法要

親鸞聖人750回大遠忌法要⑥

来る平成23年4月より京都のご本山本願寺では宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要が1年間勤修をされます。寺報「やすらぎ」では今号を併せ、6回にわたり、広く門信徒のみ生に周知して頂くために様々な動きをお伝えして参りました。この29号で、その法要に関する事前の事業等についてのお知らせは最終回となりますが、それぞれ大変な準備期間を経て行われてきたものばかりであります。写真を多く掲載致しましたので、どうぞご高覧下さい。

①当寺の動き
当寺では、ご存じの通り、この親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要に関しまして、今年9月の報恩講に合わせて、親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要の厳修、そして三大事業として、

  1. 里塚霊園にある安楽寺御廟を改修し永代に亘り、安楽寺門信徒の心のふるさとになるべく「六角堂」を新たに建立する。
  2. 打敷・鬼面卓(親鸞聖人の御影前)の新調
  3. 映画「おくりびと」の原作案となった「納棺夫日記」の作者青木新門氏の一般公開講演会の開催

を計画し、全て滞ることなく開催することが出来ました。これも役員さんをはじめ、門信徒の皆様の御懇念が一つに結集されたことと大変有り難く頂戴しております。本当に有り難うございました。後に御進納下さった皆様のお名前を掲載させて頂きました。ご確認下さい。
いよいよ残すところは、明年度計画されております、親鸞聖人750回大遠忌法要団体参拝旅行を残すだけとなりました。団体参拝につきましては、旅行要項をご確認下さい。

2010.9.5 安楽寺親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要

あらたに建立された六角堂

新調された打敷(本尊前)

新調された鬼面卓

ご講演下さった青木新門氏

チーム一番星による青木氏作「つららの坊や」の朗読

 

 

 

気軽にサインに応じて下さる青木氏

青木氏と光心寺住職と記念撮影

②札幌組・北海道教区の取り組み
札幌組は去る、平成22年7月9日(金)、10日(土)の両日に、「札幌組 親鸞聖人750回大遠忌法要並びに帰敬式を組内寺院4ヶ寺をお借りしてお勤め致しました。
又、平成22年11月27日(土)には札幌市教育文化会館を会場に、音楽法要、朗読劇、そして記念講演会(高 史明氏)を開催致しました。特に法要には当寺の合唱団「シャンティ」も参加をさせて頂き盛会のうちにお勤めすることが出来ました。その模様を掲載致しましたのでご確認下さい。

平成22年7月9日(金)帰敬式・法要(光円寺様・覚英寺様)

法要パンフレットと記念の華葩

第1帰敬式会場 北野 光円寺様

第2帰敬式・法要会場 豊平 覚英寺様

司会の佐々木相談員

緊張の空気…

沢山の受式者

御導師をお勤め下さった近松照俊師

御教諭を述べられる御導師

綺麗に荘厳された本尊前

美しく飾られた会場

おかみそり

平成22年7月10日(土)帰敬式・法要(眞願寺様・本誓寺様)

第1帰敬式会場 江別 眞願寺様

第2帰敬式・法要会場 島松 本誓寺様

おかみそり

沢山の受式者

二日間 御布教頂いた永江竜心師

おかみそり

お祝いの言葉を述べる北海道教区教務所長寺井紹道師

本誓寺様での法要

意義深いお式でした

ご本山の常灯明を伝達頂く札幌組組長

緊張の一瞬・・・

50年に一度のご勝縁 一生懸命お勤め致しました。

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

11月27日 親鸞聖人750回大遠忌法要の集い (札幌市教育文化会館)

歌唱指導をする佐藤さん

熱唱するシャンティの皆さん

綺麗に飾られたステージ

チーム一番星による朗読劇

ご講演頂いた高 史明 師

エンディング

親鸞聖人前の荘厳

シャンティ全員で記念撮影

北海道教区は、4月24日(土)~25日(日)より「縁・つながりフォーラム2010」と題し、サッポロファクトリーを会場につながりトークライブ(アンジェラアキ・スガシカオ・福井舞)、つながり朗読&トークショー(鈴木光司・神田山陽)、親子絵本読み聞かせ会などを実施し、また、つながりレターを募集し、FM(AlrG)でその手紙を紹介し当日にその朗読会を開催致しました。これもたくさんの一般の方々が足を運んで下さり、盛会のうちに幕を閉じました。

ライヴを行ったアンジェラ・アキさん

募集した手紙を読む若者達

サッポロファクトリーで行われたイベント

会場となった本願寺札幌別院

様々なイベントがありました

又、5月20日(木)~22日(土)の日程で札幌別院(中央区北3西19)を会場に、「本願寺のつどい」を開催致しました。内容は映画「春と秋」試写会、本願寺ライブ、マルシェ、アーティスト展、カフェ、ファッションショーなどの各種諸行事を行い、5月23日(日)にはご門主様、ご臨席のもと、親鸞聖人750回大遠忌法要札幌市における都市法要を勤修し、翌日5月24日(月)には、新門様御導師により、「本願寺札幌別院親鸞聖人750回大遠忌法要」がお勤まりになりました。

一夜限りクラブと化した別院本堂(CLUB阿弥陀BAR)

本願寺札幌別院親鸞聖人750回大遠忌法要出勤で珍しく従兄弟が揃いました(右から岩内専念寺住職・大正光心住職・ 中札内真光寺副住職・当寺住職)

ご挨拶される御門主様

ご挨拶される新門様

歓迎レセプションで両門様との記念写真

③本山の行事等々
4月17日(土)より道立近代美術館で開催をされました、『本願寺展』は多くのご来場(一般の方が特に多かったそうです)を頂き盛大に開催されました。当寺では、5月8日にバスを運行し、多くの方々がその縁に遇ったことでありました。伝え聞くところによると、本願寺の法物を出展するのはこの度が最初で最後であろうと聞いておりましたが、私も最後の日にやっと行くことが出来、3時間あまり、ゆっくりと展示物を見ることが出来ました。

参加された門信徒の皆さん

法要

宗祖親鸞聖人報恩講・親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要 9月6日(月)大逮夜法要 初夜法要

うだるような暑さの中、大逮夜法要がお勤まりになりました。当日は本当に暑く、エアコンもフル稼働しておりました。すると法要直前にブレーカーが落ちてしまい、復旧するまで蝋燭の光を灯し、お勤め致したところ、何とも言えない厳かな雰囲気の中で法要が進んで行きました。きっと大昔はこのような厳かな中で、厳粛にお勤めされたのだなあと思いながらお勤めさせて頂いたことでありました。それにしても暑い暑い夏でした・・・。

夕方には夕食の準備のため、蕎麦打ちが始まりました。今年も住職の友人の寳閣さんと須加さんがお蕎麦を粉から打ってくれましたが、近年は雅楽を奏でに来てくれたのか、蕎麦を打ちに来てくれたのか分からなくなってきましたねえ・・・。来年もよろしくお願いします!

 

 

導師 眞願寺住職(祖師前焼香)

先生に指導されながら蕎麦を打っていきます・・・

疲れ笑い?

きれいなお蕎麦です

蕎麦を切る間所さん

御伝鈔拝読 吉田智道 師

お初夜の導師は石山善住寺御住職様にお勤め頂きました。後ろ姿・・・いいですね。

御伝鈔拝読 暉峻 康紀 法務員

トピックス

平成22年7月18日 仏前結婚式

去る7月18日(日)、安楽寺本堂に於いて、川沿寳流寺前住職 柴田薫心師・敦子様御夫妻御媒酌、江別 眞願寺住職 石堂了正師 御司婚のもと、安楽寺第四世住職 横湯誓之師、池田家長女 池田寿美玲さんの仏前結婚式が厳かな雰囲気の中、執行されました。お寺にとっても待ちに待った御慶事であり、待望の御婚儀でございました。

当日は御親族をはじめ、総代、世話方、婦人会のお手伝いを戴き、近年にない御慶事をお勤めすることが出来ましたこと、この書面をお借りして厚く御礼申し上げます。

仏前結婚式をお勤めした後、場所をシェラトンホテル札幌に移し祝賀会、翌日も祝賀会が同会場で開催され、翌週の7月25日(日)には、午前と午後の2回に分けて祝賀会が開催されました。延べ1008名の有縁の方々にお越し頂きお祝い頂きました。その模様が伝わるよう、写真を多く掲載致しましたので、どうぞご高覧下さい。

親族記念写真

池田家親族

安楽寺役員

横湯家親族

平成22年7月18日 仏前結婚式

綺麗に飾られたご本尊前

御代前の荘厳

祖師前の荘厳

会奉行 岡 紘雅師(清勝寺様)

歴代住職御前の荘厳

司婚者 石堂了正師(眞願寺様)

先導 一瀬守城師(光円寺様)

御媒酌の労をおとり頂いた柴田薫心・敦子御夫妻様

池田家親族

雅楽 微妙会セピアの皆さん

横湯家親族

新郎新婦入堂

新郎新婦入堂

司婚の言葉

勤行

新郎新婦焼香

新郎新婦焼香

新郎新婦焼香

誓いの言葉

念珠授与

親族代表焼香

親族代表焼香

お手伝い頂いた婦人会の皆さん

お手伝い頂いた近藤優人くんと斉藤瑠香ちゃん

式盃

祝杯

 

記念法話

池田家親族紹介頂いた中村正人さん

横湯家親族紹介頂いた利国 仁さん(専念寺様)

トピックス

眞願寺ご一行来寺

去る5月13日、もうおなじみの眞願寺様が、毎年恒例の一泊旅行に際し、目的地に向かう前に、当寺に訪れて下さいました。

勤行後、当寺の沿革についてお話しをさせて頂き、普段あまり目に出来ない内陣や施設の見学をし、当寺婦人会による抹茶のご接待をさせて頂きました。

眞願寺様は、毎年の旅行に際し、必ず道内のお寺を一ヶ寺おまいりすることにしているそうで、この度はうちのお寺にお出で下さいました。またいつでも遊びに来て下さいね。有り難うございました。

(住職記)

 

熱心に見学されるご一行

抹茶接待

みんなでパチリ

眞願寺住職と粟井会長

行ってらっしゃーい!!

法要

日高組親鸞聖人750回大遠忌法要・北見西組親鸞聖人750回大遠忌法要

昨年、10月7日に日高組の親鸞聖人750回大遠忌法要が、日高組の乗誓寺様で厳修されました。日高組はわずか8ヶ寺で形成されている北海道教区でも一番寺院数の少ない組でありますことから、組内の住職さんはもちろんのこと、前住職さん、坊守さんがご出勤をされ、若い方々が裏のお手伝いをしなければばらなく、ひじょうに大変な中にお勤まりになった、この度のご法要でありました。

安楽寺住職が会長を務める札幌雅友会(雅楽会)がそのご法要に花を添えるお手伝いをさせて頂いたのですが、お寺のある浦河までの道中、いろんな事を考えながら移動致しました。私達の先達は、自分の足以外何も頼るものがなくても、しっかりと地に足をつけて大地を歩み、浄土真宗のみ教えをお伝え下さったのだなと思うと感慨深い思いでありました。

又、11月4日には、北見西組の親鸞聖人750回大遠忌法要が、光源寺様で厳修されました。この度も法要に花を添えるお手伝いとして、讃嘆衆(さんだんしゅう)として、(雅楽奏楽とお勤めの一助)ご出勤させて頂きました。紋別までの道のりも、北海道の雄大さと、先達のご苦労を感じさせて頂きながらの運転となりました。

札幌組もいよいよ今年7月に組内4ヶ寺の寺院を会場として、親鸞聖人750回大遠忌法要がお勤まりになります。なかなか遇えないご勝縁でございます。ご門徒の皆様におかれましても、大切なご縁と感じられるようなご法要にしたいと考えております。その節には、特段のご協力、ご参詣をどうぞよろしくお願い申し上げます。

合 掌

同行した眞願寺さん 太平洋を眺め何思う・・・

浦河から帰りの空 幻想的でした

会場寺院 紋別 光源寺様

一緒に出勤した讃嘆衆

オホーツク海

 
トピックス

アッチカLIVE ♪ 

昨年の9月13日、空知仏教連合会と浄土真宗本願寺派空知北組青少年部主催による、ギタリストの岡崎倫典さんのアコースティックコンサートが開催されました。

いとこの常照寺の長男であり、当寺の法務員である佐々木重厚と当寺住職が、趣味が高じてユニットを結成し、「アッチカ」と名前を付けて活動しているのですが、この度、普段、お寺とご縁のない一般の方々に、お寺へ足を運んで頂こうとの思いで開催されたコンサートの前座(オープニングアクト)として、出させて頂きました。前座なのに、歌よりもお話ししすぎて、10分も時間を超過してしまいました・・・。
この時の収録したものがありますので、もし聞いて頂ける方がいらっしゃったら、住職に教えて下さい。録音して差し上げます。

今後の「アッチカ」の活動は3月20日に江別の眞願寺さんのお彼岸に、「お彼岸コンサート」を行います。「アッチカ」の生みの親である、赤平常照寺ご住職 佐々木重昭師とご一緒に開催します。もしお詣りできる方がいらっしゃいましたら、午後1時からの始まりですので、ご参集下さい。よろしくお願い致します。

当日曲目♪
1.願いに包まれて
2.僕は風になりたい
3.やすらぎの中で
4.人生の移りゆくなかで
5.夢の中へ

いつか安楽寺でもコンサートやりたいと思ってますので、よろしくお願いします。

合 掌

仏教婦人会

安楽寺仏教婦人会再結成50周年記念法要・祝賀会

お念仏もろともに

この度、安楽寺代々にお念佛を慶び、法灯を護り伝える教化団体・安楽寺仏教婦人会再結成50周年を迎えることができました。

この50年の節目の年を大事に大切に迎えさせて頂き、年の瀬を感じる多忙な時節も考えることなく平成22年12月16日記念法要、会員の追悼法要、記念式典、祝賀会と、慶びのご縁を会員一同催させて頂きました。

いま50年を迎えるにあたり、前住職様から現住職様に、そして瓔子坊守様の御指導のもと組織活動、聞法活動を続けてまいりました。今年7月、当寺にとって待望の御婚儀、寿美玲若坊守様には入寺早々に各行事に加われて、み法の輪の中に新しき風となって、お念仏の中に華となって下さることと念じ申し、この慶びを会員門信徒一同どんなに待ち望んだことでありましょう。

仏教婦人会がご縁で法友となり仲間となり、お寺が身近で親しき場となり、いつも自然とお念仏が声となりお念仏の働きの中にあなたがあり、また私も居ると、慶びの念仏者となり、この度の記念行事も会員一同そして門信徒の皆々様の貴重な浄財をお願いしながら計画を進めました。

おかげさまで記念行事が、安楽寺にとってご縁の深い多くの皆様、そして遠近各地よりご参詣ご出席を賜り、お祝いを催すことができましたこと、あらためて感謝申し上げます。

この御勝縁を大切に、念仏者として次世代へ受け継ぐべく、心新たに同朋と共に手をとりあい、護寺発展に、そして家庭に於いては、念仏の薫り豊かに、日々を送り務めさせて頂きます。 今後とも尚一層のご指導を賜ります様お願い申し上げます。

安楽寺仏教婦人会会長  粟井幸子

法要・祝賀会と司会をおつとめ頂いた久保田夕子さん(穂別 真光寺坊守) 有り難うございました

 

写真左:法要は練習を重ねてきた「音楽法要 重誓偈作法」をお勤めさせて頂きました。たいへん大きな声でお勤め頂き、背中に頼もしさを感じながらお勤めさせて頂きました。

多くの深いご縁に結ばれた御寺院の皆様と共に、お勤めさせて頂きました

御寺院の皆様
(左から福住寺様、乗善寺様、真光寺様、法王寺様、専念寺様、法城寺様、清勝寺様、眞願寺様)

御隣山 智徳寺様

指揮をとる佐藤さん

教務所長様、札幌組組長様

各寺坊守様にもおまいり頂きました

 

 

 

 

 

おなじみの藤 順生先生に記念法話を頂きました。ユーモアの中に大切なことをお紐解き頂きました。皆さんが終始笑顔でお聴聞されている姿が、印象的でした。有り難うございました。

 

 

 

 

式典・祝賀会  於シェラトンホテル札幌

開式の辞 前田トキ子さん

実行委員長挨拶 竹内幸子さん

お祝いのお花も沢山頂きました

札幌組仏教婦人会連盟会長 岩田愛子さん(福住寺門徒)に総連盟総裁 大谷範子様からのお祝いメッセージを代読頂きました

北海道教区教務所長(寺井紹道様)様から連盟表彰を授与し、お祝いのお言葉を頂戴致しました

感謝状贈呈

五十周年を記念として、ご功績のあった皆様に婦人会より感謝状と記念品が贈られました。

持本 誠 様

安楽寺坊守 様

樋口 ノブ 様(代理)

恵木 はる 様(代理)

野地マス子 様

竹内 トミ 様(代理)

山下アヤ子 様(代理)

安楽寺より仏教婦人会再結成五十周年に際し、記念品が贈られました 代表して総代 山根 勸 氏より贈呈され、住職と粟井会長二人でお受け取り致しました

札幌組組長様よりご祝辞、そして祝杯を挙げて頂き祝賀会がはじまりました

婦人会会長粟井幸子さんから住職へ花束の贈呈

たくさんのご出席を賜りました

受付を担当してくれた皆さん

余興

寸劇 二代目親鸞聖人に嶋田裕子さん
二代目恵信尼様に宮本光子さん
熱演でした

若坊守も出演させて頂きました

合唱団「シャンティ」の歌のプレゼントもございました。今年は本当に大活躍でしたね。来年もどうぞ宜しくお願い致します

アッチカも盛り上げさせて頂きました 来年いよいよCDデビュー決定です!!

余興

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園の職員による「大奥」の熱演。余興というよりは、かなり作り込んだ喜劇でした。是非どこかで再演を期待します。

この度は、いつもいつも幼稚園の行事に際し、お手伝い頂いている婦人会のために、何か恩返しをとの思いから、職員のみなさん達ひじょうに頑張ってくれました。

これからも共に手を取り合って、「ほとけの子」を育てるお手伝いをさせて頂きたいですね。有り難うございました。

謝辞 安楽寺婦人会会長 粟井幸子

結び 福住寺住職 長尾光洋様

閉式の辞 北野久子

お見送り

 

この度は、誠に有り難うございました。おかげさまで当会は五十年という大きな節目をお迎えさせて頂きました。
今後もより一層、お念仏繁昌の為に、微力ではありますが、精進して参りたいと思うことでございます。有縁関係者の皆様には、本当にお世話になりました。そして心から有り難うございました。

安楽寺仏教婦人会一同