法要

秋季彼岸会 9月23日

去る9月23日、秋のお彼岸の御法要、「秋季彼岸会法要」がお勤まりになりました。今年も布教使には、美唄市茶志内 法王寺副住職 松山教宗師にご出向いただき、楽しいお話しの中に、浄土真宗の真髄をおとりつぎいただきました。

師はこの春に、郷土の市議会議員選挙に立候補し見事当選となり、ますますお寺さん以外の仕事が忙しくなってしまいましたが、この秋のお彼岸の法要には必ずご出向いただけるというお約束をいただいております。体調に気をつけて、躍進されますことを期待しております!!有難うございました。

(住職記)

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式

最終日は、「おあさじ」を午前7時30分よりお勤め致しました。報恩講の朝と親鸞聖人の御祥月命日にのみお勤めする「正信念仏偈 行譜」を朝早くからお集まり下さった門信徒の皆様とご一緒にお勤めいたしました。

おあさじ

おあさじ「正信念仏偈 行譜」をお勤め致しました

御文章「ご正忌章」拝読
拝読者 福井県 照護寺 吉田智道 師

お勤めの後に朝からエネルギッシュなご法話を頂戴致しました

 

法要後、皆さんお楽しみの安楽寺名物「朝食バイキング」と納豆汁をいただきました。朝早くおまいりされますといただけますよ。来年どうでしょうか? たくさんのおまいりをお待ちしております。

 

ご紹介が遅くなりましたが、今年の本堂のお飾り(お荘厳)は、御本尊が五具足で立華をたてていただきました。毎年総代の粟井さんを中心に立華をたてていただきますが、今年も立派なものをたてて下さり、御本尊の前を美しく飾ってくださいました。

打敷(三角の敷物)・水引(その下掛け)は親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要の時に新調いただいたものを今年は掛けさせていただきました。

お供物は立華、お仏飯はもちろんのこと、今年は三色餅、お菓子(羊羹・砂糖菓子・スナック菓子、キャンディー)、果物(赤リンゴ・青リンゴ)、をそれぞれにお供えいたしました。また富山県や岩内の親戚寺院からいただきますナシやスイカ、メロンなども毎年お供えさせていただいております。毎年どんなお飾りにしようかと楽しみながらお荘厳させていただいております。

 


御本尊のお荘厳

御代前荘厳

御開山前荘厳

左余間(当山歴代住職)荘厳

 

ご門徒の皆様からお預かりした御懇志は、このように帳場の皆様が手書きで記入され、ご掲示させていただいております。


午前11時より報恩講最後の御法要、満日中法要を当寺住職導師のもと、「宗祖讃仰作法」を依用しお勤めいたしました。

ご法中の皆様、御参詣の皆様、ご一緒に声を合わせ「宗祖讃仰作法」をお勤めし、 三日間お勤めさせていただいた報恩講最後のお勤めをさせていただきました。

最後の『御礼言上』にて法要が無事終了し、当寺を代表して住職・坊守・総代・婦人会から布教使様、ご法中の皆様へ御礼を申させていただきました。

この度、富山県からお越し下さった藤島先生には、父(前住職)の代には叶わなかったご縁を結ばせて頂き、役目を代わりに果たせた安堵感から涙致しました。これからも大切なご法体、ご自愛いただき、ますますのご活躍を願うばかりであります。有難うございました。

最後のおとりつぎをされる藤島先生

藤島先生に最後のおとりつぎをいただき、三日間、全九座にわたり浄土真宗の肝要なるところをお紐解きいただきました。本当に尊いご縁をいただけたこと感謝しております。有難うございました!


法要終了後、今年度の生前院号伝達式を執り行う予定ではありましたが、該当者である竹田静子様が体調不良のため欠席となり、伝達式は中止とさせていただきました。

最後に、報恩講ラリー(この報恩講を一度も欠かさずに参詣された皆様)を見事に完走された皆様に記念品をお贈り致しました。

報恩講ラリーを完走された皆さんです! おめでとうございました!!

翌日、藤島先生をお見送りし、今年の報恩講をまじなく勤めさせていただきました。門信徒の皆様には多方面のご協力、そして沢山のご参詣を賜りましたこと厚く御礼申し上げます。有難うございました!


最後におまけです。
法要期間中、至る所にお花が飾られていました。そのほとんどを総代の粟井さんが活けて下さっております。紙面を拝借し、その作品を掲載致します。

 

今年も三日間、私達浄土真宗の門徒にとって一番大切な仏事である報恩講、宗祖親鸞聖人のお徳を偲び、報恩の姿勢をあらわす大切なお講(集まり)を無事にお勤めすることが出来ました。今後も工夫を重ねて、初めてお寺を訪れた方々も気安くおまいりできるような空間作りを心がけていきたいと考えております。これからも多大なご尽力ご協力をお願いすると存じますが、年間で一番大切な行事です。安楽寺のご門徒ならば、お一人一座は必ずお詣りいたしましょう!

総代さん、世話人さん、そして婦人会の皆様には、大変篤いご協力をいただきました。心より感謝申し上げます。有難うございました。

(住職記)


報恩講とは

宗祖親鸞聖人への報恩のために、毎年、その忌日の六日前から忌日当日までの七昼夜にわたって営まれる仏事で、御正忌ともいう。現在京都のご本山では新暦により一月九日から十六日まで営まれております。

京都の本山、地方の別院(直属寺院)、そして一般寺院、近年、北海道では少なくなりましたが、ご門徒のお宅でもお勤めされるという、ひじょうに珍しい四層構造で営まれる仏事であります。

北海道は冬になると雪が降ってお詣りが大変ということもあり、夏から秋までの間に勤められるお寺が多く、また、年間の中で一番大きいお寺の仏事であり、参詣者の数も一番多い行事であります。当寺の日程は毎年九月五日~七日の三日間お勤め致しております。安楽寺のご門徒であるならば、お一人一座は必ずおまいりするようお願い致します。


宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日① 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日② 初逮夜法要・今年度当山門信徒物故者追悼法要・第一初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日① 呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要

ご法話終了後、夕方におときをいただき、午後6時より第二初夜法要「灯火のつどい」をお勤め致しました。このご法要は、親鸞聖人のお徳をお偲びさせていただくと共にこの1年間で大切な方を亡くされたご遺族の方々、そして一周忌・三回忌に該当するご門徒の方々にお声掛けさせていただき、亡き人を通し教えていただいた大切なこと一つひとつを確認させていただくために毎年盛大にお勤めさせていただいております。

今年も法要の最初に今年度物故者の皆様の在りし日のお姿をスクリーンで投影しお偲びさせて頂きました

法要の最初に総代長山根さん、副総代長持本さんに献灯を行っていただきました

今年もナレーターをお勤めいただいた十勝光心寺御住職様のナレーションにより「水あかり」そして「花あかり」のお供えをいただきました

 

まず、物故者ご遺族様に「水あかり」をお供えいただきました

そして次に、参詣者全員に、「花あかり」という灯火を亡き人への思いをたくしお供えいただきました。

 

参詣者全員のお供えにより美しく飾られた初夜法要荘厳壇

法要は「宗祖讃仰作法音楽法要」の和讃を皆さんとご一緒にご唱和いたしました

今年も導師の入堂に仏教讃歌を唄い、法要では雅楽の皆さんもご一緒に奏楽下さいました

宗祖讃仰作法音楽法要のご和讃を皆さんとご唱和いたしました

 

美しく飾られた荘厳壇の前で藤島先生にご法話をいただきました。大切な方を亡くされた方々がたいへん多く参詣されていることもあり、涙を流しながらご聴聞されているお姿がとても印象的でした。

おじいちゃんを亡くした田宮さんのお孫さんと住職の娘
二人共におじいちゃんがいなくて寂しいけどがんばりましょうね!


宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日① 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日② 初逮夜法要・今年度当山門信徒物故者追悼法要・第一初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日① 呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要

大逮夜法要

午後1時半より相焼香 江別市眞願寺御住職御導師のもと大逮夜法要をお勤めさせていただきました。

御導師をお勤めいただきました眞願寺御住職

昨年新設したプロジェクターとスクリーン
法要案内や御講師の案内などをその都度映写しました。今年も活躍してくれました

大逮夜法要は三日間のご法要のクライマックスと言って過言ではない程、大切な位置づけをされているご法要であります。相焼香の眞願寺様には、最高の法衣である七条袈裟を御着用いただき毎年御導師をお勤めいただいております。

大逮夜法要は「五會念仏作法(ごえねんぶつさほう)」を依用致しました。御本尊 阿弥陀如来様の周りをくるくると回り、花びらを模した華葩(ケハ)を撒き供え仏徳を讃嘆させていただきました

 

お寺さんがお経を読みながら御本尊の周りをくるくる器用に回っていると思われたかと思いますが、実は左の写真の手前で鉢を持っている石山 善住寺住職さんが鉦鼓(しょうこ)という打楽器を打って動作の合図をおくって下さっているのです。全て彼のコントロール下にある作法であり、ひじょうに責任重大なポジションを勤めてくれました(顔もいつになく真剣に見えますね)

大逮夜法要もたいへん大勢のおまいりをいただきました ありがとうございました

昨年に引き続き、この度の報恩講も総合司会を佐藤さんにお願いいたしました。法要の意義やお勤めする作法などを詳しくご説明いただき、参詣いただいた門信徒の皆様方、声を揃えて喜んでおられました。佐藤さん来年もよろしくお願いしますね。

そして、今年の大逮夜法要にかわいらしいお嬢さんがおまいりしてくれました。
川沿 寶流寺住職のご長女、柴田利夢(りむ)さんです。今年の夏に得度(とくど)され僧侶となられました。勉強を兼ねておまいりしてくださいました。有難うございました。

 

毎年法要終了後に、雅楽の音色で毎座ご法要を盛り立ててくださっている雅楽のメンバーひとり一人に近況報告などをしていただいております。これも大逮夜法要の楽しみの一つになっています。

 

雅楽を奏で、法要を盛り上げてくれた同期の仲間達、後輩達、今年も有難うございました
上段右から西区大念寺 久朗津さん、富山徳成寺 須加さん、福井瑞應寺 寶閣さん、富山妙宗寺 長岡さん、石狩信教寺 石田さん、下段右より新琴似浄光寺 青山さん、福井照護寺 吉田さん、石山善住寺 藤井さん


法要終了後に、藤島先生より二席にわたり、報恩講中日のご法話を頂戴いたしました。先生はイスに腰掛けられてお話しをされますが、これは、聞いてくださっているご門徒の皆さんと同じ目線となって、様々なことを感じ取りたいという思いから生まれたスタイルだそうで、またまた先生の奥の深さをあらためて感じさせていただいたことでありました。


宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日① 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日② 初逮夜法要・今年度当山門信徒物故者追悼法要・第一初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日① 呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日①

中日は今年も昨年同様に朝から晴天となり、気持ちの良い初秋らしい気候となりました。総代さん、世話人さん、婦人会の皆さんは朝早くからお集まり下さり法要の準備をして下さいました。合間に、「良い天気になったねえ」という声が聞こえ、大変嬉しく思いながら私も準備をさせていただきました。

晴天に恵まれ本堂も綺麗に見えました

参道もくっきり浮き出て綺麗でした

厨房は朝から活気にあふれていました

 

お昼少し前から、おまいりされる皆さんがお越しになり、二日目も呈茶接待(抹茶の接待)をおこないました!
今年は「かしまし娘」ではありませんが、ご門徒の為久さんのお孫さんの山田埜乃椛(ののか)ちゃんと妹の捺椛(なちか)ちゃん、そして住職の娘の寧々の三人で、お越しいただいたご門徒の皆様をお迎えし、呈茶接待のお手伝いいただきました。みんなどうもありがとう!

三人ともノリノリで、「いらっしゃいませ~」と言って、ご門徒の皆さんをお迎えしてくれました

お揃いのコスチュームでピース! 来年もヨロシクね!

二日目も呈茶接待のお手伝いをいただきました粟井社中の佐藤亜実さんです。ありがとうございました!

接待の最中に布教使様の藤島先生があらわれ、お茶を一服した後に、「実は私も心得がありまして」と、お茶をたててくださいました。

 

 

 

 

 

先生は藪内流(古来より本願寺と縁を持つ流派)でのご経験があり、「久しぶりや」といいながらたててくださいました。先生いわく、「お若い人は関節が柔らかいから、きめの細かい泡がたっておいしいんです」とのことでした。先生のお茶を頂戴した総代の持本さん、どんなお味でしたでしょうか?

外では、今年の報恩講の日程が土日と重なりましたので、ひょっとしたらこども達がおまいりに来てくれるかなと思い、スーパーボールすくいや、ヨーヨー釣りを用意しておりました。

そこに後輩の浄光寺住職青山君ご家族がおまいりに来てくれました。

やはりこども達には好評だったみたいで、「キャッキャッ」と言いながら楽しく遊んでくれました。
小さいお子さんがいる法中さんも、法要終了後にお土産でお持ち帰り下さいました。

その頃厨房は、お昼のおときに向けて、最終準備中でした。本当に大変なご奉仕で恐縮です。
ありがとうございました!

おときの準備が落ち着いたところでパチリ。今年の年当番の「小野幌地区」のきれいどころです。(厚西の尾形さんもいらしゃいましたね)
ありがとうございました!!

中日もたくさんのご門徒が足を運ばれ、おいしくおときをいただきました


宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日① 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日② 初逮夜法要・今年度当山門信徒物故者追悼法要・第一初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日① 呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日②

初逮夜法要

昨年から、初逮夜法要で門信徒を代表し、総代さん、婦人会会長、そして坊守、若坊守に親鸞聖人の御影前に蝋燭の光、お花、お香、仏飯を順にお供え頂く伝供(てんぐ)という作法を用いて報恩講の一番最初のご法要をお勤めさせていただきました。

総代の持本さん、水口さんにお光りをお供え頂きました

ご出勤賜りましたご法中の皆様にもお手伝いいただきました

坊守、若坊守にお花をお供え頂きました(娘の運びかたがおもしろいですね)

総代の粟井さんにお香をお供え頂きました

そして仏教婦人会会長竹内さんに大仏飯をお供え頂きました

初逮夜から大勢のおまいりをいただきました。有難うございました!

初逮夜法要

御導師 円山 見真寺御住職様

円山 見真寺御住職様御導師のもと十二礼作法を依用して初逮夜法要がお勤まりになりました。

今年度当山門信徒物故者追悼法要

仏様の周りをくるくる回りながらお勤めをする「行道(ぎょうどう)」という作法を用いて、仏様を讃嘆させていただきました

ご遺族の皆様には、参詣者を代表して、お焼香をいただきました。悲しいお別れのご縁を通して気づかされた大切なことを確認されながらのおまいりであったと思います。

全てのご遺族を撮りきれませんでしたが、多くの方々に御参詣、御焼香を賜りました。有り難うございました。

布教使 藤島 秀天 師
(富山市 勝福寺御住職)

先生の熱心なおとりつぎを真剣に聞かせていただいているご門徒の皆様

第一初夜法要

午後6時より第1初夜のお勤めをさせていただきました。毎年親鸞聖人がご自身のお手本としてインド、中国、日本の高僧の中から七人の方々を選び抜かれ「七高僧」と崇め敬われた方々がいらっしゃいます。その中の中国の善導大師様がお作りになりました「往生礼讃 日没偈」をご門徒の皆様とご一緒にお勤めさせていただきました。

導師には石狩 信教寺石田えり子さんがお勤め下さいました。後日談ですが、ほとんどのご門徒さんが初めて聞く女性の声明にうっとりして聞き入っていたそうです。有難うございました。終了後ご法話を一席頂戴し初日のプログラムを終了いたしました。

御導師 信教寺 石田えり子さん

第一初夜法要


宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日① 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日② 初逮夜法要・今年度当山門信徒物故者追悼法要・第一初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日① 呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式

法要

宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日①

去る9月5~7日の日程で、当寺の年間最大仏事になります「宗祖親鸞聖人報恩講」を今年も三日間にわたり有縁のご法中の皆様、そして門信徒の皆様とお勤めさせていただきました。

今年は父(前住職)の代から念願であった富山の藤島秀天師(勝福寺住職)に御出向いただくことが出来ました。寺内はもちろんのこと、総代さん、世話人さん、婦人会の皆さん、そして御参詣賜りました多くの門信徒の皆様方が大変喜んでおられた姿を見て、本当に有り難いご縁をいただけたなあとホッとしております。

今年も準備から法要終了まで、多くのご門徒のご協力、そして関係者ご一同に支えられながらの報恩講でありました。

今号も写真を多く掲載し、分かりやすく報恩講の雰囲気をお伝えします!どうぞご覧下さい!!

9月5日 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき

今年度報恩講布教使 藤島 秀天 師

初日は朝から厚別幼稚園・第2あつべつ幼稚園のかわいい園児達が親鸞聖人のおまいりに来てくれました。「花あかり」というともしびを一人ずつお供えし、仏様の前をキレイにお飾りし、おまいりがはじまりました。
布教使の藤島秀天先生からとても分かりやすいお話しをいただきました。先生も過去に幼稚園を運営されており、懐かしいお話しを交えてのご法話をいただきました。

まずはお花をお供えします 花が崩れないように一生懸命運んでくれました

園児全員による「花あかり」のお供え

園児全員による「花あかり」のお供え

みんなでおまいりしました

園児代表による「四つのおやくそく」唱和

一生懸命唄ってくれていましたね

先生のおはなしを一生懸命に聞くこども達

 

優しい眼差しでこども達に語りかけてくれました

 

 

 

おまいりの最後に順番にお焼香を致しました

総代さん・世話人さんからお土産をいただき園児参拝が終了いたしました

毎年、厚別幼稚園、第2あつべつ幼稚園の年長クラスのこどもたちに報恩講記念作品として、貼り絵を作成してもらっています。今年は親鸞聖人ご剃髪のお姿でした。

今年度の幼稚園児作品とこどもたち

なかなか上手でしょ

お昼が近づくにつれ、参詣される門信徒の皆様がぞくぞくとお集まりになってこられました。

まずは一服ということで、呈茶接待会場でお抹茶をいただいてもらいました。

毎年開催しております。作法等は気にせず、おいしくお抹茶をお召し上がり下さい。

裏方さんは大変でした。ご協力感謝します!

今回お手伝いをいただきました粟井社中の佐藤亜実さんです。
現在高校生で、小学校3年生から粟井さんのところでお稽古されているそうです。
ありがとうございました!
画像右:呈茶接待会場

まかない担当の婦人会の皆さんは大忙しです!
なんといっても三日間で約千食分のおときを用意するんですから大変です!

 

帳場(受付)も慌ただしくなって参りました!
ご案内も含め、いろいろと雑務をこなしていただき有難うございました!

ちょうど正午となり、法要前に皆さんご一緒におときを食べていただきました。

満員のおとき会場(1階ホール)

おときはサッパリとしたちらしでした

呈茶接待会場


宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日① 幼稚園児参拝・呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月5日② 初逮夜法要・今年度当山門信徒物故者追悼法要・第一初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日① 呈茶接待・おとき
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日② 大逮夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月6日③ 第二初夜法要
宗祖親鸞聖人報恩講 9月7日 おあさじ・満日中法要・院号伝達式