読みもの

ほとけさまの歌 vol.5

「仏教讃歌の伝道・普及活動報告」


安楽寺女声合唱団「シャンティ」
佐藤卓見

 今年もあと僅かになりましたが、「シャンティ」は仏教讃歌のすばらしさをひとりでも多くの方々にあじわっていただこうと、次のような3つのイベントに参加させていただきました。

12月2日(土)

 安楽寺と、ご縁の深い江別市眞願寺さんの仏教婦人会結成100周年記念法要にお招きをいただき、「重誓偈作法」による音楽法要のあと、本堂にお集まりの皆さんの前で、団員27名それぞれが緊張の中、ステージで仏教讃歌を歌わせていただきました。

婦人会の記念行事ということで坊守さんが御導師をお勤めになられました

100年をお祝いし沢山のおまいりでした

緊張した面持ちでしたが、2曲3曲と唄っていく中で緊張もほぐれすばらしいステージでした

 

祝賀会も催され、盛大な100周年のお祝いでございました。おめでとうございます!

12月8日(金)

 北海道教区が主体となって「数多くある仏教讃歌を道内の門信徒の皆さんと共に合唱し、お念仏が広まっていくことを目的」とした「御堂演奏会」が、中央区の本願寺札幌別院で開催されました。
 当日は、札幌をはじめ全道各地から41団体、約400名の方々が集まり、山本徹浄先生指揮の下、「宗祖讃仰作法」による音楽法要ならびに仏教讃歌「ひかりあふれて」ほか4曲が大合唱されました。また、仏教讃歌には1曲ずつ法話が語られました。

初めての開催でしたが400名を超える方々が大雪の中、道内各地よりご参集になり、盛大な御堂演奏会になりました

指揮、監修を担当された空知北組 常楽寺 住職 山本徹浄師

全道各地から特に女性の方が多くご参集されました

ご主人を亡くしまだ日が浅い団員の伊藤愛子さん仏教讃歌に感動し唄いながら涙が流れてきたそうです。よく分かりますその気持ち・・・

12月16日(土)

 安楽寺仏教婦人会報恩講が、毎年12月16日午後1時から音楽法要形式でお勤めされておりますが、今年は午前11時から「シャンティ発表会」として婦人会会員のほか、団員のご家族、知人の方々の前で歌わせていただきました。
 第一部では、仏教讃歌「のんのさま」「しんらんさま」「念仏」ほか数曲を披露し、第二部では、讃歌された方々と「童謡」「昔なじみのうた」などを一緒に歌い大いに盛り上がりました。

読みもの

教え tell me – vol.16 年末を迎えて

月日の経つのは早いもので、2017年もまもなく終わりを迎えます。ちょうど今頃、今年はどんな1年だったかなと、ゆっくり大晦日の特番を見ながら振り返る人も少なくないのではないかと思います。

さて、年末といえば「流行語大賞」があります。この1年に生まれたさまざまな流行語のなかで、特に世相を賑わせた表現なのですが、今年は「インスタ映え」「忖度」「共謀罪」「うんこ漢字ドリル」「ワンオペ育児」と候補がたくさんあり、いったいどれが選ばれるんだろうと思っていたところ…「インスタ映え」と「忖度」の2つが選ばれました。

「忖度」は、相手の気持ちをおしはかること。推察する。と国会でも使われていた言葉なので、なるほど!私も住職さんや佐藤さんに忖度しまくりだなあ!と思いましたが、「インスタ映え」と聞いたときに何のことやら?と思ったので調べてみたところ、有名人や一般人があちこち色々な所に行き写真を撮ってネット上に掲載した時に、その写真がすごく見映えがする、おしゃれに見える、つまり大勢の人たちが見た時に「それいいね!」と言ってもらえる写真のことを「インスタ映え」と言うらしいのです。

ただ、この「インスタ映え」には大きな問題がひとつあります。それは投稿者がどんな人物で、どんな生活を送り、何をしているかという人物像を作りあげることに必死になりすぎてしまうことが多々あるということです。たとえば、見た目の良い食べ物を購入し、撮影後食べずに捨ててしまう。ふたりで生活しているよう見せるため二人分の食事を注文し残してしまう、バッグや人気のグッズを購入し撮影後すぐに売ってしまう。立入禁止の場所や危険な場所で見栄えする写真を撮ろうとする。

こういった行動は、「食べ物やものを大切にする」ことへの感謝の気持ちを完全に無視した行いです。ところが、理想の自分を作りあげたい気持ちが強いあまり、こうした行動を取る人が少なくないのです。自分をよく見せたい、人気者になりたい、というのは人として当たり前の感情でもあります。たくさんの人に見てもらうためにすてきな写真を撮れば、その分「いいね!」と言ってもらえて嬉しくなるのも事実ですし、写真を撮るために旅に出ることもすばらしいことだと思います。

しかし、「いいね!」とたくさん言ってもらうことだけを自分の存在価値にしてしまっては、大切なものを見失ってしまうかもしれません。見せかけの自分にはいつか必ず限界がおとずれます。美しい自分、かっこいい自分だけでなく、自分自身の醜いところや恥ずかしいところを互いに理解し合うことで、私たちは本当の信頼を築けていくのではないでしょうか。年末を間近に控えて、思うことを述べさせていただきました。皆様良いお年をお迎えください。今年もお世話になりました。

合 掌

読みもの

「やすらぎ」43号発刊にあたり

慈光照護の下、門信徒の皆様におかれましてはご清祥にてお過ごしのこと大慶に存じ上げます。又、日頃より当寺護寺発展の為に並々ならぬご尽力を頂いておりますこと、重ねて御礼申し上げます。

寺報「やすらぎ」第43号を門信徒の皆様のお手元へお送りさせて頂きました。今年の夏からの出来事を中心に、この度も写真を多く掲載し、この半年を振り替えられるように致しました。お正月のお休みなどで、手の空いたときにご覧下さい。

さて、今年を表す漢字、毎年、清水寺で発表されますが、今年は「北」という字になりましたね。北朝鮮情勢や北国、北海道日本ハムファイターズの大谷選手のメジャー挑戦、高校球児の怪物、清宮幸太郎選手の入団などが、選定された理由のようです。

私はどんな一年だったかなあと振り返りかえって浮かんだ字は、「育」という字でした。その一番は一人娘の成長です。幼稚園の年長組となり、春頃は大丈夫かなあという感じで様子を窺っておりましたが、夏頃から一気にお姉さんになったなあと口から出てくることが多くなりました。今では生意気なことも言いますが・・・。

九月の報恩講に併せて、前住職の十七回忌法要をお勤めさせていただきましたが、振り返りますと、あんなに嫌がっていた法要の度の準備、お手伝い、仏様の前のお飾り、今では慶びの中で「させていただいている」自分に気づき、出来なかったことが当たり前のように出来るようになっていたり、父から教わったもの、こと、たくさんあったなあという思いの中で、ご法事をお勤めさせていただきました。まさに「お育て」に預かっていた自分に気づきました。

他にも、法務員の暉峻君の成長といったら失礼ですが、だんだんと役職が就いてくる年齢になった私を側面からフォローしてくださっています。まさに彼もご門徒の皆様をはじめ、有縁の皆様からお育てをいただいている次第でございます。

また今年は、お寺の女声合唱団「シャンティ」の活躍が素晴らしかった。日頃の練習の成果を発揮して、お寺での法要はもちろんのこと、よそのお寺さんからお誘いをいただけるなんて、中々ない尊いご縁でしたね。後頁に掲載しておりますので、じっくり読んでください。このシャンティをお育てくださっているのは、安楽寺を支えてくださっております法城寺副住職 佐藤卓見師ですが、龍谷大学男声合唱に所属していた私の父の後を追って、師も入団され、仏教讃歌の素晴らしさ、そして仏教讃歌を通して感動を覚えたご経験をお伝えくださっております。まさに仏様のお育ての中で、大切なことをお寺のご婦人方にお伝えくださっているのです。今年のシャンティは特に、様々な方面からお声掛けをいただき、お育ての中で飛躍の一年だったのではないかと思います。決してお若い方ばかりではありません。年齢を重ねても尚、仏様のお育ての中で大切なことを気づかせていただいている、そんな活動をこれからも続けていただけると前住職もきっと慶んでくれるに違いないと思います。来年もがんばってくださいね。

明年は「平成」という時代が終わります。新たな年、新たな時代を共に大切に大切に歩んでいきましょうね。今年も一年お世話になりました。明年もどうぞよろしくお願い致します。

合掌

仏教婦人会

仏教婦人会報恩講 平成29年12月16日

 今年最後の大きな行事となります、仏教婦人会主催の報恩講。毎年この12月の親鸞聖人命日講に併せてお勤めをさせていただいております。
 毎年、仏教婦人会の活動の一環として、小規模製作所(ワークショップ上野幌)の皆様にお越し頂き、展示即売会を開催致しております。身体のご不自由な方々がこの日を目標に作製下さいましたお菓子や、カップ、お皿など、数々の作品をお持ち下さり、会員皆々様の温かいお心をお分けいただきご支援、ご協力をさせていただいております。今年も盛況でした。
 午前11時からは、はじめての試みであります、女声合唱団「シャンティ」の演奏会を開催致しました!あいにくのお天気でしたが、ご門徒の皆様はもちろんのこと、役員さんをはじめ、たくさんの方々がおいで下さいました。特に合唱団団員の子供さんがおいで下さり、一生懸命唄われるお母さんの姿をご覧になる姿を見て、「開催して良かった。」と心から感じました。今後、定期的に開催して行きたいと考えていますので、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。
 布教使には二年ぶり六度目のご縁を賜りました長崎県 静雲寺住職 平 祐真 師こご出向賜り、おとりつぎをいただきました。12月1日に御尊父を亡くされ、悲しみの中のおとりつぎでございました。本当に大変なところ遠く北海道までお越し頂きましたこと厚く御礼申し上げます。
 難解な仏教用語をなるべく用いずに、この度は「聴聞(聞く)」という浄土真宗では一番大切なことを解説下さいながらおとりつぎをいただきました。詳細は写真をご覧下さい。

ご本尊のお荘厳(赤い打敷をお掛けしました)

お供物は左から紅白餅・みかん・クルミです

ワークショップの手作りお菓子と作品です。他にお皿や花瓶、タオルなど一生懸命に手作りされたものをお持ちくださいました。ご協力頂きました皆様には感謝申し上げます。有り難うございました。

シャンティの演奏会。とても良かったです!1部は仏教讃歌、2部は馴染み深い曲を歌ってくれました。

おときは精進カレーでした。お寺の銀杏がふんだんに入っていて、皆さん美味しいと喜んでました!

「音楽法要 重誓偈作法」を皆さんとお勤め致しました。 
 ご法話は終始和やかに、そして笑いの中に大切なことをお伝えくださいました。休憩時に布教使様がわざわざ長崎よりお届けくださった「カステラ」を頂戴し、皆さん、「しっとりして美味しい。」と喜んでいただきました。有り難うございました!

法要

秋季永代読経会 平成29年11月28~30日

 去る11月28日~30日の日程で、「秋季永代読経会法要」をお勤め致しました。毎年、三人の叔父にご出向いただきおとりつぎのご縁を頂戴しております。
 今年は、初日が次男である上幌向 隆王寺住職 家郷宗隆師、二日目が長男である赤平 常照寺住職 佐々木重昭師、最終日が三男の篠路 浄土寺 佐々木光明師の順番でご出向下さいました。毎年順番が代わっています。お気づきでしたか?
 三人三様の個性を持って、浄土真宗の大切なことをお伝えくださっております。いつも叔父達から聞かれますが、「誰の時、一番おまいり多い?」とか「アイツどんな話ししてた?」とか、「比べられるの嫌だなあ~」と言われますが、本当にそれぞれの個性を生かして、楽しげな雰囲気の中で、三日間のご縁をご門徒様と共に大事に頂戴しております。安心してくださいおじさん達。

合 掌

初日(11/28) 布教使 家郷 宗隆 師(上幌向隆王寺)

 永代経の初日のご法要前に幼稚園のかわいいこども達が、老人クラブやお年寄り対象のミニ発表会のご案内に来てくれました!年長組のこどもたちが、よさこいソーランの格好良い踊りを披露してくれました!ご門徒の皆さん拍手喝采で大変喜んでくれました。このように以前より近隣のお年寄りと密接な関係を幼稚園では育ませていただいております。ミニ発表会当日も沢山の老齢の方が駆けつけてくださいました。

初日は浄土三部経から「仏説無量寿経」を皆様とお勤め致しました

布教使 上幌向 隆王寺住職 家郷宗隆 師

 終始笑いの絶えないご法話でしたが、ご自坊のご門徒さんの実際にあったお話を中心におとりつぎいただきました。
 初日からたくさんのご参詣を賜りました。有り難うございました。

二日目(11/29)布教使 佐々木 重昭 師(赤平 常照寺)

この日は法事から戻り、すぐにこの写真を撮りました。
今年も粟井さんがお華を立ててくれました。五具足(蝋燭1対、お華1対、香炉)でお供物は、お菓子1対、果物2対、栗と今年も沢山実った境内の銀杏の実をお飾り致しました。秋の風物詩ですね。

二日目は浄土三部経から「仏説観無量寿経」を皆様とお勤め致しました

布教使 赤平 常照寺住職 佐々木重昭 師

 時間があっという間に過ぎ去りました!この度は沢山お話ししたいことがあったそうですが、特に6月に御門主様ご臨席で開催された全道仏婦大会の事務局長を師がお引き受けになって、大変なご苦労の中、大会を勤め上げられたこと、その裏話が特に印象に残りましたが、ユーモアの中に大切なことをお伝えくださいました。有り難うございました。

最終日(11/30)布教使 佐々木 光明 師(篠路 浄土寺)

 最終日は、この永代読経会法要に併せて、この一年間で永代経懇志をお納めいただきました方々を対象とした「永代経開闢法要」をお勤め致しました。
 この度は雅楽を法要に取り入れ、尚一層厳粛な中に、開闢法要がお勤まりになりました。
 大切な方との別れの縁の中でお聞かせ頂いたお念仏のみ教えが、永代にわたりこの安楽寺から聞こえ、そして念仏の道場として栄えますようにとの志をお納めいただきました皆様と共にお勤めをさせていただきました。

三日目は浄土三部経から「仏説阿弥陀経」を皆様とお勤め致しました

永代経をお納め頂きました方々が顕彰されている「永代経顕彰額」の前で住職がお焼香し、法要がお勤まりになりました。この度は初めてこの法要で雅楽を用い、また行道というご本尊の前を結衆がクルクルと回り花びらを散らせるというお作法を用いて勤められ、とても荘厳な雰囲気の中で法要が進行致しました。

六人の結衆でお勤めを致しました。右から佐藤さん、安立寺様、法城寺様、光圓寺、佐々木君、住職

従兄弟の二人に散華頭をお願いしました

緊張の面持ちの開闢法要対象のご門徒様

対象者の皆様には法要中、右余間に御安置した「永代経額」の前でお焼香を賜りました。

布教使 篠路 浄土寺住職 佐々木光明 師

この近年で師が別れのご縁に遇った方々を通して気づかされた大切なことを懇切丁寧にお伝えくださり、浄土真宗の深きところをお紐解き下さいました。
 法要終了後に、お集めさせていただいた御仏供米を総代、世話人さん、婦人会の皆さん総出で米袋に詰め直し、これからの行事でいただく大切なお米として保管致しました。ご協力有り難うございました。無事に永代読経会法要、終了致しました。

永代経とは

 本来は永代読経の意味で、寺院において故人の命日などに永代にまで読経することである。一般の寺院では春秋に期日を定めて永代経法要を行う。他宗では追善供養の為とされるが、浄土真宗では追慕とともに、自分自身がお法りを聞く機会として意味づけられている。