読みもの

御礼

このところ暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先般、父池田壽儀に際しまして、遠路わざわざご会葬賜り、またご丁重なる御香料、お心のこもった御供物を賜りまして誠にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。

平成23年1月、父は、食事の際の喉のつかえ感を診てもらうため病院へ行ったところ、その日のうちに胃癌だと診断されました。

今になって思えば、私達の結婚式(平成22年夏)の頃から「喉に何かひっかかるような感じがする、胃の調子がよくない」等と言っておりました。大食漢の父だったため、食べ過ぎか逆流生食道炎かぐらいに簡単に考えておりました。突然の宣告に驚き、急遽帰省し担当医からお話を伺ったところ、父に残された余命は短いものでした。
すぐにでも手術をした方がよいとのことでしたが、父本人は「初めての孫が6月に生まれてくるから、先生、孫の無事を見届けるまでは手術台には乗れない。孫を一目見ることが出来たら、その後は全て先生の言うとおりにします。」と言い張り、寧々の誕生を見届けた後、その年の7月に手術を受けました。

手術は受けたものの容態は思わしくありませんでした。
それからは、父へは病状や余命を伏せ(告知を拒みましたので)、化学療法だけでなく免疫療法・温熱療法等受けてもらいました。明るく楽しいことが大好きで、これまで病院など通ったこともない父でした。不安と苦痛ばかりの日々だったと思いますが本当に頑張って病と闘っておりました。

今年2月頃から、食事がほとんど摂れなくなり、3月には声が出なくなりました。癌細胞が声帯を巻き込んでいたためでした。病状は伏せていたものの本人もあまりの体調の悪さから「お母さんのことを頼むな。」と言い、枕にかけていたタオルで顔を覆いながら肩を振るわせていた姿が今でも頭から離れません。

時には、「母のことを頼む」と言い、時には「寧々が歩くようになったら、浜辺に行き2人でカニ釣りをする。秋には一度家に帰りたい。」と言い、自分の身体の変化に不安を覚えながらも生きたいと懸命だったのだと思います。
余命を伝えることが出来なかった私達ですが、それが本人にとって良かったのか悪かったのか今でもわかりません。ただ、父の命が尽きる最期まで父は生きようとしました。体中に管を付けられ、意識朦朧とする中、物を握る力などないはずなのに、呼吸が苦しくなると自分で酸素バッグを押していました。父の躰につけられた心電図波形がモニターで表示されるようになり、日毎血圧・酸素濃度が下がっていきました。数値が下がるたび「お父さん、お父さん」と皆で声をかけるのですが、血圧も酸素濃度の下がっていく一方でした。ただ、寧々が声をあげる度、その数値は少しだけ上がりました。薬で眠らされて意識がないと思っていたのは私達だけで、父の耳には寧々の声が届いていたのだと思います。

加療中、父から何度も何度も「こんなに元気に生まれてきてくれたんだ。寧々を大切に育てろ」と言われました。父の入院や治療に関して私は何も出来ず、母と妹にまかせきりだったにも拘わらず、父はいつも寧々のことばかり気にかけてくれました。どんなに辛い日でも寧々が病室に行くと起きあがって、あやしてくれました。出来る限りの力で寧々を可愛がってくれました。

お恥ずかしいことですが、今はまだ父の死を受け入れられずにおります。
実家に行ったら、病院に行ったら、父に会えそうな気がしてなりません。
父が亡くなったんだと感じさせられるのは、小さくして持ち帰った父の遺影を見るときです。遺影を見る度、父にはもう会えないことを痛感いたします。

父にはもう会えないけれど、娘の寧々の中に父がいる、父がいて私が生まれ、そして寧々が生まれました。お陰様で日々驚くほど娘は成長しております。父が亡くなってから3ヶ月が過ぎましたが、今では1人で立ち、歩き、片言ではありますがおしゃべりもします。簡単な意思の疎通も図れます。立ってヨチヨチと歩き、すぐにお外に行きたがり「はっぱ、はっぱ」と草木を指さし、お腹が空くと「マンマ、ウマウマ」と寄ってきます。この姿を父にも見てもらいたかったと娘の成長を見る度にそう思います。

父が病に侵され、命を終え、今日までに沢山考えさせられました。父の死により沢山教わりました。苦しみ、病への憎しみ、親や妻、子どもを案じる気持ち、戦う強さ、不安、生きていることの大切さ、家族の大切さ、父の死を以て教わりました。

受け入れ難い現実ではありますが、父が私達に残してくれた多くのことを大切にしながらこれから生きていきたいと思います。

最後になりましたが、皆様には、父の入院加療中よりご心配賜り、また温かい励ましのお言葉を頂戴いたしましたこと、この場をお借りし改めて御礼申し上げます。
北海道の夏は短いとは言え、まだまだ暑い日は続きそうです。皆様どうか体調を崩されませんようお身体ご自愛下さい。                      

合 掌

読みもの

若坊守ご挨拶

昨年7月に結婚してからこの1年、皆様にはいつも「あまり頑張らないように」「大丈夫かい」「お寺での生活は慣れたかい」などたくさんお声かけいただきました。お寺の事を勉強する間もなく赤ちゃんを授かり、行事の時など何も出来ないにも拘わらず、妊娠中も皆様に暖かく見守っていただいたお陰で、1度のつわりもなく、風邪をひくこともなく、母子共に元気に過ごさせていただきましたこと感謝しております。

6月24日、当日予定されていた検診のため、朝病院へ行ったところ、破水のためそのまま入院となりました。普通分娩の予定でしたが、午後6時頃、急遽「緊急帝王切開」となり手術室へ運ばれました。想定していなかった出来事で不安になりましたが、6時40分長女「寧々」が誕生しました。

手術台の上にいる私に、医師が「お母さん、赤ちゃん取り上げましたよ」と言って下さいましたが、泣き声も姿もなく、薄れていく意識の中で何か良くないことがあったのでは・・・とそればかりが頭から離れませんでした。その後、助産師さんが「お母さん、分かりますか?元気な女の子ですよ」と生まれたばかりの元気に泣く赤ちゃんを抱いて見せて下さいました。あれほど安心し嬉しく思えたことはなかったように思います。(赤ちゃんの姿を見た途端、意識はなくなりました・・・)

翌日、ガラス越しでしたが、ようやく赤ちゃんと対面することが出来ました。何とも言いようのない感動でした。生まれてきてくれたこと、親にしてもらえたことに感謝するばかりでした。しかし、いざ子育て(母親1年生のため子育てといえるかどうか・・・)してみると、本当に大変な毎日で驚いています。

それでも、私は、住職をはじめお母さんやお姉さん、お寺の方々、ご門徒の皆様に助けていただき、随分と楽な母親をしていると実家の家族に言われました。

まさにその通りだと思います。いつも誰かに助けていただいてなんとか1ヶ月過ごすことができました。これからも皆様に助けていただきながらの子育てとなるかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

寧々には、皆様に色々なことをお教えいただきながら、多くの人達と関わりを大切にするような子、お父さん(住職)からの初めての贈り物となった名前に負けないよう彼女がこれから関わる人を大切するような子に育って欲しいと思います。

最後に、「全てにおいて1年生(妻・嫁・母)」の私で、皆様には今後もご迷惑をおかけすることと思いますが、親子共々よろしくお願いいたします。

読みもの

若坊守ご挨拶

安楽寺若坊守 横湯 寿美玲

結婚式の際は、多くの皆様に大変お世話になりました。そして、本当に有り難うございました。皆さんのお陰で無事結婚出来ましたこと本当に感謝しています。

結婚して5ヶ月が経ちました。これまでのお付き合いさせて頂いていた中で「お寺での出来事」を耳にすることはありましたが、私にとっては、全ての事が聞いていた以上に驚きでした。お寺で生活し始めてすぐに「お盆」、「報恩講と親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要」、「安楽寺仏教婦人会再結成50周年記念法要」等、次々と執り行われ、加えて幼稚園の「バザー」、「運動会」、「発表会」等も拝見させて頂きました。何も分からない為、ただただウロウロしていた日々だったように思いますが、とにかく1日があっという間に終わってしまう事にビックリしました。

他にも沢山驚いた事があります。これまで独身生活が長かったせいか、「食事の違い」には一番ビックリしました。お母さんに「明日のお米何合研ぎますか?」と聞くと「明日は12合ぐらい」と・・・忙しい時は1日に1升を2回炊くという日もありました。(独身時代は、5キロのお米を何ヶ月もかけて食べていました)

思わず住職に「お相撲部屋か食堂にお嫁に来たみたい」と言ったこともありました。お米の量でだけでも私には衝撃でしたが、わずかな時間で何人分もの食事の準備をするお母さんや、毎月数十人分の食事をあっという間に準備する婦人会の方々にも驚きました。驚いているばかりでなく、私もお母さんや婦人会の方々のように手際よく食事の準備が出来るよう頑張りたいと思います。

又、お寺にはご門徒さんを含め多くの方がいっらしゃいます。いらっしゃる方々からも色々教わりました。「ここのお寺ほどお客さんが多くくるところはない」「ここのお寺はすごく来やすいから人がよく集まるんだ」「ここの前住職は本当に良い人だった」等々。これまで「お寺」と言えばお通夜やお葬式、たまにおばあちゃんのお使いでお米を届けるぐらいしか出入りしたことのない私には、これも驚きでした。前住職とお会いすることは出来ませんでしたが、皆さんからのお話しを聞いていると「ユーモアがあり、真面目に直向きにお寺を護られていたのだ」と感じました。

前住職やお母さん、住職やお姉さん方、ご門徒さん、このお寺に関わる全ての方々のご努力で「沢山の人がやってくる」このお寺があるのだと感じました。不慣れでお寺のことを何も知らない私ですが、住職やお母さん、お姉さん、ご門徒さん、多くの皆さんのお力をお借りし、少しずつ慣れていけるよう頑張りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

最後に、お寺にいらっしゃる方々にはいつも「大丈夫かい?」「無理してないかい?」「頑張らなくていいんだから」とお声掛け頂いておりますこと本当に有り難く思っています。ご迷惑ばかりお掛けしているにも拘わらず、いつもお気遣い頂き申し訳ありません。皆さんの優しさを無駄にしないよう頑張ります!!

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

合 掌