎいただきました

いつもご出勤いただいている法王寺副住職と光円寺副住職
衣がおそろいですね。

今年は総代さん、世話人さんにお声掛けして婦人会の活動をご覧になっていただくと共に、婦人会主催の親鸞聖人報恩講におまいりいただきました。有難うございました!

トピックス

アッチカ 宮田屋レンガ館cafeLIVE

去る12月14日、私と従兄弟(赤平市常照寺長男)とで活動しているデュオグループ「アッチカ」と他2バンド(ヤミロマ・アコースティックブルーJ)によるアコースティックライブを豊平区の宮田屋レンガ館cafeにて開催させていただきました。この度は3バンド出演ということで、時間も限られており、7曲の演奏でしたが、100名を越えるお客様に、大変喜んでいただけたようであります。

5月にも同会場にて開催させていただきましたが、難解な仏教用語をどう伝えるか?こんな悩みから始まった音楽活動も、普段のお寺を会場としたライヴから、そして今回のようにお寺とあまりご縁のない方々との大切な時間を過ごさせていただくために、カフェを会場としてお借りして行うライヴと進化して参りました。

今後も活動を続けていくと思いますが、何かこんな場所が良いんじゃない?とか、こんな歌が良いよなど、ご意見がありましたら教えてください。参考にさせていただきます。

宮田屋レンガ館cafeLIVE 楽曲リスト

①夢の翼         (オリジナル)
②Good-bye-day     (オリジナル)
③涙そうそう       (カバー)
④愛と風のように     (カバー)
⑤君は流れ星       (オリジナル)
⑥フクジュソウ~亡き君へ捧ぐ~(オリジナル)
⑦何処へ         (オリジナル)

法要

秋季永代読経会 平成25年11月28~30日

11月28・29・30日の三日間、「秋季永代読経会」をお勤めさせていただきました。今年は初日に雪が積もってしまい、参詣の人数が心配でしたが、雪に負けずに門信徒の皆さん、三日間足を運んでくださいました。

そもそもこの永代経法要には、平成14年に往生された私の祖父(母の父)赤平常照寺開基住職 佐々木重誓師(祖父)に毎年ご出向いただ いておりました。祖父がご往生されてからは三人のご子息がその跡をとってくださっております。

今年は初日に、篠路浄土寺 佐々木光明師(三男)二日目に赤平常照寺 佐々木重昭師(長男)、最終日に上幌向隆王寺 家郷宗隆師(次男)の順番でご法話を頂戴いたしました。三人それぞれに、身近なお話しから浄土真宗の永代経法要のいただき方をやさしくおとりつぎ下さいました。

三日間、お三方の御法話を聴聞させていただきましたが、今年ほど、兄弟なのにこんなに表現方法やいろいろなものへの感じ方って違うんだなぁと感じたことはありませんでした。

昔から三人のことをよく知って下さっているご門徒の方々も大変多くいらっしゃっており、ひじょうに和やかな中で三日間過ごさせていただいたことでございました。

初日(11月28日)

法要

たくさんの参詣でした

佐々木光明師

 

2日目(11月29日)

法要

たくさんの参詣でした

佐々木重昭師

 

3日目(11月30日)別志永代経開闢法要

最終日の30日には、今年度別志永代経志納者を対象とした開闢法要を併修させていただきました。大切な人とのつらい別れの縁を通して、永代にわたり、お念仏の教えが相続され、安楽寺が念仏の道場として栄えるようにと志しをお納めいただいた皆さんと共にお勤めさせていただきました。

別志永代経開闢法要を併修いたしました

家郷 宗隆師

最終日には繞鉢(にょうはち)を使用いたしました 繞(佐藤さん)・鉢(暉峻くん)

会中、熱心に御聴聞される門信徒の皆さんの姿がとても印象的でした。

 

ゼリー・お菓子、名物となりました栗と銀杏のお供え

集まったお米 御仏供米として大切にいただきます

永代経とは

本来は永代読経の意味で、寺院において故人の命日などに永代にまで読経することである。一般の寺院では春秋に期日を定めて永代経法要を行う。他宗では追善供養の為とされるが、浄土真宗では追慕とともに、自分自身がお法りを聞く機会として意味づけられている。