トピックス

興徳山 乗善寺様 開教100年記念慶讃法要 10月24日

去る10月24日、隣町、白石の興徳山 乗善寺様が開教100年という大きなる節目をお迎えされました。父の時代から大変長い間、会奉行として乗善寺様のご法要のお手伝いをさせていただいておりますが、私自身もこのご勝縁に遇えた慶びは量り知れないものがありました。

乗善寺開基住職様の記録によりますと、大正3年頃にこの白石村に多数おられた本願寺派のご門徒が、聞法の場を求め、当寺の西本願寺別院輪番、長尾雲龍師に願い出て、大正4年4月に現在の境内地を北川作吉氏よりご寄進いただき、同年7月に「西本願寺白石説教所」として開設をされたのがはじまりであります。昭和18年2月に寺号公称認可となり、「乗善寺」というお念仏の道場が誕生したのであります。

現在では、ご法要の度に満堂となるお寺、そして多くの篤信のご門徒をお育てになっておられます。

開教以来百星霜、幾多の辛酸を嘗め、今日のこの繁昌は歴代住職、坊守のご努力、御教化はもとより、お寺をお支え下さった多くの門信徒のおかげと、頭が下がるばかりであります。今後もお念仏によって支えられ、励まされ、お念仏に結ばれる心の絆を大切に、門信徒一丸となって、お念仏の相続、護寺発展に力を注がれることを願うばかりであります。この度は誠におめでとうございました!!

(住職記)

昭和16年頃の乗善寺様本堂伽藍

美しく飾られた本堂内陣

この度の記念事業で綺麗に整備されました

ご出勤前のご法中の皆様 (天気がいまいちで残念でしたね)

祝賀会にてご挨拶される
乗善寺住職 藤田善昭 師

 
トピックス

本願寺札幌別院報恩講・帰敬式 10月15日

去る10月15日、本願寺札幌別院報恩講にて帰敬式が修行されました。本願寺から近松照俊師が御出向され、御導師をお勤めされました。

当寺からは、寺林さん、加藤さん、佐々木さんの三名が受式されました。

受式前に係から説明を聞かれるお三方

御導師 近松 照俊 師

 

帰敬式、説明会を終え、ホッとした表情のお三方(右から佐々木さん、寺林さん、加藤さん)
お疲れ様でした!そしておめでとうございます!

トピックス

本願寺小樽別院報恩講参拝 10月14日

昨年に引き続き今年も10月4日に本願寺小樽別院の宗祖親鸞聖人報恩講に婦人会の皆様と参詣させていただきました。

今回も目的は、本願寺小樽別院の報恩講で荘厳(お飾り)されますお花です!ホントに「見事!」という言葉しか見あたらないほど、凄いんです!

昨年行かれなかった会員の皆様方に一度実際に見てもらいたいなあと思い、再び実現いたしました。
 今年は天候にも恵まれ快晴でした。お寺に到着後すぐに本堂の前で記念撮影をし、婦人会の皆様からおとき(カレーライス)の接待をいただきました。食事をいただいた後、本堂内陣の見学をさせていただきました。

本堂に入り、すぐに目に入ってくるのが、お供えされているお花の豪華さでした。まずご覧下さい!!

今年も小樽別院の劇的な歴史、立派な本堂、そして見事な荘厳に圧倒された一日でした。

帰りにカマボコをお土産に購入し、帰路につきました。また来年もおまいりしてみたいという方がいらっしゃいましたらお声掛け下さい。このような機会を作りたいと思います。

おまいりいただきました婦人会の皆さん、有難うございました。

(住職記)

本願寺小樽別院

小樽別院本堂

お供物(右から餅・落雁・松風・みかん)も凄いんです

 

 

おときで美味しいカレーをいただきました

御本尊お荘厳

蓮如上人御影前

親鸞聖人御影前(真向きの御影)

法要には讃嘆衆として出勤させていただきました

職員さんから詳細なご説明をいただきました

トピックス

アッチカ活動報告! 10月10日

去る10月10日、滝川市にある太郎吉蔵という昔の酒蔵を改装して、芸術的なことを催す施設がございます。そこで「OVER THE LIMIT LIVE」というライヴイベントが二日間で20バンドを集めて開催されました。
当寺住職と従兄弟である赤平 常照寺 佐々木重厚くんと活動しているデュオグループ「アッチカ」にお誘いをいただき、参加させてもらいました。

とても雰囲気のある会場で、音の響きが何ともいえない良さがあり、気持ちよく唄わせてもらいました。お客様は全くお寺と関係のない人達ばかりだったので、緊張しましたが、音楽好きの方が多かったようで、皆さんじっくり聞いていただけたようでした。
出番後、見知らぬご婦人からお声を掛けていただき、「お寺さんなんですってねえ、感動しました。このような活動を是非続けて下さい」とのお言葉をいただき、励まされました。今後も難解な仏教用語を使わない方法を模索しながら頑張っていきたいと思います。応援宜しくお願いします!!