読みもの

ほとけさまの歌 vol.5

「仏教讃歌の伝道・普及活動報告」


安楽寺女声合唱団「シャンティ」
佐藤卓見

 今年もあと僅かになりましたが、「シャンティ」は仏教讃歌のすばらしさをひとりでも多くの方々にあじわっていただこうと、次のような3つのイベントに参加させていただきました。

12月2日(土)

 安楽寺と、ご縁の深い江別市眞願寺さんの仏教婦人会結成100周年記念法要にお招きをいただき、「重誓偈作法」による音楽法要のあと、本堂にお集まりの皆さんの前で、団員27名それぞれが緊張の中、ステージで仏教讃歌を歌わせていただきました。

婦人会の記念行事ということで坊守さんが御導師をお勤めになられました

100年をお祝いし沢山のおまいりでした

緊張した面持ちでしたが、2曲3曲と唄っていく中で緊張もほぐれすばらしいステージでした

 

祝賀会も催され、盛大な100周年のお祝いでございました。おめでとうございます!

12月8日(金)

 北海道教区が主体となって「数多くある仏教讃歌を道内の門信徒の皆さんと共に合唱し、お念仏が広まっていくことを目的」とした「御堂演奏会」が、中央区の本願寺札幌別院で開催されました。
 当日は、札幌をはじめ全道各地から41団体、約400名の方々が集まり、山本徹浄先生指揮の下、「宗祖讃仰作法」による音楽法要ならびに仏教讃歌「ひかりあふれて」ほか4曲が大合唱されました。また、仏教讃歌には1曲ずつ法話が語られました。

初めての開催でしたが400名を超える方々が大雪の中、道内各地よりご参集になり、盛大な御堂演奏会になりました

指揮、監修を担当された空知北組 常楽寺 住職 山本徹浄師

全道各地から特に女性の方が多くご参集されました

ご主人を亡くしまだ日が浅い団員の伊藤愛子さん仏教讃歌に感動し唄いながら涙が流れてきたそうです。よく分かりますその気持ち・・・

12月16日(土)

 安楽寺仏教婦人会報恩講が、毎年12月16日午後1時から音楽法要形式でお勤めされておりますが、今年は午前11時から「シャンティ発表会」として婦人会会員のほか、団員のご家族、知人の方々の前で歌わせていただきました。
 第一部では、仏教讃歌「のんのさま」「しんらんさま」「念仏」ほか数曲を披露し、第二部では、讃歌された方々と「童謡」「昔なじみのうた」などを一緒に歌い大いに盛り上がりました。

トピックス

アッチカ活動報告! 平成29年6月26日・7月21日

 去る7月21日、安平町公民館に於いて、第61回胆振組仏婦連協大会が開催されました。
多くの参加者の皆さんと仏教讃歌をはじめアッチカオリジナルの曲や、カバー曲などを唄わせていただきました。とても喜んでくださったようでホッとしております。
 今年はアッチカの活動は縮小しようということで、春に御門主様ご臨席で開催された「全道仏婦大会」とこの度の大会、そして12月26日に南区の寳流寺さまで開催されるLIVEイベントのみの活動となりました。
 来年には新しいCDを作製したいと考えているのですが、プロのミュージシャンではありませんので、それぞれ仕事も抱えていることから中々進行しない現実です。
 難解な仏教用語を用いずに大切なことをお伝えする手法としてこの活動を行っておりますが、まず時間を作ることが難解で四苦八苦しています。でも何とか声が出るうちに、がんばってやっていきたいと思いますので、応援よろしくお願い致します!

全道仏婦大会 御門主様と講師の谷川先生と

胆振組仏婦連協大会にて

読みもの

ほとけさまの歌 vol.4

「御堂演奏会」の曲紹介


佐藤卓見

この度のほとけさまの歌では、平成29年12月8日(金)本願寺札幌別院 (中央区北3条西19丁目2-1)にて開催される「御堂演奏会」の曲を紹介したいと思います。


1.ひかりあふれて(1991)
作詞 原 真弓
作曲 綱澤 僚
【ひかりあふれて】は西洋音楽と仏教音楽の源である東洋音楽との融合を願って作曲されたもので、その意味では、ポピュラー音楽をいつも耳にしている10代・20代の若い方でも違和感なく口ずさむことのできる讃歌です。
2.まるいこころ(1987)
作詞 大沢みゆき  作曲 森 正隆
【まるいこころ】は、京都女子大学女声合唱団によって発表され、同合唱団の演奏旅行や本願寺の御堂演奏会などを通じて、全国へ広まった仏教讃歌です。ほんのりとした雰囲気が、聴く人を温かく包みます。
3.のんのさま(1983)
作詞 東村 美穂  作曲 中村 八大
【のんのさま】を辞書で調べてみますと、「ののさま」は幼児語で、「僧が仏に経を上げるのが『のんのん』と聞こえるところから出た」と説明されています。幼い子どもらが、小さな両手を合わせてほとけさまにお礼をし、「ののさまありがとう」などとお参りしている光景に出会いますと、自然に心が和んできますね。
この曲には「地球の子どもの子守唄」というサブタイトルがついていますように、子どもを背中に背負い、あるいは両手に抱いてあやす子守唄です。「この子の○○まもりゃんせ」という言葉の繰り返しの中に、母親の深く温かな愛情が感じられます。この曲は、永六輔さんの出演するTBSラジオ番組「六輔七縛八倒」が1983年に作詞を公募してできました。東村美穂さんのこの作品が第2回子守唄大賞を受賞しています。
4.しんらんさま(1961)
作詞 滝田 常晴  作曲 古関 裕而
【しんらんさま】は親鸞聖人700回大遠忌を記念して発表された仏教讃歌です。ゆったりとした演歌調のメロディーで、親しみやすい作品となっています。レコードに吹き込んだのが、当時スター歌手として有名だった島倉千代子さんだったこともあり、多くの人々に愛唱されました。
詩は私たちの日常生活の場面をとらえ、南無阿弥陀仏とお念仏を称えれば、しんらんさまがどんな時でも私のすぐそばにいてくださる、と分かりやすく表現しています。また親鸞聖人の「御同朋・御同行」の精神が、詩の中に織り込まれています。
5.念仏(2003)
作詞 山本有希子  作曲 森 琢磨
【念仏】は、「お念仏がわき出てくるような曲」をテーマに制作され、仏さまが、「我が名を称えてくれよ」とおっしゃったその親心に対する私たちの応答です。「なもあみだぶつとなえれば」にはじまり、お念仏へと続く歌詞の構成は、作曲者の森琢磨さんの発案だそうです。
トピックス

本願寺第25代専如御門主 伝灯奉告法要記念 安楽寺第1団体参拝旅行記 3日目

第三日目(11月20日)

 三日目は本願寺富山別院を訪れました。去る6月4~5日に、専如御門主様御親修により、「本願寺富山別院 親鸞聖人750回大遠忌法要 別院開創130周年・別院再建50周年記念法要」(三大法要)が厳修されました。そのおりに復興工事が施され、美しく生まれ変わった別院さんにお詣りさせていただきました。

3月に私と従兄弟で結成している音楽ユニット「アッチカ」も、この三大法要を記念したライヴツアーにお誘いいただき、富山県でライヴをさせていただきお手伝いさせていただきました。そんなご縁から、是非とも団体参拝の時には訪れて、お詣りさせていただきたいという願いがあり、今回のご縁となったわけであります。また、先にも述べましたが、北海道は富山県の方々が大変多く入られて開墾をされた土地であります。私(住職)の祖母も富山県の生まれであります。深い深いご縁がつながっていることを噛みしめながら、ご参加下さった皆様、お詣り下さった事でありました。

本願寺富山別院本堂内陣

出内陣の形式になっております

お詣りの後、仲尾御輪番様からご挨拶と、本願寺富山別院の沿革、そして今般の三大法要に至るまでのご苦労話しをお聞かせいただきました。

本願寺富山別院 仲尾御輪番

訪れた日はちょうど仏前結婚式でした

御修復された本願寺富山別院外観

富山別院を後に、バスはこの度の旅行のメインであります能登半島を目指し出発しました。

まず最初に訪れたのは「雨晴海岸」です。名前の通り少し雨模様だったのが、到着するやいなや、見事に雨は止みましたが、残念ながら海岸ごしに臨む立山連峰は見ることが出来ませんでした。

綺麗な景色を見た後は、お待ちかねの昼食をいただきました。

当日は日曜日ということで、各地でイベントが開催されていたようです。立ち寄った「能登食祭市場」でも、ふぐ汁を無料で食べさせてくれたり、各種催しがあったようで、どこも大変賑わっておりました。

昼食後、能登半島の醍醐味を味わえる、「厳門」へ向かいました。

かなり険しい階段を下り、厳門(洞窟)へ向かい、その洞窟を向けると、遊覧船乗り場があります。今度は「能登金剛遊覧船」に乗船し、海側から厳門を眺め、能登半島の切り立った姿を拝見し、自然の雄大さをあらためて感じたことでありました。ただ波のうねりがきつく、どうなることかと思いましたが、無事に遊覧を終え岸に戻ることが出来ました。一番心配であった、今回の旅で一番のお姉さんである粟井さんが、なんとかかんとか険しい道のりを乗り越えてくださったことが、大変有り難かったです!

厳門(上から臨む姿 バスから撮りました)

長い階段を下り厳門へ

洞窟の奥へと進んでいきます

洞窟を抜け階段を上ると

遊覧船に乗船し、海から楽しみました

海から臨む厳門

遊覧船乗り場が見えますか?(真ん中の上あたり)

かなりの高さを上り下りしていただきました。粟井さん、本当に頑張って下さって有難うございました!!

引き続きバスに乗り、「ヤセの断崖」を見学(風がメチャクチャ強かったです)し、本日の最後の行程であり、皆さんが楽しみにしていた、NHKの朝の連続ドラマ「まれ」のロケ地であった「大沢集落」を訪れました。道中はかなり険しい道のりで、ここをバスで通るのかい??と言いたくなるような細い道(対向車が来たらすれ違えないような道路)を通り、皆さんスリル満点のご様子でした。

写真の通り、間垣(まがき)と呼ばれる竹で出来た垣が300mほどつながり、集落を海からの強い風から守っていました。お隣同士が支え合って生活をしている姿を目の当たり感じ、昔の厚別の雰囲気を感じたことでありました。昔はどこも地域共同体でしたもんね。

道にロケの舞台となった地図が掲示してあり、皆さん、「これがあれかぁ。あっちがあの時の・・・。」と言いながらドラマを回想されていた姿が印象的でした。

宿泊は輪島温泉の「ホテル高州園」でした。海のすぐそばにあるホテルで景色が最高でした。食事も素晴らしかったです!!

垣の中に自動販売機がありました

皆さん、旬のズワイガニやアワビ、海の幸を「とても美味しい!」と言って喜んで食べて下さいました!!

 

夕食後、地元能登の名物太鼓を皆さんで鑑賞し、ゆっくりと温泉に浸かり疲れを癒し、床に付かれたそうです。残り一日となって、名残惜しい空気感を感じながら私も休ませていただきました。


第4日目に続きます

読みもの

ほとけさまの歌「仏教讃歌」 vol.3

「御堂演奏会」の開催について

佐藤卓見

平成29年12月に本願寺札幌別院を会場として「御堂演奏会」が開催されます。

数年前から京都のご本山をはじめ、全国の寺院ではご門徒の皆さんに仏教讃歌を身近に親しんでいただこうと音楽法要をはじめ、かずかずの演奏会が行なわれてきております。
安楽寺でも「報恩講」では「宗祖讃仰作法」あるいは「重誓偈作法」を音楽法要形式でお勤めをし、さらには佛教婦人会の皆さんをメンバーとする女声合唱「シャンティ」を結成し仏教讃歌の練習に励んできております。

このたび、北海道教区から冒頭の「御堂演奏会」を別記の要領で開催したいとのご案内がありました。
この演奏会は阿弥陀様に仏教讃歌をお供えさせていただく集いで、仏教讃歌を通して浄土真宗のみ教えに触れ、お念仏が広まっていくことを目的としております。

参詣者全員がそのまま参詣席から阿弥陀様に向って合唱します。
当日は全道各地から多くのご門徒の皆さんが参加し、札幌別院のお御堂に仏教讃歌のハーモニーが美しく響き渡ることを願うばかりであります。

これまで仏教讃歌を歌ったことがない方でもこの御堂演奏会の開催を機会に「仏さまにささげる歌」を覚えて参加してみたい!!と意欲のある方は安楽寺合唱団「シャンティ」の練習におこしください。

合掌

開催日
平成29年12月8日(金)
会場
本願寺札幌別院(中央区北3条西19丁目2-1)
曲目
ひかりあふれて
まるいこころ
のんのさま
しんらんさま
念仏
トピックス

安楽寺合唱団シャンティ 札幌別院参拝 10月15日

去る10月15日、本願寺札幌別院の報恩講に安楽寺合唱団「シャンティ」が参加させていただきました。

もう恒例行事になってまいりましたが、毎年、10月15日の報恩講日中法要は音楽法要をお勤めいたします。今年も「宗祖讃仰作法音楽法要」をお勤めさせていただきました。

私(住職)は今回は法要に出勤せずに、シャンティの皆さんのカメラ係として参加いたしました。

厳しい眼差しで皆さんを見守る指揮者の佐藤卓見さん

皆さんの合唱で、ご法要に花が咲いていました。札幌別院合唱団「響流」のみなさん、福住寺合唱団の皆様も素晴らしい歌声でしたよ。

最後に皆さんで記念撮影(なんか格好良く見えますね~)

トピックス

アッチカLIVE報告!!

従兄弟の佐々木重厚(赤平 常照寺)くんと一緒に、仏教の大切なところを難解な用語を用いないで心に響かせる手法として音楽を取り入れ活動している「アッチカ」ですが、今年も上半期、いろいろな場所でいろんな方と出会いをいただきながら、躍動させていただきました!

そらちミュージックアワー

まず2月に、砂川で「そらちミュージックアワー」というラジオ番組の企画でライヴが行われました。今回はおもしろい構成で、ホールとロビーで二回演奏し、お越しいただいた皆さんを飽きさせない構成となっておりました。こちらは結構忙しかったですが・・・。

空知は音楽好きな方が多くレベルも高いと昔から言われているのですが、その通り実力派ばかりでありました。ホールでの演奏が終わった後、数名から名刺を頂戴し、また機会がありましたらとお声かけいただき、ちょっとうれしかったです。昨年10月に滝川でライヴをやったときにお越し下さったご婦人も、どこで情報が入ったのかは分かりませんが、今回も来てくれていました。「お寺さんがこういう風に表現するのはすばらしいと思う。」とお声かけ下さいました。またまたうれしかったです。

富山別院三法要記念ライヴツアー

3月には、とうとう道外に行きましたよ!富山県からお誘いをいただきました。

「富山別院三法要記念ライヴツアー」という企画で、親鸞聖人750回大遠忌、別院開創130周年、本堂再建50周年の三大法要に際し、私の先輩が中心となり、教区内若手僧侶がバンドを組み、組内を約3ヶ月まわるツアーを行い、三大法要の為に力を尽くされました。その一端を「アッチカ」がお手伝いをさせていただくということで、富山教区婦負西組さんと同じく立山組さんの二つを任せられました。

婦負西組でお世話になったのはこちらの妙宗寺さんです。とても古いお寺さんで、下の写真にもありますが、開基が1307年という大変歴史のあるお寺さんです。実は若さんが、うちの報恩講に毎年来て下さっている長岡くんという方なんですが、こんなに歴史のあるお寺の若さんとは知らずに、非礼な態度を取っていたなと反省させられました。(なんちゃって)

最初は、「真宗王国」と呼ばれる富山の地で、こんな若造が阿弥陀様の前で普通の格好で歌を唄うということが受け入れていただけるのか不安でたまりませんでしたが、富山のご親戚寺院の皆様が、どこで聞いたのか、大勢駆けつけてくれたことと、聞いて下さるご門徒さんはじめ関係者の皆様方の温かいお心持ちで、本当に安心して唄うことが出来ました。どれだけ大切なことをお伝え出来たかは分かりませんが、ひじょうに良い空気感の中で時間を過ごすことが出来ました。

考えてみますと、北海道に渡ってこられた方々、特に富山県のご門徒が多いわけで、この厚別でも、小野幌地区は昔々は越中山と呼ばれ、特に富山県出身の方々が多い在所でありました。私の父方の祖母も富山の出身で、好んでその越中山におられた富山県出身のご門徒さんのお宅にお邪魔していたようです。一回遊びに行くと3日は帰ってこなかったとよく聞かせられました。今の時代のように飛行機でビューッと飛べるわけでもないし、きっと故郷を思いながら過ごされていたんだろうなあと回想致します。

立山連峰 凄いでしょ! 壁みたいでした!

熱唱するアッチカ

次の日、立山組の善入寺さんにてライヴを行いました。こちらの住職さんも音楽好きで、趣味が高じて、自作の凄いスピーカーがあるとお聞きし、図々しくもその大切なスピーカーがあるお部屋をぞろぞろと見せていただきました。

同行していただいたギター担当の柴田さん(川沿 寶流寺住職)が180cmを超える身長ですので、相当大きかったです。一本の木をくり抜いて作られたようです。驚きました!

こちらも昨日と引き続き、温かい空気(本堂は寒かったです)に包まれ、門信徒の皆様と大変良い時間を過ごせました。

本当に意義深いご縁でありました。また何かこんな企画があれば是非ともご協力させていただきいと思いながら帰路につきました。

下の写真は修復された本願寺富山別院です。秋に開催する伝灯奉告法要記念第1団体参拝旅行で訪れ、おまいりさせていただく予定です。是非、富山県にご先祖を持つ方々、ご一緒に参りましょう!!

これが今回のもう一つの目玉「竹あかり」です。熊本の芸術集団が協力してくれたそうです。

本願寺富山別院

僕の歌は君の歌

続いて、4月には、アルテピアッツァ美唄という、廃校になった学校を利用した施設で、「僕の歌は君の歌」というタイトルの音楽企画にお誘いを受け、1ゲスト3バンドでライヴを行いました。これはお寺とは全く関係のない人たちの集まりで、かなり緊張しましたが、会場の良い雰囲気に助けられ風邪気味だったのを忘れ、気持ちよく唄うことが出来ました。

いつも助けて下さっているメンバーです(pa佐藤 匠くん pi佐々木重昭さん eg佐藤俊嗣さん ag柴田範尚さん)

十勝組士幌線支部仏教婦人研修大会

6月に入り再び御寺院様での機会をいただきました。まず十勝組士幌線支部仏教婦人研修大会にお招きいただきました。会場となった浄信寺様は以前よりオファーをいただいており、この度実現の運びとなりました。お寺の場所はだいたい調べておりましたが、音更のインターチェンジを降り、農道を行けども行けどもお寺が現れず、不安になったところに、めちゃめちゃ立派な本堂伽藍が現れました。当日は少し霧というかモヤがかかり、余計不安に感じたんだと思いますが、畑のど真ん中に超立派なお寺さんがあって、十勝らしい風景だなあと正直感心致しました。住職さんをはじめご門徒の皆様の厚いご協力のもと、一昨年に再建されたとお聞かせいただきました。ご法話コンサートということで、今回はお話を長めでセットしたのですが、思わずしゃべりすぎて、時間超過しないかハラハラで進めさせていただきました。

十勝組の仏教婦人大会はちょうど農家さんが忙しい時期を過ぎ、時間が出来る頃にいつも予定をされております。前回お招きいただいた広尾線支部もちょうどこの頃でした。歴史が古く、もう50回以上開催をされている歴史のある大会です。先ほども述べましたが今回はご法話コンサートということで、午前午後の二部構成で行い、たっぷりと歌とご法話に酔いしれていただけたような気がしております。選曲も美空ひばりさんや中高年のご婦人がご一緒に唄っていただける歌を選曲致しましたので、喜んで下さいました。また、ご縁がありましたら、ご一緒に唄いたいと思います。ありがとうございました!!

 

いつもに増してしゃべりましたね~おじさん

 

熱唱するアッチカのあっちゃん!

お世話になりました浄信寺の皆さんと一緒に

平岸大乗寺様

6月の最後、平岸大乗寺様の報恩講初夜法要の後にミニコンサートを開催致しました。今回は追悼法要の後ということで、しっとりめの曲をセットして、皆様と共に大切な方々をお偲びさせていただきました。

大乗寺様は日頃から親しくさせていただき、アッチカも3度目のご縁ということで、とても和やかな雰囲気の中で、唄わせていただくことが出来ました。またご縁がありましたらよろしくお願い致します。

ということで上半期、怒濤のように時間が流れましたが、一旦、アッチカの活動はお休みとして、お盆、報恩講のシーズンに入っていきます。本当に一年って早いですね。

お疲れ様でした。

(住職記)