トピックス

こころの寄り道 辻説法

去る7月4・5日の両日、浄土真宗本願寺派青年僧侶連絡協議会の第23回全国大会が札幌の地で開催をされました。この度は、より外へ向けた試みということで、Air-G’(FM北海道)さんのご協力を頂き、初日に札幌の地下歩行空間(クリスタルホール)にて、「こころの寄り道 辻説法」と題して、浄土宗の秋田光彦さん、臨済宗で芥川賞を受賞されました玄侑宗久さん、宗教法人正現寺住職 小池龍之介さん、浄土真宗より釈 徹宗さんをお招きして、トークショーを行いました。

一般の方々が仏教に対してどれほどの興味を持っていらっしゃるのか、そしてどれほどの期待をしてくださっているのかを知る大切なご縁であると考えておりましたが、何分、若い僧侶の会ですから財政的に苦しいところがあり、特に広報(宣伝)にあまり予算を充てることが出来なく、ひじょうに心配しておりました。がしかし、予想をはるかに超える多くの方々(約500人弱)がご来場下さり、ホッと胸をなで下ろしたことでありました。

4人の御講師から大切なヒントと勇気を頂けたことは、これからの伝道活動に必ず役立っていくことと実感した大切なご縁でございました。

翌日は会場を本願寺札幌別院に変え、パネルディスカッションを行い、より学びを深めたことでありました。ひじょうに中身の濃い二日間でありましたが、再びこの4人の御講師が一同にかえすというのは中々難しいことと思いますが、もしも続編がやれるならやってみたいと密かに企んでいます。その時はもっと宣伝しますので、よろしくお願いします。(尚、この対談は本になりますので、興味のある方はお声をかけて下さい。)

■オープニング(正信讃を合唱しました)

■会場は満杯で、熱気であふれていました

■隙間なくビッチリ席が埋まりました

■サイン会も人でごった返しでした!

■パネルディスカッション(本願寺札幌別院)

■コーディネーター役の釈 徹宗さん

■パネリストの皆さん(秋田さん・玄侑さん・小池さん)

 
トピックス

第23回温泉説法の集い

 

去る2月27・28日の両日、北海道教区青年僧侶協議会主催による「第23回温泉説法の集い」が十勝川温泉ホテル大平原にて、全道各地のご門徒さん約500名のご参加を頂き開催されました。

この度は3・11東日本大震災で被害にあわれた御寺院から宮城県の専能寺の御住職・坊守様、そしてご門徒の皆様をお招きして、少しでも安らげる時間をという願いの中で、全道の御寺院様にご協力を呼びかけ、ご協賛いただいた中での開催となりました。

いつもと少しだけ趣向を変えて、震災で被害にあわれた方々の手記を集めて、朗読という形に作り替えて読み、前向きに歩んで行ける歌をスタッフ全員で合唱致しました。夜の懇親会では、少しでも喜んでいただけるように、笑いあふれる余興をスタッフ全員で考え、ご披露させていただきました。

二日目には震災後、ご自身のお身体がすぐれない中、被害あわれた方々を勇気づけるために現地に積極的に向かわれ行動されている笑福亭松喬師匠にお出で頂き、落語会を開催し、最後に被災されました専能寺の足利御住職様に御法話をいただきました。「もう思い出したくないんですがね・・・」と苦しい胸の内をお伝えいただき、まだまだ私たちに出来ることがあると思えたことでありました。

本当に「復興」とよべる日まで、まだまだ時間が必要であると思います。私達に出来ることを考え、これからも復興支援を続けて行こうと会員一同誓ったことでありました。

■開会式

■開会式で合唱する合唱団「シャンティ」の皆さん

■「朗読」 最後にスタッフ全員で合唱致しました

■懇親会はひじょうに盛り上がりました!

笑福亭松喬 師匠

トピックス

「つながりフェスタin気仙沼2011」に参加して

計良通子

去る7月18日に「つながりフェスタin気仙沼2011」が開催され、私はステージのイベント要員として参加させていただきました。

北海道の遠近各地より、たくさんの方々が苫小牧港に集合し、機材や支援物資をたくさん積み込みフェリーで八戸港へ向かいました。

港へ上がり岩手県の大槌町の避難所に立ち寄り、あらたに西本願寺のボランティアセンターとなった花巻市東和町の成島小学校へ到着し準備を行いました。

翌日、イベント会場である気仙沼市の鹿折小学校で午前11時より大阪から来てくれた、「るんびにー太鼓」の威勢の良い太鼓の音が会場に鳴り響き、イベントが始まりました。たくさんの出店が立ち並び、ジンギスカンやちゃんちゃん焼き、じゃがバターなど、まさに北海道を代表する食べ物には、地元の方々がたくさん集まってくださり、忘れかけていた笑顔があふれていたように見えました。

ステージでのイベントでは、北海道クイズに始まり、ゲーム大会などたくさんの方々とふれあうことができました。イベントの後半では、シンガーソングライターの「ふくい舞」さんが登場し、会場の若者は大喜びでした。挨拶の中で、「被災された方々に歌を通して、たくさんの元気を与えて、こうしたイベントに参加することにより、私もたくさんの元気をいただけます。」とお話しされていました。

私自身、テレビの映像で見るのと、実際に自分の目で見るのとこんなに感じ方が違うのかと思いました。そして地元の方々は復興に向けて力強く一歩一歩前に進んでいました。そして何よりも、こども達の顔にはたくさんの笑顔が輝いていました。

イベントの最後に、これからも頑張って行こうという願いを込めて1000個の風船を空に飛ばしました。大空高く舞い上がる風船を見たときに、私の目から涙がこぼれました。地震、津波という大きな自然の力によってたくさんの大切なものが失われました。しかし、被災された方々は、大きな支えによって、力強く輝き始めている。私にとって初めて感じられた大きな出遇いでした。今回、参加させていただき、今まで経験したことのない大きなものに出遇うことが出来たのです。

これからも、ご縁がありましたらこのようなボランティア活動に参加して、「ふれあう」ことを大切にしたいと心から思いました。

トピックス

お楽しみ会

毎月、第2、第4火曜日を基本にお楽しみ会を開催しております。話題の映画をご紹介したり、お友達作りのご縁として開催しております。
毎回500円をいただきお菓子とお茶をご用意させていただいております。是非ご参加してみてください!お友達ができますよ~!

トピックス

第21回温泉説法の集い

去る2月26・27日の両日で、第21回温泉説法の集いが、十勝川温泉笹井ホテルで600人の北海道内の門信徒の皆様が集い開催されました。

温泉説法は、北海道内の若い僧侶が中心となって、普段のお寺で頂く御法話のスタイルに少し工夫を加えて、温泉でリラックスしながら大切なことに気づいて頂こうという趣旨のもと、企画し開催をしております。

この度数えて21回目をお迎えさせて頂きました。少し雰囲気が分かるように写真を多めにしましたので、ご覧下さい。来年は、まだ一度も参加したことのない門信徒の皆さん、是非行きましょう。難しいことはありません。浄土真宗の入門編として最適な大会だと思います。よろしくお願いします。

合 掌

この度のお荘厳

2000枚の華芭が舞った開会式

600人の正信偈がお勤まりになりました

懇親会のバイキング料理(一部)

ご参加頂いた皆さん 楽しんで頂けましたか?

 

 

朗読説法

演劇説法(光心寺若坊守さん出演しました)

御法話(西英寺住職 宮川秀憲師)

締めのご挨拶をする久保田真剛会長