トピックス

興徳山 乗善寺様 開教100年記念慶讃法要 10月24日

去る10月24日、隣町、白石の興徳山 乗善寺様が開教100年という大きなる節目をお迎えされました。父の時代から大変長い間、会奉行として乗善寺様のご法要のお手伝いをさせていただいておりますが、私自身もこのご勝縁に遇えた慶びは量り知れないものがありました。

乗善寺開基住職様の記録によりますと、大正3年頃にこの白石村に多数おられた本願寺派のご門徒が、聞法の場を求め、当寺の西本願寺別院輪番、長尾雲龍師に願い出て、大正4年4月に現在の境内地を北川作吉氏よりご寄進いただき、同年7月に「西本願寺白石説教所」として開設をされたのがはじまりであります。昭和18年2月に寺号公称認可となり、「乗善寺」というお念仏の道場が誕生したのであります。

現在では、ご法要の度に満堂となるお寺、そして多くの篤信のご門徒をお育てになっておられます。

開教以来百星霜、幾多の辛酸を嘗め、今日のこの繁昌は歴代住職、坊守のご努力、御教化はもとより、お寺をお支え下さった多くの門信徒のおかげと、頭が下がるばかりであります。今後もお念仏によって支えられ、励まされ、お念仏に結ばれる心の絆を大切に、門信徒一丸となって、お念仏の相続、護寺発展に力を注がれることを願うばかりであります。この度は誠におめでとうございました!!

(住職記)

昭和16年頃の乗善寺様本堂伽藍

美しく飾られた本堂内陣

この度の記念事業で綺麗に整備されました

ご出勤前のご法中の皆様 (天気がいまいちで残念でしたね)

祝賀会にてご挨拶される
乗善寺住職 藤田善昭 師

 
トピックス

寶流寺様 本堂耐震改修・庫裡新築落成慶讃法要・親鸞聖人750回大遠忌法要

去る8月25・26日の両日、川沿 寶流寺様の本堂耐震改修・庫裡新築落成慶讃法要、親鸞聖人750回大遠忌法要が勤修されました。

25日は御法要の後に上方落語があり、門信徒の皆様方、大変喜ばれたようであります。翌日26日は、庭儀があり、かわいらしいお稚児さんが、法要に花を飾り、賑やか且つ、荘厳に御法要がお勤まりになりました。引き続き、祝賀会が盛大に開催され、いずれも慶びに包まれた温かい時間となりました。本当におめでとうございます。 

■慶びの表情の住職様

■新築された庫裡外観

■御法要

■讃嘆衆として花を添えさせていただきました

■祝賀会でご挨拶される善住寺住職(相焼香)

 
トピックス

アッチカLIVE情報

今年の後半もアッチカ、活動させていただきました。

10月11日に母親の生家である赤平常照寺様報恩講にてコンサートを行い、オリジナル曲の他に童謡や唱歌など、ご参加いただいた皆さんと共に歌い、大切な時間を過ごさせていただきました。12月11日には札幌市平岸大乗寺様にて「3.11東日本大震災追悼の集い」と題し、東日本大震災からちょうど9ヶ月経過した日に、この集いを催し、門信徒の皆様と共に追悼の意を表し、そしてまた犠牲者や被害に遭われた方々のお心に寄り添う大切な時間を頂戴しました。

この度は開教服と呼ばれる、北海道開拓時に開教使の方々が身につけられていた法衣を着て、仏教讃歌とアッチカオリジナルの「元気でまた逢えたね」という復興を願った歌を唄わせていただきました。また今回は「アッチカ with F」という新しいユニットで後輩のボーカリストにお手伝いをいただき、盛り上げていただきました。

いつか安楽寺でも開催したいですね・・・。その時はどうぞ宜しくお願いします。

(住職記)


常照寺報恩講コンサート

大きな声で歌ってくれましたね
法要

福住寺様開教120年記念慶讃法要 平成23年9月1~3日

去る9月1日~3日の日程で、相焼香である福住の福住寺様、開教120年慶讃法要、親鸞聖人750回大遠忌法要・庫裡・永代廟落成法要、歴代住職・坊守・門信徒総追悼法要が賑々しく勤修されました。

残念ながら台風の接近により天候には恵まれませんでしたが、多くのご法中、門信徒の皆様と共に、この大きな節目を頂戴することが出来ました。

途中、一瞬だけ天候が回復し、ご法中の皆さん、役員さん、お稚児さんとなった多くのこども達と記念撮影することが出来ました。

最終日、法要終了後、記念式典、祝賀会が催され、楽しいひとときを過ごさせていただきました。平成18年から続いたこの記念事業、門信徒の皆様が一丸となってお勤めできたこと、本当に嬉しく思うことでございます。

寺内の皆様、役員の皆様、本当におめでとうございました!!

(住職記)


若院さんの登礼盤

祝賀会にてご挨拶させていただきました

記念撮影の様子
 
トピックス

お盆・盂蘭盆会 8/1~11・8/12・8/13~16

今年も8月1日より11日まで、全門信徒のご自宅へお盆参詣させていただきました。一年に一度だけ、全てのご門徒のお宅へ参上し、おまいりさせていただいております。きれいなお花を供え、供物を盛り、先人を偲びながら、私がいただいている命の有り様を見つめる大切な仏縁でありました。

8月12日は、報恩講に向けての役員会の後、バスで移動し、里塚霊園にある安楽寺の御廟へ役員総参拝という形で今年もおまいりさせていただきました。

8月13~15日までは、お寺の納骨堂へたくさんの方々がおまいりに来られ、先人のご労苦に手を合わせ、感謝の心を表しておりました。

8月16日はお盆の締めくくりとして、盂蘭盆会法要をお勤め致しました。布教使には毎年、平岸大乗寺御住職、打本大志師にご出講いただき、お盆の意義をお紐解きいただきました。

トピックス

十勝組光心寺仏教婦人会結成100周年記念法要

帯広で「佛教讃歌」(報告者 シャンティ指揮者 佐藤 卓見)

去る7月9日、安楽寺女声合唱団「シャンティ」のメンバーが、安楽寺とは親戚寺院にあたる帯広市「光心寺」に赴き、佛教婦人会創立百周年記念法要ならびに祝賀会に出席しました。

記念法要の音楽法要では「重誓偈作法」を。祝賀会では佛教讃歌「念仏」、「しんらんさま」を。一般曲として「見上げてごらん夜の星を」を歌わせていただきました。

音楽法要は、光心寺聖歌隊の方々先導により、お御堂いっぱいのご門徒の皆さんと厳かな中にも盛大に執り行なわれました。
さらに祝賀会では、光心寺壮年会、婦人会の男性・女声のメンバー約30名の方々が、私ども「シャンティ」と一緒にステージに上がっていただき熱唱しました。最後に会場の皆さんと「ふるさと」を歌いフィナーレとなりました。

終了後、十勝川温泉「観月苑」に宿泊、ゆっくりお風呂に入り旅の疲れを癒しました。

翌日は帯広郊外にある広大な敷地に約2500種以上の花々が咲き続ける「紫竹ガーデン」に立ち寄り、一時のリフレッシュをし帰宅しました。

光心寺本堂正面で記念撮影 光心寺前住職と粟井さん(何と同級生ですって!)
法要

親鸞聖人750回大遠忌法要⑥

来る平成23年4月より京都のご本山本願寺では宗祖親鸞聖人750回大遠忌法要が1年間勤修をされます。寺報「やすらぎ」では今号を併せ、6回にわたり、広く門信徒のみ生に周知して頂くために様々な動きをお伝えして参りました。この29号で、その法要に関する事前の事業等についてのお知らせは最終回となりますが、それぞれ大変な準備期間を経て行われてきたものばかりであります。写真を多く掲載致しましたので、どうぞご高覧下さい。

①当寺の動き
当寺では、ご存じの通り、この親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要に関しまして、今年9月の報恩講に合わせて、親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要の厳修、そして三大事業として、

  1. 里塚霊園にある安楽寺御廟を改修し永代に亘り、安楽寺門信徒の心のふるさとになるべく「六角堂」を新たに建立する。
  2. 打敷・鬼面卓(親鸞聖人の御影前)の新調
  3. 映画「おくりびと」の原作案となった「納棺夫日記」の作者青木新門氏の一般公開講演会の開催

を計画し、全て滞ることなく開催することが出来ました。これも役員さんをはじめ、門信徒の皆様の御懇念が一つに結集されたことと大変有り難く頂戴しております。本当に有り難うございました。後に御進納下さった皆様のお名前を掲載させて頂きました。ご確認下さい。
いよいよ残すところは、明年度計画されております、親鸞聖人750回大遠忌法要団体参拝旅行を残すだけとなりました。団体参拝につきましては、旅行要項をご確認下さい。

2010.9.5 安楽寺親鸞聖人750回大遠忌おまちうけ法要

あらたに建立された六角堂

新調された打敷(本尊前)

新調された鬼面卓

ご講演下さった青木新門氏

チーム一番星による青木氏作「つららの坊や」の朗読

 

 

 

気軽にサインに応じて下さる青木氏

青木氏と光心寺住職と記念撮影

②札幌組・北海道教区の取り組み
札幌組は去る、平成22年7月9日(金)、10日(土)の両日に、「札幌組 親鸞聖人750回大遠忌法要並びに帰敬式を組内寺院4ヶ寺をお借りしてお勤め致しました。
又、平成22年11月27日(土)には札幌市教育文化会館を会場に、音楽法要、朗読劇、そして記念講演会(高 史明氏)を開催致しました。特に法要には当寺の合唱団「シャンティ」も参加をさせて頂き盛会のうちにお勤めすることが出来ました。その模様を掲載致しましたのでご確認下さい。

平成22年7月9日(金)帰敬式・法要(光円寺様・覚英寺様)

法要パンフレットと記念の華葩

第1帰敬式会場 北野 光円寺様

第2帰敬式・法要会場 豊平 覚英寺様

司会の佐々木相談員

緊張の空気…

沢山の受式者

御導師をお勤め下さった近松照俊師

御教諭を述べられる御導師

綺麗に荘厳された本尊前

美しく飾られた会場

おかみそり

平成22年7月10日(土)帰敬式・法要(眞願寺様・本誓寺様)

第1帰敬式会場 江別 眞願寺様

第2帰敬式・法要会場 島松 本誓寺様

おかみそり

沢山の受式者

二日間 御布教頂いた永江竜心師

おかみそり

お祝いの言葉を述べる北海道教区教務所長寺井紹道師

本誓寺様での法要

意義深いお式でした

ご本山の常灯明を伝達頂く札幌組組長

緊張の一瞬・・・

50年に一度のご勝縁 一生懸命お勤め致しました。

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

受式された当寺の門信徒の皆様

11月27日 親鸞聖人750回大遠忌法要の集い (札幌市教育文化会館)

歌唱指導をする佐藤さん

熱唱するシャンティの皆さん

綺麗に飾られたステージ

チーム一番星による朗読劇

ご講演頂いた高 史明 師

エンディング

親鸞聖人前の荘厳

シャンティ全員で記念撮影

北海道教区は、4月24日(土)~25日(日)より「縁・つながりフォーラム2010」と題し、サッポロファクトリーを会場につながりトークライブ(アンジェラアキ・スガシカオ・福井舞)、つながり朗読&トークショー(鈴木光司・神田山陽)、親子絵本読み聞かせ会などを実施し、また、つながりレターを募集し、FM(AlrG)でその手紙を紹介し当日にその朗読会を開催致しました。これもたくさんの一般の方々が足を運んで下さり、盛会のうちに幕を閉じました。

ライヴを行ったアンジェラ・アキさん

募集した手紙を読む若者達

サッポロファクトリーで行われたイベント

会場となった本願寺札幌別院

様々なイベントがありました

又、5月20日(木)~22日(土)の日程で札幌別院(中央区北3西19)を会場に、「本願寺のつどい」を開催致しました。内容は映画「春と秋」試写会、本願寺ライブ、マルシェ、アーティスト展、カフェ、ファッションショーなどの各種諸行事を行い、5月23日(日)にはご門主様、ご臨席のもと、親鸞聖人750回大遠忌法要札幌市における都市法要を勤修し、翌日5月24日(月)には、新門様御導師により、「本願寺札幌別院親鸞聖人750回大遠忌法要」がお勤まりになりました。

一夜限りクラブと化した別院本堂(CLUB阿弥陀BAR)

本願寺札幌別院親鸞聖人750回大遠忌法要出勤で珍しく従兄弟が揃いました(右から岩内専念寺住職・大正光心住職・ 中札内真光寺副住職・当寺住職)

ご挨拶される御門主様

ご挨拶される新門様

歓迎レセプションで両門様との記念写真

③本山の行事等々
4月17日(土)より道立近代美術館で開催をされました、『本願寺展』は多くのご来場(一般の方が特に多かったそうです)を頂き盛大に開催されました。当寺では、5月8日にバスを運行し、多くの方々がその縁に遇ったことでありました。伝え聞くところによると、本願寺の法物を出展するのはこの度が最初で最後であろうと聞いておりましたが、私も最後の日にやっと行くことが出来、3時間あまり、ゆっくりと展示物を見ることが出来ました。

参加された門信徒の皆さん