仏教婦人会

仏教婦人会報恩講 平成29年12月16日

 今年最後の大きな行事となります、仏教婦人会主催の報恩講。毎年この12月の親鸞聖人命日講に併せてお勤めをさせていただいております。
 毎年、仏教婦人会の活動の一環として、小規模製作所(ワークショップ上野幌)の皆様にお越し頂き、展示即売会を開催致しております。身体のご不自由な方々がこの日を目標に作製下さいましたお菓子や、カップ、お皿など、数々の作品をお持ち下さり、会員皆々様の温かいお心をお分けいただきご支援、ご協力をさせていただいております。今年も盛況でした。
 午前11時からは、はじめての試みであります、女声合唱団「シャンティ」の演奏会を開催致しました!あいにくのお天気でしたが、ご門徒の皆様はもちろんのこと、役員さんをはじめ、たくさんの方々がおいで下さいました。特に合唱団団員の子供さんがおいで下さり、一生懸命唄われるお母さんの姿をご覧になる姿を見て、「開催して良かった。」と心から感じました。今後、定期的に開催して行きたいと考えていますので、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。
 布教使には二年ぶり六度目のご縁を賜りました長崎県 静雲寺住職 平 祐真 師こご出向賜り、おとりつぎをいただきました。12月1日に御尊父を亡くされ、悲しみの中のおとりつぎでございました。本当に大変なところ遠く北海道までお越し頂きましたこと厚く御礼申し上げます。
 難解な仏教用語をなるべく用いずに、この度は「聴聞(聞く)」という浄土真宗では一番大切なことを解説下さいながらおとりつぎをいただきました。詳細は写真をご覧下さい。

ご本尊のお荘厳(赤い打敷をお掛けしました)

お供物は左から紅白餅・みかん・クルミです

ワークショップの手作りお菓子と作品です。他にお皿や花瓶、タオルなど一生懸命に手作りされたものをお持ちくださいました。ご協力頂きました皆様には感謝申し上げます。有り難うございました。

シャンティの演奏会。とても良かったです!1部は仏教讃歌、2部は馴染み深い曲を歌ってくれました。

おときは精進カレーでした。お寺の銀杏がふんだんに入っていて、皆さん美味しいと喜んでました!

「音楽法要 重誓偈作法」を皆さんとお勤め致しました。 
 ご法話は終始和やかに、そして笑いの中に大切なことをお伝えくださいました。休憩時に布教使様がわざわざ長崎よりお届けくださった「カステラ」を頂戴し、皆さん、「しっとりして美味しい。」と喜んでいただきました。有り難うございました!

おしらせ

報恩講のご案内

報恩講とは

私たち浄土真宗の門徒にとって一番大切な仏事が報恩講であります。宗祖親鸞聖人への報恩のために、毎年、その忌日の6日前から忌日当日までの七昼夜にわたって営まれる仏事で、御正忌ともいう。現在京都のご本山では新暦により1月9日から16日まで営まれております。

京都の本山、地方の別院(直属寺院)、そして一般寺院、近年、北海道では少なくなりましたが、ご門徒のお宅でもお勤めされるという、ひじょうに珍しい四層構造で営まれる仏事であります。

北海道は冬になると雪が降ってお詣りが大変ということもあり、夏から秋までの間に勤められるお寺が多く、また、年間の中で一番大きいお寺の仏事であり、参詣者の数も一番多い行事であります。当寺の日程は毎年9月5日~7日の3日間お勤め致しております。

宗祖親鸞聖人のお徳を偲び、報恩の姿勢をあらわす大切なお講(集まり)、今後も工夫を重ねて、初めてお寺を訪れた方々も気安くおまいりできるような空間作りを心がけていきたいと考えております。これからも多大なご尽力ご協力をお願いすると存じますが、年間で一番大切な行事です。安楽寺のご門徒ならば、お一人一座は必ずお詣りいたしましょう!

平成29年報恩講

布教師様
兵庫県神戸市高松寺住職 谷川弘顕師
本願寺派布教師
中央仏教学院講師
元住職課程専任講師
3年ぶりのご縁をいただきます
報恩講スタンプラリー
今年も、報恩講中に法要スタンプラリーを開催いたします。
全7座(1.初逮夜法要 2.今年度門徒物故者追悼法要 3.第一初夜法要 4.大逮夜法要 5.第二初夜法要 6.おあさじ(朝のおつとめ) 7.満日中法要)のご法要に参詣された方々に、完走プレゼントをご用意いたしております。是非ともチャレンジしてみてください! プレゼントは最終日、法要全てが終了してからお渡しします!


昨年のスタンプラリーを完走された皆様

今後の当山報恩講布教使様出向予定

2018(平成30年)
奈良県吉野町圓光寺住職 和氣秀剛師
本願寺派布教師
西山別院指導員
元本願寺式務部
カナダ生まれ 布教の他に特別法務員として僧侶養成の指導も行なっている 待望の御出向です
2019(平成31年)
鹿児島県鹿児島市善福寺住職 長倉伯博師
本願寺派布教師
日本緩和医療学会会員
国立滋賀医科大学非常勤講師
臨床僧として全国的にご活躍中です
2020(平成32年)
島根県大田市西臨寺 荒本由未師
本願寺派布教師
いわずと知れた布教師様です
次は4年後です 皆さん楽しみにお待ちくださいね

※今後も素晴らしい布教師様が御出向くださいます。
体調を整え、報恩講のご勝縁に遇わせていただきましょう。

法要・法座のページもあわせてごらんください。

仏教婦人会

仏教婦人会報恩講 12月16日

毎年12月16日には「安楽寺仏教婦人会報恩講」をお勤め致しております。この一年の最後の大きな行事となります。

この婦人会報恩講に際し、活動の一環として、小規模製作所(ワークショップ上野幌)の皆さんにお越しいただき展示即売会を開催させていただき、身体のご不自由な方々の支援をさせていただいております。今年もたくさんの作品やお菓子などをご持参いただき開催致しました。

また、先般開催された伝灯奉告法要団体参拝の反省会を午前中に開催し、ビデオや写真をご参加下さった皆様と、和気藹々の中楽しみました。

今年も大盛況でした。
暖かいご協力をいただき有難うございました!

正午となり多くの参詣者の皆様とおとき(食事)をいただきました。

この度も、婦人会の報恩講らしく、かわいらしい感じでお華を粟井さんが活けてくれました。

午後1時より正信偈和讃六首引き(巡讃)を住職の他に美唄 法王寺副住職様、北野 光圓寺副住職様、赤平 常照寺様、追分 安立寺住職様、佐藤さん、暉峻君の合わせて7人でお勤めさせていただきました。さすがにお寺さんが横一線に7人も並ぶと盛観でしたね。

法要終了後、住職、そして婦人会会長の竹内幸子さんよりご挨拶をさせていただきました。

今年は以前、毎月の常例砲座にお越しいただきました奈良県 西蓮寺 藤田哲史師を御講師としてお招き致しました。「是非とも再縁をお願いしたい」と婦人会たっての要望があり、ひじょうにお忙しい中、ご出向いただいたことでありました。普段の生活の中からユーモアを交え分かりやすくおとりつぎをいただきました。

念仏弘通の為にも婦人会の皆様のお力は大きいんですとのお言葉に、参詣者の皆さん強く頷かれておりました。この度は遠路、本当に有難うございました。

(住職記)

御本尊荘厳

娘の寧々も休憩時間におやつを配るお手伝いをしてくれました

布教師 藤田哲史師

トピックス

本願寺札幌別院報恩講・帰敬式 10月15日

去る10月15日、本願寺札幌別院報恩講にて帰敬式が修行されました。本願寺から近松照俊師が御出向され、御導師をお勤めされました。

当寺からは、寺林さん、加藤さん、佐々木さんの三名が受式されました。

受式前に係から説明を聞かれるお三方

御導師 近松 照俊 師

 

帰敬式、説明会を終え、ホッとした表情のお三方(右から佐々木さん、寺林さん、加藤さん)
お疲れ様でした!そしておめでとうございます!

トピックス

仏教婦人会報恩講

この一年の最後の大きな行事となります「仏教婦人会報恩講」さる12月16日にお勤まりになりました。
毎年、小規模製作所の皆さんにお越しいただき展示即売会を開催させていただいております。
おときを皆さんで頂戴し、午後1時から、宗祖讃仰作法をお勤めいたしました。
布教使には、昨年に引き続き、十勝組中札内村 真光寺の桃井直行師に御出向いただきました。
皆さん、お腹を抱えて終始、笑いの絶えないおとりつぎでありました。楽しい中に大切なことに気付かせていただいたことでありました。

小規模製作所の展示即売会
この度のおときです。豪華でした!

宗祖讃仰作法をお勤めいたしました。

布教使 桃井直行 師(中札内村 真光寺)
楽しいおとりつぎで、皆さんの笑顔が本当に印象的でした!
トピックス

アッチカLIVE情報

今年の後半もアッチカ、活動させていただきました。

10月11日に母親の生家である赤平常照寺様報恩講にてコンサートを行い、オリジナル曲の他に童謡や唱歌など、ご参加いただいた皆さんと共に歌い、大切な時間を過ごさせていただきました。12月11日には札幌市平岸大乗寺様にて「3.11東日本大震災追悼の集い」と題し、東日本大震災からちょうど9ヶ月経過した日に、この集いを催し、門信徒の皆様と共に追悼の意を表し、そしてまた犠牲者や被害に遭われた方々のお心に寄り添う大切な時間を頂戴しました。

この度は開教服と呼ばれる、北海道開拓時に開教使の方々が身につけられていた法衣を着て、仏教讃歌とアッチカオリジナルの「元気でまた逢えたね」という復興を願った歌を唄わせていただきました。また今回は「アッチカ with F」という新しいユニットで後輩のボーカリストにお手伝いをいただき、盛り上げていただきました。

いつか安楽寺でも開催したいですね・・・。その時はどうぞ宜しくお願いします。

(住職記)


常照寺報恩講コンサート

大きな声で歌ってくれましたね