仏教婦人会

仏教婦人会報恩講 平成29年12月16日

 今年最後の大きな行事となります、仏教婦人会主催の報恩講。毎年この12月の親鸞聖人命日講に併せてお勤めをさせていただいております。
 毎年、仏教婦人会の活動の一環として、小規模製作所(ワークショップ上野幌)の皆様にお越し頂き、展示即売会を開催致しております。身体のご不自由な方々がこの日を目標に作製下さいましたお菓子や、カップ、お皿など、数々の作品をお持ち下さり、会員皆々様の温かいお心をお分けいただきご支援、ご協力をさせていただいております。今年も盛況でした。
 午前11時からは、はじめての試みであります、女声合唱団「シャンティ」の演奏会を開催致しました!あいにくのお天気でしたが、ご門徒の皆様はもちろんのこと、役員さんをはじめ、たくさんの方々がおいで下さいました。特に合唱団団員の子供さんがおいで下さり、一生懸命唄われるお母さんの姿をご覧になる姿を見て、「開催して良かった。」と心から感じました。今後、定期的に開催して行きたいと考えていますので、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。
 布教使には二年ぶり六度目のご縁を賜りました長崎県 静雲寺住職 平 祐真 師こご出向賜り、おとりつぎをいただきました。12月1日に御尊父を亡くされ、悲しみの中のおとりつぎでございました。本当に大変なところ遠く北海道までお越し頂きましたこと厚く御礼申し上げます。
 難解な仏教用語をなるべく用いずに、この度は「聴聞(聞く)」という浄土真宗では一番大切なことを解説下さいながらおとりつぎをいただきました。詳細は写真をご覧下さい。

ご本尊のお荘厳(赤い打敷をお掛けしました)

お供物は左から紅白餅・みかん・クルミです

ワークショップの手作りお菓子と作品です。他にお皿や花瓶、タオルなど一生懸命に手作りされたものをお持ちくださいました。ご協力頂きました皆様には感謝申し上げます。有り難うございました。

シャンティの演奏会。とても良かったです!1部は仏教讃歌、2部は馴染み深い曲を歌ってくれました。

おときは精進カレーでした。お寺の銀杏がふんだんに入っていて、皆さん美味しいと喜んでました!

「音楽法要 重誓偈作法」を皆さんとお勤め致しました。 
 ご法話は終始和やかに、そして笑いの中に大切なことをお伝えくださいました。休憩時に布教使様がわざわざ長崎よりお届けくださった「カステラ」を頂戴し、皆さん、「しっとりして美味しい。」と喜んでいただきました。有り難うございました!

仏教婦人会

仏教婦人会報恩講 12月16日

毎年12月16日には「安楽寺仏教婦人会報恩講」をお勤め致しております。この一年の最後の大きな行事となります。

この婦人会報恩講に際し、活動の一環として、小規模製作所(ワークショップ上野幌)の皆さんにお越しいただき展示即売会を開催させていただき、身体のご不自由な方々の支援をさせていただいております。今年もたくさんの作品やお菓子などをご持参いただき開催致しました。

また、先般開催された伝灯奉告法要団体参拝の反省会を午前中に開催し、ビデオや写真をご参加下さった皆様と、和気藹々の中楽しみました。

今年も大盛況でした。
暖かいご協力をいただき有難うございました!

正午となり多くの参詣者の皆様とおとき(食事)をいただきました。

この度も、婦人会の報恩講らしく、かわいらしい感じでお華を粟井さんが活けてくれました。

午後1時より正信偈和讃六首引き(巡讃)を住職の他に美唄 法王寺副住職様、北野 光圓寺副住職様、赤平 常照寺様、追分 安立寺住職様、佐藤さん、暉峻君の合わせて7人でお勤めさせていただきました。さすがにお寺さんが横一線に7人も並ぶと盛観でしたね。

法要終了後、住職、そして婦人会会長の竹内幸子さんよりご挨拶をさせていただきました。

今年は以前、毎月の常例砲座にお越しいただきました奈良県 西蓮寺 藤田哲史師を御講師としてお招き致しました。「是非とも再縁をお願いしたい」と婦人会たっての要望があり、ひじょうにお忙しい中、ご出向いただいたことでありました。普段の生活の中からユーモアを交え分かりやすくおとりつぎをいただきました。

念仏弘通の為にも婦人会の皆様のお力は大きいんですとのお言葉に、参詣者の皆さん強く頷かれておりました。この度は遠路、本当に有難うございました。

(住職記)

御本尊荘厳

娘の寧々も休憩時間におやつを配るお手伝いをしてくれました

布教師 藤田哲史師

トピックス

本願寺小樽別院報恩講参拝 10月14日

昨年に引き続き今年も10月4日に本願寺小樽別院の宗祖親鸞聖人報恩講に婦人会の皆様と参詣させていただきました。

今回も目的は、本願寺小樽別院の報恩講で荘厳(お飾り)されますお花です!ホントに「見事!」という言葉しか見あたらないほど、凄いんです!

昨年行かれなかった会員の皆様方に一度実際に見てもらいたいなあと思い、再び実現いたしました。
 今年は天候にも恵まれ快晴でした。お寺に到着後すぐに本堂の前で記念撮影をし、婦人会の皆様からおとき(カレーライス)の接待をいただきました。食事をいただいた後、本堂内陣の見学をさせていただきました。

本堂に入り、すぐに目に入ってくるのが、お供えされているお花の豪華さでした。まずご覧下さい!!

今年も小樽別院の劇的な歴史、立派な本堂、そして見事な荘厳に圧倒された一日でした。

帰りにカマボコをお土産に購入し、帰路につきました。また来年もおまいりしてみたいという方がいらっしゃいましたらお声掛け下さい。このような機会を作りたいと思います。

おまいりいただきました婦人会の皆さん、有難うございました。

(住職記)

本願寺小樽別院

小樽別院本堂

お供物(右から餅・落雁・松風・みかん)も凄いんです

 

 

おときで美味しいカレーをいただきました

御本尊お荘厳

蓮如上人御影前

親鸞聖人御影前(真向きの御影)

法要には讃嘆衆として出勤させていただきました

職員さんから詳細なご説明をいただきました

トピックス

仏教婦人会報恩講

この一年の最後の大きな行事となります「仏教婦人会報恩講」さる12月16日にお勤まりになりました。
毎年、小規模製作所の皆さんにお越しいただき展示即売会を開催させていただいております。
おときを皆さんで頂戴し、午後1時から、宗祖讃仰作法をお勤めいたしました。
布教使には、昨年に引き続き、十勝組中札内村 真光寺の桃井直行師に御出向いただきました。
皆さん、お腹を抱えて終始、笑いの絶えないおとりつぎでありました。楽しい中に大切なことに気付かせていただいたことでありました。

小規模製作所の展示即売会
この度のおときです。豪華でした!

宗祖讃仰作法をお勤めいたしました。

布教使 桃井直行 師(中札内村 真光寺)
楽しいおとりつぎで、皆さんの笑顔が本当に印象的でした!
トピックス

婦人会報恩講 12月16日

今年最後の大きな法要であります。仏教婦人会主催の報恩講が命日講に併せ、お勤まりになりました。
今年も小規模製作所の皆様にお越し頂き、展示即売会を行ったところ、大盛況でありました。
お昼にお斎をいただき、午後一時から音楽法要「重誓偈作法」をお勤めさせていただきました。
布教使には、五月の宗祖降誕会に引き続き、十勝中札内村 真光寺副住職 桃井直行師に御出向いただき、おとりつぎいただきました。

当日は、ひじょうに寒かったのですが、大勢ご参集いただき賑々しくお勤めさせていただいたことでありました。

(住職記)

小規模製作所展示即売会

おいしいお斎をいただきました

たくさんのご参詣の中のお勤め
音楽法要「重誓偈作法」を声高らかにお勤めいたしました

布教使 桃井直行 師
トピックス

婦人会あねごクッキング vol.1

第1回 小幡牧場の生キャラメルの作り方

当寺婦人会にはお料理上手の達人がたくさんいらっしゃいます。そこで今号より、おいしい食べ物の秘密のレシピを読者の皆様にお伝えする、「婦人会あねごクッキング」のコーナーを新たに作りました。

記念すべき第1回目は、婦人会の皆様にはもう何度もお口にされた方がいらっしゃることかと思いますが、婦人会の小幡啓子さん考案の、生キャラメルの作り方を伝授します。某なんとか牧場の生キャラメルも有名ですが、私は個人的に小幡牧場の生キャラメルがおいしいと思います。それではどうぞ~

【材料】
牛乳 600cc
生クリーム 200cc
砂糖(グラニュー糖) 80~120g
蜂蜜 50g
シュガーレス甘味料(液体) 150cc~180cc(お勧めはマービー)
バニラビーンズ 1本の半分(割って中の黒いツブツブを使用)

  【用意する道具】
  平らなフライパン
  ゴムベラ
  オブラート
  セロハン
  バット
※バニラビーンズは写真のように半分にしたものを縦に割き、スプーンで中身をこそげ取る
①全ての【材料】をフライパンに入れ、火にかける
②沸騰するまで強火
③沸騰したら中火にし、万遍なくゴムベラで混ぜる
④約10~15分の間、何度か吹き上がるが繰り返しゴムベラでかき混ぜる
⑤鍋の中が飴色になってきます
⑥ゴムベラが重く感じるようになったら、弱火にする
⑦鍋底が焦げるようになってきたら、火を止める
※早めに火を止め、柔らかい状態のものは、パンなどにつけるキャラメルクリームとしていただけます
⑧左の写真のような硬さになったら、熱いうちにラップをひいたバットに流し込む
※バットはアルミニウム製のお弁当箱などでも代用可能
※ラップは耐熱温度140℃ 耐冷温度 -60℃のものを使用
⑨ゴムベラ又はしゃもじなどを使用し、キャラメルを平らにします(この時点で模様をつけても良いでしょう)
⑩粗熱が取れたら、バットごと冷蔵庫で冷やし固める
⑪冷たくなりましたら、冷蔵庫から取り出し、ラップをはずす
⑫一口サイズに切り分ける
⑬半分に切ったオブラートに包む(オブラートに包むと、キャラメルと⑭のセロハンがくっつかない)
⑭綺麗な包み紙(セロハンなど)でオブラートに包んだキャラメルをもう一度包む
⑮出来上がり!!!
小幡さんとお手伝い頂いた宮本さんと小桧山さん(右から)
仏教婦人会

安楽寺仏教婦人会再結成50周年記念法要・祝賀会

お念仏もろともに

この度、安楽寺代々にお念佛を慶び、法灯を護り伝える教化団体・安楽寺仏教婦人会再結成50周年を迎えることができました。

この50年の節目の年を大事に大切に迎えさせて頂き、年の瀬を感じる多忙な時節も考えることなく平成22年12月16日記念法要、会員の追悼法要、記念式典、祝賀会と、慶びのご縁を会員一同催させて頂きました。

いま50年を迎えるにあたり、前住職様から現住職様に、そして瓔子坊守様の御指導のもと組織活動、聞法活動を続けてまいりました。今年7月、当寺にとって待望の御婚儀、寿美玲若坊守様には入寺早々に各行事に加われて、み法の輪の中に新しき風となって、お念仏の中に華となって下さることと念じ申し、この慶びを会員門信徒一同どんなに待ち望んだことでありましょう。

仏教婦人会がご縁で法友となり仲間となり、お寺が身近で親しき場となり、いつも自然とお念仏が声となりお念仏の働きの中にあなたがあり、また私も居ると、慶びの念仏者となり、この度の記念行事も会員一同そして門信徒の皆々様の貴重な浄財をお願いしながら計画を進めました。

おかげさまで記念行事が、安楽寺にとってご縁の深い多くの皆様、そして遠近各地よりご参詣ご出席を賜り、お祝いを催すことができましたこと、あらためて感謝申し上げます。

この御勝縁を大切に、念仏者として次世代へ受け継ぐべく、心新たに同朋と共に手をとりあい、護寺発展に、そして家庭に於いては、念仏の薫り豊かに、日々を送り務めさせて頂きます。 今後とも尚一層のご指導を賜ります様お願い申し上げます。

安楽寺仏教婦人会会長  粟井幸子

法要・祝賀会と司会をおつとめ頂いた久保田夕子さん(穂別 真光寺坊守) 有り難うございました

 

写真左:法要は練習を重ねてきた「音楽法要 重誓偈作法」をお勤めさせて頂きました。たいへん大きな声でお勤め頂き、背中に頼もしさを感じながらお勤めさせて頂きました。

多くの深いご縁に結ばれた御寺院の皆様と共に、お勤めさせて頂きました

御寺院の皆様
(左から福住寺様、乗善寺様、真光寺様、法王寺様、専念寺様、法城寺様、清勝寺様、眞願寺様)

御隣山 智徳寺様

指揮をとる佐藤さん

教務所長様、札幌組組長様

各寺坊守様にもおまいり頂きました

 

 

 

 

 

おなじみの藤 順生先生に記念法話を頂きました。ユーモアの中に大切なことをお紐解き頂きました。皆さんが終始笑顔でお聴聞されている姿が、印象的でした。有り難うございました。

 

 

 

 

式典・祝賀会  於シェラトンホテル札幌

開式の辞 前田トキ子さん

実行委員長挨拶 竹内幸子さん

お祝いのお花も沢山頂きました

札幌組仏教婦人会連盟会長 岩田愛子さん(福住寺門徒)に総連盟総裁 大谷範子様からのお祝いメッセージを代読頂きました

北海道教区教務所長(寺井紹道様)様から連盟表彰を授与し、お祝いのお言葉を頂戴致しました

感謝状贈呈

五十周年を記念として、ご功績のあった皆様に婦人会より感謝状と記念品が贈られました。

持本 誠 様

安楽寺坊守 様

樋口 ノブ 様(代理)

恵木 はる 様(代理)

野地マス子 様

竹内 トミ 様(代理)

山下アヤ子 様(代理)

安楽寺より仏教婦人会再結成五十周年に際し、記念品が贈られました 代表して総代 山根 勸 氏より贈呈され、住職と粟井会長二人でお受け取り致しました

札幌組組長様よりご祝辞、そして祝杯を挙げて頂き祝賀会がはじまりました

婦人会会長粟井幸子さんから住職へ花束の贈呈

たくさんのご出席を賜りました

受付を担当してくれた皆さん

余興

寸劇 二代目親鸞聖人に嶋田裕子さん
二代目恵信尼様に宮本光子さん
熱演でした

若坊守も出演させて頂きました

合唱団「シャンティ」の歌のプレゼントもございました。今年は本当に大活躍でしたね。来年もどうぞ宜しくお願い致します

アッチカも盛り上げさせて頂きました 来年いよいよCDデビュー決定です!!

余興

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園の職員による「大奥」の熱演。余興というよりは、かなり作り込んだ喜劇でした。是非どこかで再演を期待します。

この度は、いつもいつも幼稚園の行事に際し、お手伝い頂いている婦人会のために、何か恩返しをとの思いから、職員のみなさん達ひじょうに頑張ってくれました。

これからも共に手を取り合って、「ほとけの子」を育てるお手伝いをさせて頂きたいですね。有り難うございました。

謝辞 安楽寺婦人会会長 粟井幸子

結び 福住寺住職 長尾光洋様

閉式の辞 北野久子

お見送り

 

この度は、誠に有り難うございました。おかげさまで当会は五十年という大きな節目をお迎えさせて頂きました。
今後もより一層、お念仏繁昌の為に、微力ではありますが、精進して参りたいと思うことでございます。有縁関係者の皆様には、本当にお世話になりました。そして心から有り難うございました。

安楽寺仏教婦人会一同