トピックス

札幌組重点プロジェクト「東日本大震災七回忌を終えての報告と今後の課題について」 平成29年10月20日

 去る10月20日、札幌パークホテルに於いて、札幌重点プロジェクト「東日本大震災七回忌を終えての報告と今後の課題について」と題し、札幌組実践運動委員会社会部並びに研修部の併催にて執り行われました。
研修会の御講師には、東北教区相馬組副組長 常福寺住職 廣畑恵順師にご出向いただき、地震後余波で発生した原発事故当時の避難の様子や、現在の生活、そして各地で執り行われた東日本大震災七回忌の状況を詳しくお話しいただきました。特に皆様も記憶に新しいと思いますが、「SPEEDI(スピーディ)緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムの略」というシステムが示した危険な方向へ皆避難をしていたという事実をお聞きし、本当に恐ろしいことだと再認識を致しました。
 まだまだ復興にはほど遠く、とにかく「忘れ去られる恐怖」との闘いだというお言葉が特に印象的でありました。今後も宗派、教区、組を上げて引き続きの支援を行っていくことを確認致しました。
 研修会終了後は、医学博士、そして二胡奏者である中国の姜 暁艶(ジャンショウイエン)さんによる追悼コンサートを開催致しました。姜さんは、震災以降、毎年「震災孤児支援コンサート」を行ったり、震災支援に長く関わってこられた方であります。この度は次の日には岡山県でコンサート行うハードなスケジュールの中でありましたが、快くご賛同いただきこの度の開催に至りました。
 またこの度は、札幌組寺族婦人会様と札幌雅友会様からご協力をいただき、特に札幌雅友会様は結成20年の記念の年でもあり、姜さんの二胡と雅楽のコラボを行い、とても盛り上がった内容の追悼コンサートとなりました。
 最後に札幌組を代表して組長から義捐金、そして研修会の時にお集めさせていただいた参加者から募った温かいお心のこもった募金も併せて相馬組様へお送りさせていただきました。まだまだ大変な時間が続くと思いますが、何かしらのご支援を続けさせていただくことをお誓いし閉会となりました。

トピックス

専能寺様東日本大震災物故者合同追悼法要 平成29年3月11日

 去る3月11日、東北教区仙台市の専能寺様に於いて、「東日本大震災物故者合同追悼法要」が厳修され、北海道教区有志の皆様とご一緒にお手伝い、そして讃嘆衆として出勤させていただきました。専能寺様と北海道教区は、震災当初から繋がりを持ち、早くから支援を行っておりました。この度、七回忌という節目にあたり、北海道教区の他に九州は大分教区の有志の皆様も駆けつけ、賑々しく法要がお勤まりになりました。法要前に大分教区からは「だご汁」の炊き出しがあり、北海道教区からは「ホットミルク」の炊き出しがありました。参詣された皆様大変喜んでおられました。法要終了後には、二胡奏者の「ジャン・シャオイエン」さんの追悼コンサートが開催され、涙ながらに聞き入っておられる参詣者の姿が印象的でした。尚、「ジャン」さんにおかれましては、10/20に開催される札幌組重点プロジェクトの企画の中で、「追悼コンサート」を札幌市内で行う予定です。これにつきましてはあらためてご案内致します。先の相馬組の法要でも申しましたが、まだまだ復興にはほど遠い感じがします。今後もどんな支援が出来るか模索して行きたいとおまいりをさせていただき、あらためて感じました。再度申し上げますが、ご門徒の皆様も、どうか被災地、被災された方々のことを忘れないでください。忘れないことが復興支援の第一歩だと思います。(住職記)

津波と共に流れてきた瓦礫によって笠がへこんでしまった親鸞聖人像

新調された山門

犠牲になられた門信徒の方々のお名前が本堂正面に掲げられておられました

トピックス

相馬組東日本大震災七回忌物故者追悼法要 平成29年2月26日

 去る2月26日、東北教区相馬組の常福寺様に於いて、「相馬組東日本大震災七回忌物故者追悼法要」が厳修され、讃嘆衆として出勤させていただきました。北海道教区からは、十勝組の婦人会有志の皆様が駆けつけ、十勝から持参した「いも団子を使ったお汁粉」を参詣者の皆様に振る舞っておられました。相馬組あの「福島第一原発事故」の影響をまともに受け、避難指定区域が散乱している土地であります。
 早めに現地に入ることが出来たので、車で少し視察致しましたが、人の姿を見ることは殆どなく、特にこどもさんの姿は全く見ることが出来ませんでした。法要後にあるご婦人と会話を交わしましたが、「七回忌が終わって少し落ち着きますかね?」と聞くと、「先が全く見えないから不安。でも私はこの町で生きていくの。亡くなった父さんが背中を押してくれているから大丈夫。」と仰いました。ひじょうに複雑な思いの中で帰路につきました。
 まだまだ復興にはほど遠い感じがします。今後もどんな支援が出来るか模索して行きたいと強く思いました。ご門徒の皆様も、どうか被災地、被災された方々のことを忘れないでください。忘れないことが復興支援の第一歩だと思います。(住職記)

いたるところに線量計がありました

会場となった常福寺様

ご法要

十勝組婦人会特製の「いも団子のお汁粉」

トピックス

東日本大震災七回忌 物故者追悼法要(札幌組重点プロジェクト)

去る10月3日、本願寺札幌別院に於いて、東日本大震災で被災されました東北教区(福島県)相馬組の御住職様、坊守様をお招きして、「東日本大震災七回忌物故者追悼法要」を札幌組実践運動委員会重点プロジェクト事業として、組内外よりたくさんの御参詣のもと執り行いました。

当日は、相馬組の皆様が登場予定であった航空機の機材繰りが滞り、予定時間ギリギリの到着となることから、プログラムを変更し、先に現状報告を廣畑恵順御住職様にプロジェクターを用いて詳しくご説明をいただきました。

現状を聞かせて頂く中で、まだまだ本当の復興と呼べるまで相当時間g名かかるなという印象を抱きました。そして、身体的にも精神的にも相当キツイ思いをされているだろうなあとあらためて感じさせていただいたことでありました。

そもそもこの度は、札幌組として以前より交流のあった相馬組の皆様に少しでも現地を離れ、つらい思いから解放されるお時間を作っていただきたいことと、すでに全国から「七回忌を是非うちに手伝わせてください」との申し込みがたくさんあり、精神的に疲弊されていることも聞いておりましたので、「それならば是非北海道へお招きして、相馬組と札幌組合同で七回忌のご法要をお勤めいたしましょう」というお話から実現した今回のご縁でありました。

ご挨拶する山根総代長

ご法要は、本願寺札幌別院御輪番「黒田正宣師」御導師のもと、相馬組、札幌組から10名の結衆、そして札幌組と札幌別院職員で賛嘆衆(雅楽)を勤め、相馬組、札幌組の坊守様、そして札幌龍谷学園の宗教教育部の学生さんに献供を行っていただき、ひじょうに賑々しくお勤めをさせていただきました。

法要前にご挨拶される札幌組組長(江別眞願寺御住職)

この度は会奉行のお役を仰せつかりました(差定説明)

散華頭をお勤めする札幌組組長様と相馬組組長様

ご法話をいただきました本願寺札幌別院御輪番「黒田正宣師」

お手伝いいただいた札幌龍谷学園宗教教育部の学生さん達

法要終了後の交流会で、相馬組のおひとりお一人からお言葉をいただきました。涙をぬぐいながらお話を聞かれる参詣者のお姿が印象的でした。

まだまだ大変な時間があろうことと思いますが、札幌組として出来うる限りの復興支援をさせていただくことを、この度のご縁を通して確認させていただいたことでありました。

最後に札幌組組長より義捐金を相馬組組長さまに手渡し、無事、法要と交流会、現地報告会が終了いたしました。

当寺からご参詣いただきました役員の皆様には、遅い時間までお付き合い下さり、誠にありがとうございました。

(住職記)

トピックス

アッチカLIVE報告!! 3月15日・3月20日

去る3月15日、空知北組主催による「お寺さんコンサート」に出演して参りました。この度は東日本大震災に係る企画ということで、新曲を用意して臨みました。コンサートが終わってから、「歌も良かったけど、トークが面白かったよ。」と声をかけていただくことが多く、正直しゃべりすぎたかなあと反省しておりましたが、結果オーライでしたね。

3月20日には5度目のご縁となりました相焼香の江別市眞願寺様のお彼岸コンサートを開催致しました。ご参加下さった皆さん、もう顔なじみの方ばかりで、こちらも歌よりもトークが勝ったかなあと反省しております。

今回はスペシャル企画ということで、眞願寺御住職様、石狩信教寺 石田えり子さんにご協力を頂き、雅楽と洋楽のコラボレーションということで、東儀秀樹さんの「越殿楽幻想曲」という曲をカバーしご披露させていただきました。

眞願寺様でのお彼岸コンサート、今回で5年連続開催させていただきましたが、一応今回で一旦お休みとさせて頂くことになりました。やはりマンネリは良くないということと、もっともっと我々も力を付けていかなければなりませんので、一つの区切りとさせていただきました。

本当に良い経験をさせていただきました。有難うございました!!

次は秋のお彼岸に赤平常照寺様でコンサートを開催する予定です。よろしくお願いします。

(住職記)

トピックス

浄土真宗青年僧侶連絡協議会 本山総参拝・研修会 1月20日

去る1月20日、ご本山本願寺に於いて浄土真宗青年僧侶連絡協議会主催による本山総参拝並びに研修会を全国各地の若手僧侶と共に開催を致しました。

開会式には新門様に御出座をいただきお言葉を頂戴いたしました。

引き続き、理事長という立場で、開会のご挨拶をさせていただきましたが、御影堂がひじょうに寒くて、体を震わせながらご挨拶をさせていただきました。

開会式終了後、研修会を開催させていただきました。この度は、東日本大震災で被災された福島県 双葉町の藤井賢誠 師に御出向いただき、テレビで報道されない福島の現状と、私たちにどんな支援が出来るかという内容で、ご教示をいただきました。

ひじょうに詳細なデータを用いて、テレビでは決して聞くことが出来ない福島の現状をお聞かせいただきました。先生のお寺がある双葉町は、福島第一原発が目と鼻の先にあり、お寺に戻ることはほぼ不可能ということでした。生まれ育ったところへもう戻れないという苦しみは、本当に私たちには計り知れない苦しみであると思います。あらためて私たちに何が出来るのかということを考えさせられる貴重なお話しでありました。

研修会終了後、会場をホテルに移し懇親会を開催させていただきました。各団体の活動報告などを行い、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

(住職記)

 

 

 

 

懇親会

広島 安芸教区春秋会の一芸!

トピックス

春季彼岸永代読経会 3月20~23日

今年も春のお彼岸法要、4日間にわたって多くのご参詣のもとにお勤めさせていただきました。今年はお中日に「東日本大震災三回忌法要」を併修させていただきました。

その他に会中、昨年に引き続き、義援募金箱を設置し多くの皆様から温かいお心をお分けいただきました。又、ガタタン汁やおにぎりの販売を婦人会の皆様のお手伝いをいただきながら開催し、その売上を震災の義援金とさせていただきました。

他にも東日本大震災の写真展、昨年大変ご好評いただきました、「あみだ堂仏具店」による「出前即売会」、そして能呂慎太郎(副社長)氏による「仏壇のおかざり勉強会」を開催させていただきました。写真で詳しく当日の模様を掲載致しましたのでどうぞご覧下さい。

このご縁の布教使様には毎年、 藤 順生先生(増毛 西暁寺)に御出向いただいております。先生におかれましては、毎年、大変お忙しいところお越しいただき、浄土真宗の肝要なるところを大変分かりやすくおとりつぎ下さり、門信徒の皆様方、大変よろこばれております。これからもどうかお身体ご自愛いただき、私達に大切なことをやさしく紐解いていただきたいと念願することでございます。

(住職記)

まずはご飯炊きからです

具材の用意も出来ました

出来上がったおにぎりです

東日本大震災写真展

ご用意下さった仏壇

念珠もお安くして下さいました

ご夫婦で仲良くおまいりいただきました
橋本さん御夫妻

ご夫婦で仲良くおまいりいただきました
河村さん御夫妻

ご夫婦で仲良くおまいりいただきました
高田さん御夫妻

こどもたちもおいしくいただきました!

能呂くんのご家族です

あみだ堂仏具店の能呂くん

質問に答える能呂くん

仏壇お飾り説明会

熱心に聞き入る参加者

お中日(東日本大震災三回忌法要併修)

東日本大震災三回忌法要 総代焼香

布教使 藤 順生先生

4日間たくさんの御参詣を賜りました

イスが足りなくなり、急遽ご用意くださる世話人さん

総代長山根さんのご挨拶

熱心に御法話に聞き入る門徒さん

黄色の折り鶴が入ったストラップです
被災された方々の雇用を生むために始まったプロジェクトです

布教使さんのお話しを楽しくいただく門徒さん

今年もたくさん集まった御仏供米
法要の度ごとに大切に頂戴致します

今年も販売を手伝ってくれた浦本くんと粟井ゆいちゃんです
いつも有難うございます!

初日におにぎりを頬張る暉峻くん
二日目以降は風邪でダウンしました・・・
身体弱いねテル・・・

二日目は一人でお勤め致しました
寂しかったです・・・

ガタタン汁とおにぎり 
また是非食べてみたいと、好評でした!