トピックス

アッチカLIVE報告!!

従兄弟の佐々木重厚(赤平 常照寺)くんと一緒に、仏教の大切なところを難解な用語を用いないで心に響かせる手法として音楽を取り入れ活動している「アッチカ」ですが、今年も上半期、いろいろな場所でいろんな方と出会いをいただきながら、躍動させていただきました!

そらちミュージックアワー

まず2月に、砂川で「そらちミュージックアワー」というラジオ番組の企画でライヴが行われました。今回はおもしろい構成で、ホールとロビーで二回演奏し、お越しいただいた皆さんを飽きさせない構成となっておりました。こちらは結構忙しかったですが・・・。

空知は音楽好きな方が多くレベルも高いと昔から言われているのですが、その通り実力派ばかりでありました。ホールでの演奏が終わった後、数名から名刺を頂戴し、また機会がありましたらとお声かけいただき、ちょっとうれしかったです。昨年10月に滝川でライヴをやったときにお越し下さったご婦人も、どこで情報が入ったのかは分かりませんが、今回も来てくれていました。「お寺さんがこういう風に表現するのはすばらしいと思う。」とお声かけ下さいました。またまたうれしかったです。

富山別院三法要記念ライヴツアー

3月には、とうとう道外に行きましたよ!富山県からお誘いをいただきました。

「富山別院三法要記念ライヴツアー」という企画で、親鸞聖人750回大遠忌、別院開創130周年、本堂再建50周年の三大法要に際し、私の先輩が中心となり、教区内若手僧侶がバンドを組み、組内を約3ヶ月まわるツアーを行い、三大法要の為に力を尽くされました。その一端を「アッチカ」がお手伝いをさせていただくということで、富山教区婦負西組さんと同じく立山組さんの二つを任せられました。

婦負西組でお世話になったのはこちらの妙宗寺さんです。とても古いお寺さんで、下の写真にもありますが、開基が1307年という大変歴史のあるお寺さんです。実は若さんが、うちの報恩講に毎年来て下さっている長岡くんという方なんですが、こんなに歴史のあるお寺の若さんとは知らずに、非礼な態度を取っていたなと反省させられました。(なんちゃって)

最初は、「真宗王国」と呼ばれる富山の地で、こんな若造が阿弥陀様の前で普通の格好で歌を唄うということが受け入れていただけるのか不安でたまりませんでしたが、富山のご親戚寺院の皆様が、どこで聞いたのか、大勢駆けつけてくれたことと、聞いて下さるご門徒さんはじめ関係者の皆様方の温かいお心持ちで、本当に安心して唄うことが出来ました。どれだけ大切なことをお伝え出来たかは分かりませんが、ひじょうに良い空気感の中で時間を過ごすことが出来ました。

考えてみますと、北海道に渡ってこられた方々、特に富山県のご門徒が多いわけで、この厚別でも、小野幌地区は昔々は越中山と呼ばれ、特に富山県出身の方々が多い在所でありました。私の父方の祖母も富山の出身で、好んでその越中山におられた富山県出身のご門徒さんのお宅にお邪魔していたようです。一回遊びに行くと3日は帰ってこなかったとよく聞かせられました。今の時代のように飛行機でビューッと飛べるわけでもないし、きっと故郷を思いながら過ごされていたんだろうなあと回想致します。

立山連峰 凄いでしょ! 壁みたいでした!

熱唱するアッチカ

次の日、立山組の善入寺さんにてライヴを行いました。こちらの住職さんも音楽好きで、趣味が高じて、自作の凄いスピーカーがあるとお聞きし、図々しくもその大切なスピーカーがあるお部屋をぞろぞろと見せていただきました。

同行していただいたギター担当の柴田さん(川沿 寶流寺住職)が180cmを超える身長ですので、相当大きかったです。一本の木をくり抜いて作られたようです。驚きました!

こちらも昨日と引き続き、温かい空気(本堂は寒かったです)に包まれ、門信徒の皆様と大変良い時間を過ごせました。

本当に意義深いご縁でありました。また何かこんな企画があれば是非ともご協力させていただきいと思いながら帰路につきました。

下の写真は修復された本願寺富山別院です。秋に開催する伝灯奉告法要記念第1団体参拝旅行で訪れ、おまいりさせていただく予定です。是非、富山県にご先祖を持つ方々、ご一緒に参りましょう!!

これが今回のもう一つの目玉「竹あかり」です。熊本の芸術集団が協力してくれたそうです。

本願寺富山別院

僕の歌は君の歌

続いて、4月には、アルテピアッツァ美唄という、廃校になった学校を利用した施設で、「僕の歌は君の歌」というタイトルの音楽企画にお誘いを受け、1ゲスト3バンドでライヴを行いました。これはお寺とは全く関係のない人たちの集まりで、かなり緊張しましたが、会場の良い雰囲気に助けられ風邪気味だったのを忘れ、気持ちよく唄うことが出来ました。

いつも助けて下さっているメンバーです(pa佐藤 匠くん pi佐々木重昭さん eg佐藤俊嗣さん ag柴田範尚さん)

十勝組士幌線支部仏教婦人研修大会

6月に入り再び御寺院様での機会をいただきました。まず十勝組士幌線支部仏教婦人研修大会にお招きいただきました。会場となった浄信寺様は以前よりオファーをいただいており、この度実現の運びとなりました。お寺の場所はだいたい調べておりましたが、音更のインターチェンジを降り、農道を行けども行けどもお寺が現れず、不安になったところに、めちゃめちゃ立派な本堂伽藍が現れました。当日は少し霧というかモヤがかかり、余計不安に感じたんだと思いますが、畑のど真ん中に超立派なお寺さんがあって、十勝らしい風景だなあと正直感心致しました。住職さんをはじめご門徒の皆様の厚いご協力のもと、一昨年に再建されたとお聞かせいただきました。ご法話コンサートということで、今回はお話を長めでセットしたのですが、思わずしゃべりすぎて、時間超過しないかハラハラで進めさせていただきました。

十勝組の仏教婦人大会はちょうど農家さんが忙しい時期を過ぎ、時間が出来る頃にいつも予定をされております。前回お招きいただいた広尾線支部もちょうどこの頃でした。歴史が古く、もう50回以上開催をされている歴史のある大会です。先ほども述べましたが今回はご法話コンサートということで、午前午後の二部構成で行い、たっぷりと歌とご法話に酔いしれていただけたような気がしております。選曲も美空ひばりさんや中高年のご婦人がご一緒に唄っていただける歌を選曲致しましたので、喜んで下さいました。また、ご縁がありましたら、ご一緒に唄いたいと思います。ありがとうございました!!

 

いつもに増してしゃべりましたね~おじさん

 

熱唱するアッチカのあっちゃん!

お世話になりました浄信寺の皆さんと一緒に

平岸大乗寺様

6月の最後、平岸大乗寺様の報恩講初夜法要の後にミニコンサートを開催致しました。今回は追悼法要の後ということで、しっとりめの曲をセットして、皆様と共に大切な方々をお偲びさせていただきました。

大乗寺様は日頃から親しくさせていただき、アッチカも3度目のご縁ということで、とても和やかな雰囲気の中で、唄わせていただくことが出来ました。またご縁がありましたらよろしくお願い致します。

ということで上半期、怒濤のように時間が流れましたが、一旦、アッチカの活動はお休みとして、お盆、報恩講のシーズンに入っていきます。本当に一年って早いですね。

お疲れ様でした。

(住職記)

読みもの

教え tell me – vol.13 初盆を迎えて

気がつけば今年もあっという間に半年が過ぎ、お盆を迎える時期がやってまいりました。5月6月は北海道でも雨風が強い日が続き、体調など崩された方が多かったのではないでしょうか?私の実家九州も雨による被害が続き、記録的な豪雨に見舞われた方が多くおられたかと思います。被害に遭われた皆様方へ心よりお見舞い申し上げます。

さて、今年は初盆を迎えるのだけれども、どのようにすればいいのだろう?と悩んでおられる方も多いのではないでしょうか?私事ではありますが、私も昨年11月4日に大正4年生まれの祖母を亡くし、初盆を迎える立場にあります。葬儀の際、私の父が門徒の皆様に申したお話をご紹介致します。

(以下、私の父の話)

母が危篤であると言われたのが10月25日のことでした。年齢的なことを考えれば、こういう日が来るのは当然のことと覚悟してはおったんですがやっぱり寂しいものです。ただその当時、私の弟の長男が11月初めに結婚式をひかえておったところに母危篤の知らせが家族親戚に知れ渡ったものですから、参加をひかえさせていただくかもしれない、と次々に連絡が来たそうです。それを聞いて私は母の枕元で「かあちゃん康信の結婚式があるんじゃけど、もう少しだけ頑張ってくれんかなあ」と言い、親戚には10月30日まで母が生きておってくれたなら、どうか皆さん結婚式に参加してあげてくださいとだけ伝えた。すると不思議なことに母の体調が一時的に安定し、結果的に私を含めた親戚の皆で康信の結婚式を祝ってあげることができました。結婚式が終わって母の元に戻るとすぐに、「無事に康信の結婚式をあげることができたよ。かあちゃん、ありがとう」と伝えたその日の晩、深夜に母は息を引き取りました。偶然かもしれません。けど私は、母が康信の結婚式のために頑張っておってくれたんだなあと、いくつになっても親というのは本当にありがたいものだなあと頭が下がる思いで手を合わさせていただきました。と(以上が父のお話です)

浄土真宗で迎えるお盆は、亡くなられた方の歩んで来られた道を思いだし訪ねたとき、私がこれまでどう生きてきたのか?これからどう生きていくのかを真剣に考える日なのだなあと教えられます。 やがて必ずいのちを終わっていかなければならない私が、なぜ生きるのか、生きていかねばならないのか、人生の根本問題を知らされてこそ、お盆の本当の意味があるのではないでしょうか。

合 掌

読みもの

満中陰が三月(みつき)にわたるとダメ?…中陰と迷信

死亡日から数えて七日目を初七日(しょなのか)、次の七日目を二七日(ふたなのか)、以後三七日(みなのか)…というように、七日ごとに務める法要を中陰法要と言い、最後の七七日(四十九日)は満中陰(中陰が満つる)として、特に丁重にお勤めするならわしになっています。

もっとも、地域によって命日の前日(逮夜・たいや)から七日ごとに勤めるところもあり、日取りについてはお寺におたずねください。

こうして勤める中陰法要は、けっして追善の、また冥福を祈るためのものではありません。肉親の死を目の当たりにした悲しみの中から、個人の遺徳を偲ぶとともに、これを縁として“私”の人生の確かな拠り所となってくださるお念仏の教えを聞き、阿弥陀如来様への報謝の念を深めるための仏事です。

言いかえると、中陰法要の一回一回が“私”にとっての貴重な仏縁であるわけです。心して法要に臨んでいただきたいものです。ご住職の法話には特に耳を傾けていただきたいものです。

ところが、この中陰に関して「四十九日が三ヶ月にわたるといけない」という迷信が広くゆきわたっており、三ヶ月にわたる前に満中陰を済ませる方が増えてきています。

たとえば五七日(いつなのか・三十五日)に満中陰法要をしたり、場合によっては三十五日以前の日曜日に早々と済ませたりします。考えてみれば、月の後半に亡くなると四十九日目が三ヶ月にわたるのは当然で、むしろ三ヶ月にわたることの方が多いくらいです。

どうして「四十九日が三ヶ月にわたるといけない」と思うのかと言えば「始終苦(しじゅうく・四十九)が身につく(みにつく・三月・みつき)」からだというのです。語呂合わせの迷信そのものでしょう。

そういう語呂合わせを気にして日を変えるようでは、何のための法要かわからなくなってしまいます。決められた中陰の日でないと絶対にだめだとはもうしませんが、迷信によって日を変更したり、振り回されたりはしないでください。せっかくの仏縁です。大切にしましょう。

ポイント
◎死後四十九日間を中陰と言い、四十九日目を満中陰という。
◎「満中陰が三ヶ月にわたるといけない」というのは迷信。
読みもの

ほとけさまの歌「仏教讃歌」 vol.2

前住職さんと仏教讃歌 たとひ大千世界に

今年も和楽院釋徹之法師、前住職さんの祥月命日法要が7月24日にお勤めされました。

前住職さんはお元気であった頃、京都龍谷大学男声合唱団の後輩達を5年に一度北海道に呼び寄せ、札幌をはじめ道内各地で仏教讃歌の伝道と普及を目的とした演奏会の開催に力を注がれておりました。

前住職さんは後輩達が来るたびに、毎回決まって「先ずは」と言ってリクエストする曲が仏教讃歌「たとひ大千世界に」でありました。

この曲は親鸞聖人のご和讃(浄土和讃)のひとつを清水脩さんが作曲して下さったもので、私たち人間社会の我欲と迷いの争いの中に、み仏のおしえを信ずるものは、永遠の救いの中に生きられるという親鸞聖人の信仰の悦びを表したものであります。

前住職さんはこの大好きだった「たとひ大千世界に」を先にお浄土に往かれた仲間と友に声高らかに歌われておられることと思うことでございます。

合掌
安楽寺女声合唱団シャンティ四季社
佐藤卓見

たとひ大千世界に

親鸞聖人浄土和讃より
清水脩作曲

たとひ大千世界に みてらん火をも過ぎゆきて
仏のみ名を聞く人は ながく不退にかなふなり

読みもの

「やすらぎ」40号発刊にあたり

02-01

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

寺報「やすらぎ」第40号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。 さて、いよいよ来る10月1日より明年5月31日まで一日一座80日間にわたり、京都ご本山西本願寺にて、本願寺第25代専如門主伝灯奉告法要が厳修されます。当寺では既に御配布させていただきました通り、このご勝縁に遇わせて、今年の11月18日(金)~11月21日(月)の日程で第1団体参拝旅行として伝灯奉告法要参拝を含めた北陸方面の旅行、そして明年3月26日(日)~29日(水)の日程で第2団体参拝旅行として伝灯奉告法要参拝を含めた関西方面(希望プラン付き)の旅行を計画しております。どうぞ、新しい御門主様の誕生を皆さんと、京都の地でお祝い致したいと思いますので、たくさんの御参加、御参拝を期待しております。尚、近年のお寺の旅行に際し、親子でご参加下さったり、本州に居住しておられる息子さん、娘さんと途中で合流して、一緒に行程を楽しむという方々も増えております。出来るだけご要望にお応えしたいと考えておりますので、お気軽にお寺にご相談下さい。

時の経つのは本当に早いもので、もうお盆を迎えるという時節となりました。今年も、叔父や法務員さんにお手伝いをいただき、8月11日まで門信徒の皆様のお宅へお盆参詣をさせていただきます。例年通り、12日の午前中に役員総会を開催し、お昼頃に役員総出で里塚の安楽寺六角堂へお詣りさせていただきます。13日から16日の午前中まで、納骨堂にお詣りされる皆様と共に先人をお偲びさせていただきます。16日の午後1時よりお盆の締めくくりとして命日講に併せて「盂蘭盆会(うらぼんえ)」のお勤めを致します。大切な方を亡くされてから初めてのお盆をお迎えされるご遺族の皆様には、大切な御法縁となることと思います。是非とも御参詣いただきますようご案内申し上げます。

お盆という大切な仏教週間、先人を偲びながら、ここまでの自分の人生の歩みを振り返り、戴いたたった一つの「いのち」の姿をあらためて見つめさせて頂くのが私たち浄土真宗の門徒として、頂くお盆の姿でありましょう。共々に、このお盆を通して、大切なことに気づかされ、ほとけさまの願いにふれさせて頂きたいと思うことでございます。

合 掌

写真

おもしろフォト vol.12

待て~!(宗祖降誕会にて)

バア~(まだ元気でしたね)

数分後こうなりました!

こちらも寝落ちしましたzzz

いつも私のことを泣き虫と馬鹿にするので載せてやりました
結構 感極まって泣くんですよね この人↑

写真を撮るから男らしく食べろというとこんな感じでした 男らしいですか?
(本人曰く猫舌らしいです 大事にされたんですね~)

ビンゴゲームで景品が当たりこんな顔 テレ隠しですかね

へん顔して~というと二人でこんな顔してました

トピックス

やすらぎ健康講座開講 5月25日・7月6日

すでにご案内をお送りさせていただいておりますが、今年から厚別区介護予防センター厚別中央・青葉さんとタイアップし、お寺で「やすらぎ健康講座」と題して年間4回にわたり開催致します。以前、健康促進の為にヨガ教室などを開講しておりましたことを介護センターの門前さんという方がどちらかでお聞きになって、お寺をお訪ね下さいました。そのときの門前さんのニッコリ笑顔にやられまして、今回の運びとなりました。介護の現場におられる方は本当に大変です。しかし、門前さんの笑顔をみたらきっと患者さん心が和むんじゃないかなあと一瞬で感じさせるような方です。以後お見知りおきをお願いします。

この度お話を伺ってからすぐにアンケート調査を行いましたが、ダントツで「どうすれば認知症の発症を遅らせることが出来ますか?」というご意見が多かったこともあり、認知症を中心に講座を開くことになりました。そもそも開座に至るまで、一番惹かれたことは、「なるべく人の手を借りずに、なるべく介護のお世話になるのを遅らせる」という前向きな介護センターの考え方でありました。浄土真宗のみ教えをいただく中で、この一度きりの人生を悔いなく歩むことがもっとも大切なことと、私はいただいております。その思いと、今回介護センターが投げかけて下さった思いと合致致しまして、お話がトントン拍子で進んでいった次第でございます。

5月25日の第1回目は「認知症の予防について」7月6日の第2回目は「認知症のケアについて」ということでお時間をいただきました。これから10月19日、明年の3月15日に第3回目、第4回目を予定しております。いずれも水曜日の午後1時30分から3時までとなっております。門信徒の皆様の他にも町内の回覧板、地域新聞に情報が掲載されておりますのでご確認をお願い致します。現在、門信徒の皆様より地域の方々の参加が多いです。どうぞご遠慮なく足を運んでみて下さい。安楽寺は拓かれたお寺を目指しています。お寺は地域のコミュニティセンターでなければならないと日頃から感じておりますし、昔はそういう姿でしたよね。微力ですが、皆様のお力をお借りして精進して参ります。今後ともどうぞよろしくお願い致します。   合 掌

(住職記)

介護センターの門前さん

「やすらぎ健康講座」今後の予定

第3回目 10月19日(水)
第4回目  明年 3月15日(水)
※参加費は無料です。いずれも午後1時30分から午後3時までです。
今からご予定にいれて、お誘い合わせの上お越し下さい!