御門徒様より

中央教修参加の感想

門徒推進員中央研修に参加して 竹内幸子

私は札幌組連研15期(2010年9月~2011年12月迄)を終了し、2012年2月北海道教区研修を得て第221回(2012年10月5日~8日迄)門徒推進員の中央教修を住職様の後押しもあり、北海道教区札幌組安楽寺から他2名の方々と受講することになりました。

出発にあたり千歳市秀法寺の宮川様に大変お世話に成りました。前日に出発し東急ホテルで一泊し、当日5日AM11:30本願寺聞法会館に移動し、受付、開会式を3Fの研修室で行いました。

今回の受講は48名でした。すでに全国で5000名を超える方々が門徒推進員になられているそうです。早速、全体の記念撮影を済ませて、各班に分かれました。私たち3名は2班、5班、7班に分かれ、私は全国から集まった7人の仲間と同行致しました。

福岡、山陰、東京、佐賀、熊本、岐阜の皆さん、法座①[出会い]法座②[み教えからの気づき]法座③[御同朋の社会]法座④[救いと歩み-浄土に付いて]3日間は、その問いに対して話し合い、司会と記録者を決め発表がなされました。其の後助言者によるまとめがなされました。私は中でも法座③「御同朋の社会に付いて」命の尊さにめざめる同朋一人ひとりが自覚を深め、浄土真宗のみ教えを社会に広め、実践していく活動に感銘を受けました。喜び、悲しみ、慈しみの心を持って、人々の苦悩に向き合い、ぬくもりある地域や社会に、活動を展開したいものと思っております。

最後にこの機会をお与え下さった事に感謝申し上げます。95歳の母が健康で自宅の留守を守ってくれた事も嬉しく思いました。

第221回元推進員中央教習を終了して  櫻井悦子

平成24年10月5日~8日京と本願寺聞法会館で門徒推進員中央教修が開催されました。北海道から九州48名で札幌組から安楽寺3名(竹内幸子さん金子嬉代子さん)で受講いたしました。

早朝の晨朝参拝から就寝勤行まで、基本日程表にそって法座、班別法話、音楽法要とびっしりでした。班別話し合いの中で多くの方との「出会い」があり感謝でございます。

そして、尊いみ教えからの気づきを学びいただきました。阿弥陀様に誓った、決意表明の感動は忘れることはないでしょう。
このすばらしい感動を多くの方に、であって頂きたく、連研、中央教修にぜひ参加して下さい。
浄土真宗のみ教えを心にとめて、さらに自覚と感謝の気持をもち、お寺の行事、御奉仕に参加し仏婦そして多くの方々とお聴聞を重ねてまいります。

私にこのような、仏縁にあわせて頂きました寺院の方々、仏婦の皆様に心から感謝いたします。有難うございました。

合掌

中央教修に参加して  金子嬉代子

この度の京都での中央教修に参加させて頂き誠に有難うございました。準備の時から本当にお世話に成りました。

10月5日より8日までの4日間私にとって緊張と不安の中で始まりました。出発するに当たっては、千歳の宮川さんを始め大変お世話に成りました。これも偏に住職様と坊守様のお心遣いと感謝しております。

8日からの受け付けに始まり記念撮影と、スタッフ様のご紹介、そして班の紹介と進み、私は5班になりました。5班のスタッフとして佐賀の、眞光寺住職(田中真生さん)そして滋賀の楽受寺住職(美馬裕美さん)にお世話になる事になりました。お二人共、とっても気さくな方達でホッとしました。

5班は、7人のメンバーでの話し合いが行われました。自己紹介に始まり法座Ⅰのテーマ「であい」でした。本当に1日目は、私たち3人の外には、誰ひとり知らない人たちでの教修、ぴったりのテーマだと思いました。
スタッフお二人の上手な司会の中で少しずつ緊張がとけて行くのが分かり、それぞれのお話の中で共感できるお話が聞けて、ホッと胸をなで下ろしました。

連研では、話しができなかった事も、見ず知らずの人たちの中では、逆に気楽に話す事が出来ました。班の皆さんで(ざっくばらんに)話し合いができました。そして貴重な方言も身近に聞く事ができて嬉しかったです。

2日目からは朝5時半起床、6時よりの晨朝参拝です。

私は初めての西本願寺での参拝は本当に新鮮に感じました。そして私は帰敬式もお願いしてありましたので緊張しながらも厳粛な中で、「おかみそり」を頂きました。本当に感動しました。

頂いた法名は「釈道照(おんしょう)」という名を頂きました。私のこれからの人生の道を明るく照らして頂けると理解をして、心から改めて感謝しました。本当に有難く思いました。

そして3日目の問題は「決意表明」です。何回も何回も練習をして何とか無事に終える事が出来ました。その後、会場を出たときにスタッフ全員で出迎えて下さって、「お疲れさまでした。頑張りましたね」と言われ握手して下さいました。私は何事においても一番始めに名前を呼ばれ(本山では北海道から一番に数えられる)、研修中はずーっと緊張しっぱなしでしたが、温かな労いと励ましの言葉をいただき、はじめて心がホッと致しました。

あの様は感動は二度と味わえないと思う程でした。本当に嬉しかったです。ホッとして涙が出ました。

私の決意表明は、私は人のお世話をする事が好きなので出来れば老人施設でのボランティアをしますと誓いました。施設ばかりではなく、私の出来る範囲で人の為になる事をしたいと心から思いました。

これからは心改めて安楽寺を心の拠り所として、諸先輩の皆様に教えて頂きながら、私のお寺として一度でも多くお参りに行ける様に心掛けたいと思います。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。この度は本当に有難うございました。

写真

本願寺の美


虎の間(重要文化財)

想像で描いた虎

虎渓の庭(特別名勝)

南能舞台(重要文化財)

北能舞台(国宝)

大銀杏(御影堂前)

飛雲閣(国宝)

唐門(国宝)

鴻の間(国宝)
 
トピックス

本願寺 飛雲閣(国宝)が大雪像として登場

平成23年2月に開催されます第62回さっぽろ雪まつりで、なんと本願寺 飛雲閣(国宝)が大雪像として登場します。(大通り8丁目 雪のHTB広場)
これは、親鸞聖人750回大遠忌にかかるイベントの一つでありますが、長時間かけて調整をされた模様であります。

開会中、テレビ放送などで広く、本願寺や親鸞聖人のことを知って頂く大変良い機会であると思います。まだ予定の段階ですが、当寺住職もそのテレビ放送の中に出るかもしれません。要チェックでお願いします。
詳しくは下記におまとめ致しましたので、ご高覧下さい。

【会  期】
平成23年2月7日(月)から2月13日(日)の7日間
【会場・見学時間】
大通会場 大通公園西1丁目から西12丁目まで(22:00に照明が消灯)
つどーむ会場 札幌市スポーツ交流施設「つどーむ」(9:00から17:00まで)
すすきの会場 南4条通りから南7条通りまでの駅前通り(午前0:00(最終日は22:00)に照明が消灯)
【雪氷像の基数】
248基
(大通:140基、つどーむ:28基、すすきの:80基) を予定
【雪輸送】
輸送期間 ・雪像雪輸送 1月7日(金)~1月15日(土)
市民の広場その他 1月16日(日)~1月23日(日)
採雪予定地 滝野霊園、里塚霊園、サッポロさとらんど、モエレ沼公園、石狩湾新港 その他
予定輸送量 5tトラックで約6,500台
【観客数】
61回(平成22年) : 243万3千人
60回(平成21年) : 208万人
59回(平成20年) : 215万9千人
58回(平成19年) : 210万1千人
【主  催】
札幌市、(社)札幌観光協会、札幌市教育委員会、札幌商工会議所
【主  管】
さっぽろ雪まつり実行委員会
【協  力】
陸上自衛隊北部方面総監部、陸上自衛隊第11旅団
【後  援】
北海道、北海道観光振興機構、北海道新聞社、朝日新聞北海道支社、毎日新聞社、読売新聞北海道支社、日本経済新聞社、報知新聞社、北海道日刊スポーツ新聞社、道新スポーツ、スポーツニッポン新聞、NHK札幌放送局、北海道放送、札幌テレビ放送、北海道テレビ放送、北海道文化放送、テレビ北海道、エフエム北海道、エフエムノースウエーブ、ジェイコム札幌(予定)

大雪像 国宝 本願寺 飛雲閣

本願寺 飛雲閣は、京都市西本願寺の境内にある三層こけら葺の国宝建造物です。
独特な形状が特徴で、唐破風や入母屋など変化に富んだ屋根を巧みに配し、左右非対称でありながら、美しい調和を見せています。
金閣・銀閣とともに京都三名閣と称され、豊臣秀吉が建てた聚楽第の移築と伝えられています。

昭和26年に国宝に指定されました。
一般には非公開とされており、直接拝観する機会は年に数回しかありません。
大雪像「国宝 本願寺 飛雲閣」は、現地取材を元に、その不思議な美しさを持つ国宝をほぼ実物大の大きさで再現いたしました。

浄土真宗本願寺派(西本願寺)のご協力を得て、北海道テレビ放送と陸上自衛隊第11旅団第18普通科連隊、及び第11戦車大隊、第11施設中隊、第11通信中隊が制作いたしました。

完成予想図